第4回 『香音天コンサート』 今年も良かった!

 もう4回目になるんだ。
『香音天』はもう10数年、九州ツアーを行っている。
パティオコンサート(もう、来年で第10回)をこの時期にやっていたので、『香音天』のコンサートはできなかったのだが、パティオコンサートの日程が2月になってから開催する事になった。

『香音天』のカオンさんと出会ったのは、2007年7月の猪原金物店の速魚川ギャラリーでのコンサートでだった。
それ以降、付き合いは続く。
我が三女(名を香音(かおん)と言う、そう、カオンさんからもらったのだ)が生まれた後の速魚川のコンサートでサプライズで歌ってくれた曲『Baby  Birth』、そう我が娘のために二三男さんが歌詞を書いてくれ、それを『香音天』が曲にしてくれたのだ。
これには、最高に感動したのを鮮明に覚えている。
うちの香音も、もう12歳になりました。
自分のBirthdayソングがあるなんて、幸せ者です(『香音天』のCD 天然音楽浴6『いのちのうた』に収録)。


 11月5日(木)に開催(14:30スタート)。
仲間達、うちのスタッフ、お得意患者さんなど、40名程が、我が皮膚科待合室に集まる。
後から知ったのだが、このコンサートだけのために、千葉から来てくれたのだ(九州ツアーでいろいろ周るものと思っていた)。
アーティストは大変みたいだ。
なかなか関東ではできないみたいだ。
うちはno problem。
さすが、我が仲間達だ、ほとんどマスクをしていない(しているのは高齢の患者さんだけ)。
カオンさんは山手線に乗る時もマスクをしないらしい(素晴らしい)。

そうそう、『香音天』の生徒さん(カオンさんの笛の教室、いつろうさんの打楽器の教室)が4人も来てくれた(千葉、東京、浜松)。
去年も2人来てくれた。
長崎旅行も兼ねているのだが(タウリンが案内)。

『香音天』ユニットは去年と同じメンツ。
甲斐カオン(篠笛、ボーカル)、甲斐いつろう(打楽器)、ピアノ(沢村繁)。
沢村さん、関東のライブスポットでバリバリ活躍中の人。


 13時には当院に着き、準備開始。
パティオコンサートの時にもよく思うのだが、リハーサルがいい。
大きなホールでパティオがボク一人のために歌ってくれている、そんな感じ。

リハで『香音天』さんが今日歌うであろう歌を歌っている。
ふと流れてきた『FUGEN 島原の龍』
そう、この歌をボーカル付きでやってくれと、前もってお願いしていたのだ。
これも二三男さんが作詞したものだが、去年は演奏だけだった。
男性ボーカルがこの歌には合ってる、とあまり歌わないのだ。
しかし、この歌は歌詞がいい。
これを、誰か歌うなら、パティオしかいないと思うのだが・・・。
でも、カオンさんが歌うこの歌は最高。
流れてきたので、待合室に座り、手をかざし、普賢岳・普賢岳の龍・普賢菩薩、そしてカオンさんにパワーを送ってみる。
すると、来た!
龍が舞い降りてきた。
この病院の龍も感じてる。
おー、普賢菩薩も喜んでいる。
歌い終わった後、カオンさん。
「先生、パワーが凄かった!」
さすがカオンさん、感じてくれている。
今回は、これが全てだった。
去年は、後半の始めに吹いた龍の笛、これは凄かった。
この時も龍が舞い降りた(これを感じたのは、ボクとタウリンだけだが(笑))。
この笛の後、会場の空気は一変した。


 コンサートは素晴らしかった(4回で一番良かった)。
カオンさん、一皮むけたよう。
このご時世で思う事が多すぎるのだろう。
このコンサートでこの思いが爆発したみたい。
毎回参加のSさん「ずっと鳥肌が立っていました、素晴らしすぎた」
皆の感想も絶賛ばかりだった。
よかったら、参加した人、感想をコメントに書いてください。


1-1.jpg

2.jpg

4-1.jpg

5.jpg

11.jpg


 打ち上げは、いつもの『味遊』
『香音天』の3人と生徒さん4人をご招待。
ボクを入れての8人で盛り上がる。
料理を皆、絶賛!

