パティオコンサート(第8回) ① 前夜祭

 2月9日(土)、パティオとDON ALMASの一行が午後3時過ぎに島原に到着する。
福岡からパティオが後援者の車を借りてやって来る。
その前夜は福岡でコンサート(福岡のK社長、そのパートナーのMさんはこちらに出席)。

 DON ALMASの二人を見た瞬間、何かを感じた(仲間だ)。
3人に病院を見せる。
パティオ、多忙すぎて疲れている(福岡からの運転も疲れる)。
ホテルへ入ってもらう。


ボクは当院2階で午後3時からやっている波動セミナーへ。
10数人の参加者あり。
鹿児島から潤君、神戸からKさん、名古屋からyoshiちゃん夫婦、大阪から女社長Fさんなど、パティオコンサートに参加するメンバーもこのセミナーに参加。



 その後、恒例の前夜祭。
計14人が参加。
棟方先生一派は波動セミナー参加者と別に食事会。
最初の頃は3,4人で前夜は食事をしていたな。
年々増えてきている。

今回は幕末前世でいくと、ボク(緒方洪庵)、潤君(島津斉彬)、タウリン(徳川斉昭)、yoshiちゃん(桐野利秋)、
yoshiちゃんの奥さんK(大久保利通)、うちのスタッフY(木戸孝允)、初めて参加W君(福沢諭吉)

それ以外に宇宙人まんじさん、金魚さん、神戸からのKさんなど。

場所はこれも恒例の料亭『はしもと屋』。
美味しい食事を食べながら、一人一人をボクが紹介(前世でのボクとの関係)、その後に語ってもらう。
皆、いい事を言う。
最後にパティオ。
以前はシャイなパティオだったが、今は語るな・・・。
素晴らしい事を語る(これまで3回死にかけた話など)。

盛り上がった後は各所で楽しい会話。

DON ALMASの二人の話も面白い。
タウリンが言う「桜庭さんが軍師、谷島さんが武将」 おう、その通り。
潤君が言う「二人には会ったことがある」 おう、ボクと同じ。

ゲスト達はここでお開き。


 数人でタウリンバー『スーノ・ルーノ』へ。
ここでは、前世(【適塾】)の我が一番弟子W君(福沢諭吉)をいじる(笑)。
タウリンが言う「3回ぶち壊したら、凄く良くなるのにな・・・」。
そう、彼はこじんまりまとまり、仕事も非常にうまくいっている(地元では名士)。
彼とは【島原半島未来塾】の時からの仲間。
ちょこちょこと誘うが乗って来なかった。
最近、神の声を聞く仲間と一緒に食事。
前世が判明。
福沢諭吉ですよ。
タウリンが言う「ポテンシャルが半端ない」
立ってもらうしかないよな・・・。
こうでなければならないが多すぎるな。
彼がどう変わっていくのか、見ものだな。


明日の事もあり、早めにボクは退散。



























"パティオコンサート(第8回) ① 前夜祭" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント