セッション②

 【神の声を聞く仲間】とはよく語り合う。最近彼女が言った言葉「カウンセリングを依頼する人の10人中1人しか、本当に良くなろうと思っていない」これは、わかるな。何回も書いてきたが、2020年で覚醒の扉は閉じた(並木良和『目覚めへのパスポート』はよくまとまっている)。覚醒したのは10人中1人か2人(いや1人かな・・・)。今回のコロナ騒動が茶…
コメント:0

続きを読むread more

セッション①

 このブログに頻繁に出てくる【神の声を聞く仲間】彼女の個人セッションを受けだして、もう8年になる(いつの頃からか、月に1回)。 我がメンター スピリット波動協会の棟方興起先生に彼女を紹介し、そして彼女の持って生まれてきた才能が目覚めた。彼女は先生の一番弟子となる(その修業は凄かった、今も修業中)。先生はボクにとってはメンターだが、ボク…
コメント:0

続きを読むread more

ゴールデンウイーク どうお過ごしでしょうか・・・

 昨日(5月2日)は家族の希望で映画『コナン』この季節の恒例の映画、考えると毎年映画館で観てるよな。子供のアニメとバカにしてはいけない。有得ない内容だが、これがはまる。 アミュプラザ長崎の『ユナイテッドシネマ』で9:50から。今回も良かったですよ。 昼飯も定番の『オールウェイズ』のつけ麵。ボクのつけ麺史上、ここのが1番うまい。ココウ…
コメント:0

続きを読むread more

最近・・・

 最近、ビデオにはまっている。  その前に、最近観た映画『るろうに剣心 最終章 The Final』10年前に始まり、今作で4作目。今回の作品は100点満点だ。前作は少し無理があったが、今回はストーリーにも無理がないし、敵役の真剣祐がメチャクチャいい。『ブレイブ 群青戦記』の時とは全く違う。ムキムキの肉体がいい!(笑)。英語ペラペラだ…
コメント:1

続きを読むread more

コロナの話題、これで打ち止め・・・

 緊急事態宣言・・・アホじゃないの。前回のブログで書いたように、解剖したらほとんどがコロナによる死亡じゃない。日本でも、死にかけた年寄りをPCR検査して、陽性だったらコロナ死にする。 下は、トーマさんがFace Bookに出したもの。20代までは0%。これを見て、ワクチンワクチンと言っている人、どう思うのだろう。「でも、しかし」と言う…
コメント:2

続きを読むread more

またまた コロナ・・・

 懲りずにコロナの話題です。 もういい加減に飽きましたよね(笑)。 皆さん、情報を拡散してくださいね。 ドイツからの話題ですが、どうでしょう・・・。 Face Bookに毎日のように、ワクチン被害の動画、情報が入ってきてます。 怖いですよ。 日本人は賢いはずです。 おそらく、先進国で一番ワクチンを打たない国になるの…
コメント:0

続きを読むread more

トーマさんの新しいブログ『日本ピースツアー1 ニコニコマーク』はわかりやすい!

 相変わらず精力的に動いている精神世界の鉄人トーマ・イタルさん。 新しいブログは、非常にごもっともな内容だ。 途中の文章「マスクを付けている人達は、すでに殺されている。なぜならば、自分の頭で考えるという行為を、すでに放棄しているから。これは、思考を抜き取られて、ゾンビにされているのと同じである」 つまり、「マスク真理教」になっ…
コメント:0

続きを読むread more

島原神社巡りツアー

 『川遊びの会』の才藤さんとの付き合いは長い。 我が広報のNO.5(2009.3.12発行)にも登場してくれている。 2005.4月に完成した我が病院の敷地内に完成したビオトープ『のぞみ川』を作る時のアドバイザーとして動いてくれた。 この頃の才藤さんのパソコンには、島原半島のどの川にはどんな魚がいる、などのデータがびっしり、そりゃ…
コメント:2

続きを読むread more

勇気をもらった! マッカーサーJrさんのブログの文章に、超感動!!!

 2つ前のブログに、日本人の愚民化について書いたが、おっとどっこい、という文章。 『断片:戦闘民族日本人の真実と、鬼才カウティリアに学ぶ戦略と戦術の違い「壱」「弐」』  この人、何者? メチャクチャ頭が切れる。 これを読むと、やはり世界を導くのは日本人だ、という事がよくわかる。 戦わずして、勝つ。 これだよな。 …
コメント:19

続きを読むread more

波動グッズ『癒木棒(ゆきぼう)』

 我が師匠であるスピリット波動協会の棟方興起先生からメールが来た。 「先生、新しい波動グッズができたけど、どう?」 速攻で、お願いする。 届いたのが、『棟方興起手作りの不思議な癒しの棒 ~癒木棒(ゆきぼう)~』 パワーアップバージョン再販、本数限定 手作り感が伝わる商品。 説明書によると 〔宇宙の星の配置を施し…
コメント:0