その後、いつものパターンでタウリンバー『スーノ・ルーノ』
まあ、ここでも盛り上がりまくる。
途中で来た、ボクのサックスの先生陣内さんが合流(本当は、ボクもこの日がレッスンの日だった)。
皆のリクエストで陣内先生、サックスを演奏、一曲は即興演奏。
サッと即興で演奏、凄い!
流石・・・。


26168.jpg

タロット松尾が関東から来た生徒さん達のタロットセッションを別室でやっている。
これも盛り上がってそう。
ずっと運転してきた(そう、今回も車で来ている)いつろうさん、眠そうなので、いったんお開き。
後日聞くと、これからまだまだ続いたらしい。


 後日、カオンさんからメール。
非常に楽しく、有意義なコンサートだった、との事。


 このコンサートの次の日に神の声を聞く仲間によるセッションを受ける。
そこで一言「先生、次元が上がっている。二つのイベント(KISAさんと『香音天』)のせいですよ」
それは自分でも感じている。

二つのイベントによって、覚醒した人、上がった人が多数いる。
『香音天』コンサートの空気感は半端なかった。
それを演出したボクのエネルギーも増強するのだ。
皆が上がると、ボクも上がるのだ。

皆さん、イベントは続きますよ(龍さんの作品展(12月3,4,5日)、パティオコンサート)。
皆さん、パワーアップしてください。
それがボクのパワーアップにつながるのです(「ごっつあんです」(笑))。












































ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

j.meg
2020年11月15日 23:30
今年も伺わせていただきありがとうございました!

"普賢"の始まりの笛の音(ね)、
音そのものも素晴らしかったですし、
吹き手の、
そうあるからそうなるというようなシンプルな身体や呼吸と楽器との循環が素晴らしかったです!
あの、音が鳴る直前の時間と音が鳴った瞬間の空気は、他とは違うものと感じました。

素晴らしいトリオ^ ^
すごく楽しそうに演奏してらっしゃるのも印象的でした♪
私も回数を重ねたからか、香音天さんの音楽に入って聴くことができ、自然と一体感を感じ、楽しませていただきました。

打上げにも途中参加させていただき、
なぜだか楽器吹いてる私。笑
貴重な機会でした^ ^ 今度は一緒に吹きましょう♪♪
今年も楽しい時間をありがとうございました。
タウリン
2020年11月16日 10:13
前半ずっとトランス状態で、意識はあり音は聞こえていましたが、ほぼ寝ていました。

