『人生を変える私がよく使う言葉』⑤【頑張らない。しなければならない(must)より、やりたい(want)事をやる】

 【頑張る】、ボクの考える《使ってはいけない言葉》のベスト3に入る言葉かな。
よく思います。
この言葉をよく使う人、頑張っていません(笑)。
周りにいませんか、よく「頑張ります」って言う人。
それに、この言葉には、無理をしている、が隠れています(そう、悲壮感がある言葉です)。

やりたい事(want)を、一生懸命にやっている人、この言葉を使うわけがありません。
しなければならない事(must)ばかりをやって、生きていませんか?
手帳のスケジュールに全く空白がない事を自慢している人に会った事がありませんか?
その時のボクの一言「ところで、この中で自分の事のための予定はどのくらいあるの?」
相手は無言になります。
そう、自分を生きていないのです。
世の中には、分刻みで世のため人のために生きている人もいるはずですが、こんな自慢はしません。

やりたい事(好きな事)は、魂が喜ぶ事です。
それをやりだすと、後ろにいる守護霊・守護神が動き出しますよ。
大いなる力が動き出します。
うまくいくはずです。
それが、世のため人のためになれば、最高ですが・・・。

世の中は、やりたい事が見つからない、と嘆く人ばかりだ。
自分探しをしに外に行く人で、答えが見つかった人はいない。
全ては自分の中にあるのだ。
やりたい事は、自分の中にある。
小さい頃、何かに熱中した事がありませんか?
それを、もう一度やってみましょう。
直感で何か上から降って来ませんか?
えー、これは何って思う事を事をやってみましょう。

皆さん、【バースビジョン】っていう言葉を知っていますか?
[私達がこの地球に生まれて来る時に計画してきた人生の目的]の事です。
究極は、やりたい事って【バースビジョン】だと思う。
ボクの【バースビジョン】は、皆さんに生きる元気を与える事、気づかせて覚醒させる事だ。
このブログを書いているのも、そのためだ。
ボクは、これに気づき、人生楽しくてたまらない。
私の周りには仲間達が集結しつつあり、そして仲間達が【バースビジョン】に気づき始めている。
どうすれば気づくのだろう・・・。
『全ては世のため人のため』を心の奥底に置き、直感を大事に、好きな事をして、日々を一生懸命に生きる。
すると、自然と上から降って来るのでは・・・。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

まんじ
2021年10月08日 20:17
松下先生のブログの内容を見て、
またコメントをしたくなりました(笑)

僕も「頑張る」という感覚はありません!

では何故人は頑張ってしまうのでしょうか?

それは「目標」を設定するからだと思います

思い起こせば、学生時代から社会人まで
常に「目標」を設定されたり、社会人では
自ら設定をするように促されてきました

上の者(評価する側)からすると「目標」が
明確であった方が、それに対しての可否で
「頑張っている」や「頑張ってない」とか
「努力している」や「努力してない」って
した方が判断しやすく、自分の立ち位置を
肯定出来るスキームとして成立しやすい
のかなって感じます

松下先生が話されているように、
「すべては自分の中ある」という点に
意識を持ち、そこへのアプローチが
呼吸をするような感覚で、自然に出来る
ようになると自空間は広がり、今よりも潜在
意識が求めていた領域へ達する事でしょう!

それでは明日、スーノルーノで松下先生と
お話し出来る事を楽しみにしています✨
タウリン
2021年10月09日 02:29
まんじさん。日本頑張らない教団の教祖田浦が島原でお待ちしています(笑)