最近、思う事・・・

 そろそろ、皮膚科のシーズンがやって来る。 徐々に患者さんが増えてきた。 それと共に、仕事以外の事でも忙しくなって来る季節だ。 夏はボクの季節、絶好調になってくる。 忙しいと言ってはいけない(上で書きながら、まあ書くのはいいかな)。 本当に忙しい人は「忙しい」と、言わない。 「忙しい」という漢字をよく見ると、「小さく滅び…
トラックバック:0
コメント:40

続きを読むread more

この本最高!!! 『地球を創った魔法使いたち』(天空より飛来した人々)(十真至)

 我がソウルメイト、広島のnazo-kさんのブログは毎日チェックしている。 ここ数年は購入していないが、我が自宅、病院にはnazo-kグッズが氾濫している。 年中、常にかぐや姫ペンダント、サークルペンダントは身に付けている(もう10年程)。 以前からそのブログに『精神世界の鉄人』・・・トーマ・イタルのブログの紹介がよくされてい…
トラックバック:0
コメント:47

続きを読むread more

KISAさん情報①

 詳細が決定しました。 6月9日(土) ワークショップ(当院2階セミナールーム) 午後2時開場、2時半スタート  【○○アートワーク】・・・・・約3時間で、大小2枚制作~(参加費10,000円・材料費込み)  ○○はこれから決めます。去年は龍神でした。皆さん、何がいいですか?    ☆持参物   …
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

絵描き屋 KISAさんがまたやって来る 6月9,10日

 また、KISAさんが香川県からやって来る。 もう1年になるんだ。 彼女も島原に来て覚醒した。 島原は登龍門、まさしくKISAさんにとってはそうだろう。 絵が変わった、間違いなく変わった。 完全に上とつながったな・・・。 9日にワークショップ(皆で絵を描く。去年は龍を描いた。今年は・・・)。 10日はアートセッション(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スピリット波動協会 棟方興起先生の波動セミナー 4月21日(土)開催 

 いつものセミナーが開催されます。 当院2階のセミナールーム(八角堂)で、午後2時か3時から開始、終了後懇親会。 次の日(22日)は先生の個人セッションが行われます。 詳しくは後日お知らせします。 このセミナーいつまで続くのでしょうか? 先生は天からの指令で動いています。 東京の観音が弱っている、とのメッセージでボクも一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今度は福岡遠征 イタリアンシェフ井上君と食べまくり

 3月10,11日、福岡へ。 島原の若き天才イタリアンシェフ『Pesceco(ぺシコ)』の井上稔浩君(まだ32歳)と土曜日の仕事が終わり次第出発。 2時間半の車の旅、これが楽しいんだな。 ボクとの年齢差は26歳(彼のお父さんは、ボクの妹の同級生)。 年齢じゃないんだな・・・。 お互いの熱い思いを語り合う。 神の声を聞…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

熊本遠征 楽しかった(UFOには会えなかったが・・・)②

 4日の朝(午前9時)からOさんと熊本を周る。 彼も最近、熊本に赴任したばかり(横浜に1年間行っていた)。 彼とは10数年前からの知り合いだ。 深く付き合いだしたのが、彼がタウリン、神の声を聞く仲間に会ってから。 棟方先生の波動セミナーも来てくれる。 タウリンの一言で、彼は覚醒した(「そのままでいいんですよ。ありのままを感…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

熊本遠征 楽しかった(UFOには会えなかったが・・・)①

 だいぶ前から、吉田設計の吉田親弘君から「熊本に来てください。接待します。最高の馬肉を食べさせます」と言われていた。 やっと、重い腰を上げ(何故か、熊本は遠く感じる)、3月3,4日に行ってきた。 フェリーで熊本まで30分、熊本港から熊本市まで2,30分。 近いな・・・。 いつ以来の熊本市だろう。 風景が新鮮だ。 川と路面電車…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大盛況 パティオコンサート(第7回) ③

 コンサートも終り、いつもの打ち上げ。 今年はタウリンバー(スーノ・ルーノ)で、午後6時から。 居酒屋『味遊(みゆう)』の林田君とタウリンのコラボ料理。 20数名の仲間達が集結。 初めて参加は、yoshiちゃん夫婦、味遊の林田君、キャサリン(Sさん)、としみちゃん、福岡のDさんぐらいかな。 マーサ(アメリカ人、泉里君の奥さ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

大盛況 パティオ・コンサート(第7回) ②

 さあ始まる。 ボクは定位置に座る(一番前の席の真ん中)。 yoshiちゃん夫婦にも一番前に座ってもらう。 パティオの日本語のオリジナル曲(ボクは「けなげ」と「大きな愛」が好きだ)、サラのベリーダンス。 そして、パティオの波動の曲(アドリブ)に合わせ、サラが踊る。 サラ、一年で変わったな・・・(何が?、何か神がかりに見える…
トラックバック:0
コメント:17

続きを読むread more

緊急告知 地球戦士(法政大学 水門地理学研究所 小寺浩二先生)の協力を

 ボクの仲間には地球戦士(地球のために動いている人)が数多く存在する。 例えば、広島のnazo-k、波動協会の棟方興起先生、パティオなどなど。 その一人に、法政大学水門地理学研究所の小寺浩二先生がいる。 まあ、男が惚れる男だ。 なかなかこんな男にはお目にかかれない。 付き合いは長く、最初に会ったのは10数年前、猪原金物店で…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

大盛況 パティオ・コンサート(第7回) ①

 いろんな人が、このコンサートの意味をボクに説明してくれている。 タロット松尾・・・「このコンサートは神事です。パティオが松下ひふ科、この地の悪い物を皆、浄化します。パティオは歌舞伎者(異能の神)、異化効果を生み出す」 鹿児島の金城さん・・・「このコンサートは、この指とまれをしているのです。日本中から仲間達が集結します」 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

現代の魔術師 落合陽一の本『日本再興戦略』は面白い!

 タロット松尾から以前から、落合陽一の事はよく聞いていた。 現代の魔術師と言われている彼は、吉田松陰の松下村塾以上のことをしている、としつこく松尾先生から聞いていた。 たまたまテレビで彼を見た。 『情熱大陸』だった。 いやー、世の中には凄い男がいるもんだ。 筑波大学に自分の研究所を作り、そこで若者達に教えている。 その一…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

幕末前世リーディング もう打ち止めかな(今回も凄い人が出て来たぞ)

 このブログを見ている人も、何で???、と思っている事だろう。 何で、幕末維新の英雄達の生まれ変わりがこんなにボクの周りにいるのだろう・・・。 そこで神の声を聞く仲間に聞いてみた。 誰から取りましょうか?と聞くので、龍神でお願いした。 【龍神からのメッセージ】『前世リーディングの意味』  仲間(同志)がこれから…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

龍さん ドバイで書のパフォーマンス 松下ひふ科からつながった・・・

 先週、龍さんから手紙が来た。 毎回、この様にやってくる。 字がきれいって、いいな・・・、と思うが・・・。 手紙の内容に驚いた。 少し前に、当科をドバイに住んでいるという女性(ドバイの男性と結婚して)(実家が島原半島)が受診される。 院内に多数飾ってある龍さんの書に痛く感動して、ボクに声をかける。 龍さんのエピソード…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

どんどん判明 仲間達の前世(幕末の) 

 神の声を聞く仲間が言う「先生のレベルが上がったんで、どんどん判明しているんですよ」。 前世でやり残した事をやるために、ボクの所に集まっている、と言われても・・・。  では、まずは潤君から。 これは、本人が自分で私は○○です、と言った。 仲間に聞くと、その通り。 潤君の直感もすごい。 潤君の幕末の前世は【島津斉彬(な…
トラックバック:0
コメント:19

続きを読むread more

さあ、いよいよパティオコンサート!!!

 第7回 パティオ ハピネスコンサートが、2月18日(日) 島原市有明総合文化会館(700人収容)で開催される(午後2時開演)。 もう7回目になる。 誰かこんなに続くと予想した人がいるだろうか? やっているボクでさえ予想していなかった。 続ける事は大事な事だ。 このコンサートにより、どれだけの人が覚醒しただろうか? …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

明けましておめでとうございます。  さあ、覚醒が進む年になるぞ!

 諸事情により、冬休み中はほとんど島原に居ました(普通はいません)。 雑用が進みました。 ゆっくり、いろんな事を考えました。 ゆっくりとした正月もいいものです。 冬休みの初日(29日)はタウリンと熊本へ日帰りで行ってきました。 お礼参りのため、神社を廻りました。 以前、鹿児島の金城さんから、タウリンと一緒に幣立神宮に行け…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

続々判明 ボクの仲間達の前世(幕末の) お・・・

 最近のセッションで聞いた事。 ボクの今世に最も影響を与えている前世(これは数人の霊能者、皆同じ事を言った)。 1600年前の朝鮮半島、ある部族の長で、流血を好まず国を大きくしたヨン・ドンゴンさん(ちょび髭をはやした、とんちのきいた小男、と鹿児島の金城さんから言われた、はっきり映像が見えていた)。 この時の奥さん、父親(今と同じ)…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more