これは、最初のパティオコンサート以来です。

先日のキサさんもそうですが、一年に一度お会いする機会があるというのは、お互いの進化の確認作業みたいなもので、とても大切な時間だと思います。

龍好きの先生はリハーサルで龍を感じた様ですが、私には何を感じたというより、魂の修復、原点回帰の様なものが強く伝わりました。

アーティストに苦難を与えているコロナの影響で、アーティスト自信の本質が浮き彫りになり、三人それぞれの音や表現の本質を受け取ったのではと思っています。

皆さん有難う御座いました。
メロディー
2020年11月16日 11:57
お疲れ様でした、とても、癒された、空間で、沢山元気を、もららいました、ありがとうございます。( v^-゜)♪
東尾 亮
2020年11月16日 12:11
今回も美しい笛の音に癒されました。有難うございます。購入したCDをマイカーで聞いてみると、香音天さんの曲には意外にもインストルメンタルの器楽曲が多いんですね。11月5日のライブでのノリノリの最後の曲、パラディッソは大好きです。
ハゼ
2020年11月16日 12:53
コンサートお声かけいただきありがとうございました。
凄いパワーで圧倒の1時間半でした。
ご参加された皆様の一体感も素晴らしかったですね。
コンサート終わりも皆さん笑顔でクリニックを出られてましたね。
ありがとうございました。
ミヤ
2020年11月16日 13:53
今回松下先生にお誘いいただき初めて参加させていただきました。生演奏を聴くというのはほとんど経験がなくコンサート開始してから終了まであっという間でした。コンサートに参加しているというより自然の中に身を委ねているような感覚でした。「Baby Birth」、「FUGEN〜島原の龍〜」、「パラディッソ」が個人的に好きでした。参加されている方々も皆さん笑顔でしたね。また次回も参加させていただきたいです。
Angel
2020年11月17日 18:12
今回のコンサートも本当に素晴らしかったですね
篠笛 パーカッション キーボード
カオンさんの歌声〜〜すべてが身体の中に
響きました❣️
黄色の龍様が動いている感じがしましたよ🐉
またパワーアップしました〜〜
松下先生 いつも有難うございます♪
honda
2020年11月17日 22:26
松下先生
今回もとても素晴らしい演奏会に誘っていただきありがとうございました。昨年から参加させていただきましたが、昨年同様なんと言えばいいのか分かりませんが、和久先生の
honda
2020年11月17日 22:37
送信ミスがありました、、、(汗)
気を取り直して、、、。

昨年に引き続き、参加させて頂きました。いつもイベントを通じて思う事なのですが、松下先生の大いなる愛を私は感じてしまいます。

感動を共有したい、良いものに沢山の人が触れてほしい、パワーを得てほしい、島原のためになって欲しい、などなどの先生の愛を感じてしまいます。

今回の「このイベントは普賢岳、眉山への奉納です。」との言葉がとても印象的でした。いつも、感動体験の場をありがとうございます!

そして香音天の皆様、目を閉じて音に体を任せると心地いい魂が喜ぶそんな音楽をありがとうございました。最後のパラダイソでの一体感最高でした!音楽は人間が人間らしく生きていくために欠かせないもの、心と心をつなぐものなんだと改めて体感させて頂きました。ありがとうございました😊
TAIZOU
2020年11月18日 13:46
皆さん、コメント有難う。
Honda君が書いてあるように、このコンサート、まさしく【普賢岳と眉山の龍と普賢菩薩に対する奉納】。
パティオコンサートも同じ位置づけだ。

このコンサートで感じてくれているのがよくわかるコメントの数々、嬉しい限りです。

さあ、カオンさん、しめをお願いします。
矢野
2020年11月18日 20:59
昨年に続き2回目の参加です。今回は持病の腰痛がでていましたが素晴らしい歌声と演奏で癒されました。いつのまにか腰痛も忘れて聞き惚れてしまいました。音楽の持つパワーはをあらためて感じ取ることができました。このような機会を与えていただいた松下先生、本当にいつもありがとうございます。パワーをいただきました。
2020年11月18日 22:36
松下先生、今年もありがとうございました。
この社会状況下で、演奏会を受け入れて下さったこと、本当に感謝しております。
今回はより集中を高め、普賢岳と眉山へ捧げる思いで演奏しました。
リハーサルの時の先生のパワーにも助けられました。
また感染症に関して、お医者様の立場からのお話も勉強になり、知人にも広め、安心材料としております。
教室メンバーもお世話になりました。おかげさまでディープな島原を堪能出来たようです。
感想コメントもありがとうございます。
じっくり読ませて頂きました!
言霊は心に響きます。
励みになります!
毎年お伺いしていると、島原の皆様との再会も楽しみです。
お互いに生き方を確認しあえる感覚がありますね。
高城先生の「歌詞」の力もすごいですよね。
次の目標もはっきりしました。
FUGENの歌バージョンを録音します!

島原の後は、逸郎さんの宮崎の実家に寄り、そして名残惜しいままフェリーで九州を後にしました。
松下先生はじめ、出会った全ての皆様、ありがとうございました!