続きを読むread more

この通り・・・、と思いませんか・・・。

 Face Book で頻繁に入ってくる木村さんの文章。 まあ、ネットのこの手の内容の記事をまとめたもの、って感じかな。 これがすべて真実なのか、それはわからない。 しかし、かなりこれに近いのでは・・・。  最近、よくこう考える。 日本についてです。 もう世界のリーダーとなっていなければいけない日本。 それほ…
コメント:1

続きを読むread more

久々の本の紹介 『オシリを洗うのは やめなさい』(肛門科医 佐々木みのり)

 たまたま目についた本を買ってみた。 『痛み かゆみ 便秘に悩んだら オシリを洗うのはやめなさい』(肛門科医 佐々木みのり) これは、いい本だ! 我がバイブルである藤田鉱一郎先生の『手を洗いすぎてはいけない 超清潔志向が人類を滅ぼす』を読み、温水洗浄便座(ウォシュレット)は使うな、と患者には指導してきました。 し…
コメント:8

続きを読むread more

ちょっと福岡へ

 娘2人の買物のお供で福岡へ行ってきた。 21日の朝7時に家を出発、博多駅の東急ハンズの10時の開店に間に合う。 が、ボクには買う物がない。 普段からあまり買い物をしない人です。 物持ちがいいのか、今着ている洋服でも10年以上着ているもの、たくさんあります。 本は相変わらず、バカ買いしている。 あとは、健康食品(プロテイ…
コメント:0

続きを読むread more

前世について・・・⑤

 前世についてと言うと、やはりこれも。 ボクの周りの仲間達の多くが、幕末の生まれ変わりを持つ。 ボクにとって今世に最も影響を与えている前世は、1600年前の朝鮮半島の大きな部族の長 ヨン・ドンゴン。 今の仲間達、深くボクと関係している人々のほとんどが1600年前と幕末の生まれ変わりを持つ(どちらかの人もいるし、両方の人もいる)…
コメント:0

続きを読むread more

皆さん、どう思われますか・・・

 Face Bookでちょこちょこ見かける木村さんの文章です。 ここに書いてあるように、家族間、夫婦間、友人間の著しい情報格差が生じ、別世界になっている。 この話は、よく聞くな。 幸いに、うちは奥様がよくわかってらっしゃる。 しかし、両親にはボクが仲間にいつも言っている事は言わない(恐らく、わかってくれない)。 過去の…
コメント:0

続きを読むread more

最近、何をしているでしょうか・・・

 昨日と今日のボクの動きを書いてみましょう。 仕事が終わり、長崎市の床屋(『ヘアーモードメーカーズ ヤマシタ』)へと向かう。 もう、30年以上通っている。 この30年、マスター以外の人から切ってもらったのは3回あるかな。 ずっと喋っている。 ボクと同じで変な人(笑)で話が合う。 マスターは前世でボクが国王の時、刀を持ちボクを…
コメント:2

続きを読むread more

前世について・・・④

 タウリンによると「前世は自分で思い出すもの」 ボクにとって、これに当たるのが、日本史上最高の仏師と言われている【運慶】(平安時代末期の12世紀半ば頃の生まれ)との出会いかな。 2017年の後半、何故かボクの頭に「うんけい、うんけい」と聞こえていた。 たまたまあった東京の薬品メーカーの講演会。 時間もあったので、上野で何かあ…
コメント:0

続きを読むread more

久しぶりの『pesceco(ペシコ)』

 数日前に、久しぶりにペシコに行ってきた(my wifeと)。 去年の2月のパティオコンサートの夜にパティオと行ったきりだった。 数年前に国税が入った時にペシコの領収書の束にビックリしていたのだが・・・。 イベントがあると、その打ち上げはペシコに行く事が多いのだが。 ペシコの井上君との付き合いは長い。 彼が島原に帰ってきて…
コメント:0

続きを読むread more

またまたコロナ・・・

 よく声を上げたな・・・、大木先輩。 大木さんは、我が母校 慈恵会医科大学の硬式庭球部の1つ先輩だ。 アメリカで名を上げ、慈恵医大の教授となる。 【神の手を持つ外科医】と言われ、テレビ・雑誌などマスコミによく取り上げられていた。 大学時代の大木さんの印象は、豪放磊落、しかし繊細。 後輩の面倒見がいい、親分肌の先輩だった。 …
コメント:0

続きを読むread more

龍について・・・③

 ボクには3体の龍がついている。 これは、以前から言われていた。 先週の神の声を聞く仲間のセッションで、この事を詳しく聞いてみた。 【金龍】 (名前)シャルロレスク これは、以前聞いていた。 (マントラ(真言))レストロフェース でかい龍で、まだ成長過程との事。 お金を司る龍。 (メッセージ)「我は金龍…
コメント:3

続きを読むread more