あの『シャボン玉石けん』の社長が松下ひふ科にやって来た・・・

 ボクの『シャボン玉石けん』との出会いは、もう20年程前になる。
幼馴染の『ナカムラ広芸社』の社長 中村光利君(みっとし)が青年会議所(JC)の理事長をしていた時、彼は【それ行け洗濯キャラバン隊】という活動をしていた(合成洗剤と石鹸洗剤の人体や環境に与える影響の違いを洗濯機を持ち込んで実演してみせるという活動)。
その実演の後に、合成洗剤による皮膚への害を講演してくれ、との依頼。
面白そうだな、と二つ返事で答えたのだが、それから猛勉強(大変だったが、これは勉強になった)。
ボクが環境問題に目覚めたのは、これがきっかけだ。
そこで、出会ったのが『シャボン玉石けん』
その商品の素晴らしさと、理念に感動!
それから、外来でも『シャボン玉石けん』の商品を勧めまくる(外来でも販売)。
島原半島にはシャボン玉ファミリーが多数存在する(まあ、20年勧めているからな)。

その後、ボクが塾頭で動いていた『島原半島未来塾』で講師として『シャボン玉石けん』の社長 森田光徳氏(故人)を招聘する。
これも未来塾のスタッフとして動いていたみっとし君の提案だった。
一緒に北九州に行き、社長に交渉した(いい思い出)。
その時に一緒に呼んだのが、ボクのスキンケアの師匠 藤田鉱一郎先生(故人)。
これが縁で、藤田先生と『シャボン玉石けん』はつながった。
森田社長ともたくさん話したのだが、奥が深い人格者だったな・・・。


 で、今回、突然外来に『シャボン玉石けん』から電話。
「先生にお会いしたい」
聞くと、社長も来るとの事。
二つ返事でOK。
その日(10月13日)の昼休みは往診が3件入っていたのだ、他の日にずらしてもらう。
万難を排して待つ(そりゃ、ボクの大ファンの『シャボン玉石けん』)。

3人でやって来る(社長と、あと二人は営業の人)。
森田隼人社長(45歳)、会った瞬間の感覚は、いつもの感覚「会ったことがある」(もちろん前世)・・・。
病院を案内(営業の女性の方、屋上から見える景色(普賢岳・眉山・島原城・阿蘇・天草などが見える)に超感動)する。
怪しい(笑)院長室も見せました。
その後、饒舌に喋りまくるボク。
スピリチャルな話から数秘術(ちょっと、やってあげました(まあ、怪しい医者(笑))まで。
真面目な話もいっぱいしましたよ。
1時間程の滞在でした。
携帯の電話交換をし、またの再会を約束して別れました。

後日、神の声を聞く仲間に二人で撮った写真を見せ聞く「どう?」
「前世で関係があります。今世では、先生が導かなければいけません」と言う(ほー)。
詳しくは、次回のセッションで聞いてみます(幕末前世にいそうだな)。


 会いに北九州に行かねば・・・(工場見学もしたい)。

31607.jpg


31606-1.jpg











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント