免疫を上げよう!② 『食事』

 前回の『呼吸』が大好評(驚)。
第2弾は食事です。

人間は7年間で全ての細胞が生まれ変わる、と言われている。
という事は、食事を7年間きちんととれば変身する(全ての病気が消えるのでは・・・)。
これは、患者さんによく言う言葉です。

しかし、今に生きる人々の食の乱れにはびっくりさせられる。

・食事を作らない母親
・お菓子でお腹一杯で食事が入らない子供達
・一日に5,6本の缶コーヒーを飲む労働者達
・カップラーメンしか食べない人
・偏ったダイエットをする若い女性達
あげるときりがない。

 10数年前にある食育の講演会に行った事を思い出す(講師に筑紫哲也さんがいた)。
そこで筑紫さんが言っていた「私は給食反対だったのですが、調査してビックリした。子供達の栄養を支えているのは給食」
この流れはこの10数年でもっと進んだのでは・・・。
給食が命の子供が日本中でどれくらいいるんだろう。

食事を作らない母親にビックリするんですけど、本当にいるんですよ(コンビニのおにぎりだけ、カップラーメンだけなど、まあ、スーパーにお惣菜売ってるもんな)。
この田舎の島原でこうなので、都会ではもっと多いと思います。

現在60歳のボクがお菓子を食べた記憶があるのが小学校の中学年(奥さんから小さい頃の記憶なさすぎ、とよく呆れられますが(笑)、ボクと同世代の人そうですよね、だって店がなかったもんね)。
子供で湿疹が治らないと言うお母さんにこう言います「試しに、1週間、お菓子とジュースを止めてください」、これで見事に皮膚炎が軽くなり、親はビックリ。
しかし、止めてくれない母親が多いな・・・(待合室で「無理!」と言っている)。

缶コーヒー大缶1本に3gスティックシュガーに換算すると何本入っているか・・・8本(24g)ですよ(5本飲んだら40本(120g)
(驚))。
コーラ14本、炭酸飲料(350cc)15.5本・・・ビックリです。
30代で血管系の病気(心臓・脳)になる人が多すぎます。
これも大きく関与してると思います。

患者にいるんですよ、カップラーメンしか食べない人(驚)。
カップラーメンが主食の人多そうです。


 上記に上げた人達は、食事で免疫を上げようなんて思っていないので・・・。
説得しまくるんですがね・・・(わかってくれて、凄くいい状態になっている人もいますが)。

これからが本題です。

開業するまでは、あまり患者の食に興味がなかったな(ただ、美味いものをたくさん食べていた)。

自分でもいろんな事をやってきた。
1日1食もやったな。
続かなかったな。
食いしん坊なんで(笑)。

いろんな試行錯誤して、今の食に落ち着いた。
朝は、納豆・野菜ジュース(果物(-))・ヨーグルト(ナッツ・きな粉・果物などが混じる)・野菜サラダ)。
昼は、基本食べない(と言っても食べちゃう事もある、腹が減ったら豆)。
夜は、炭水化物(米・パン・麺)は食べない(外食が多いので、そこでは食べる)。
   タンパク質をたくさんとる。

これにスポーツクラブに行きだして(3年前から)プロテインを飲みだした。
数カ月前から朝・夜飲んでいる。

『ゼロからはじめる プロテイン生活』(山本圭一)

プロテイン.jpg


その本によるとプロテインのメリットは
①脂肪分が少ないので、余計なカロリーをとらず、タンパク質を摂取できる。
②水で溶かして飲むだけなので手軽。
③タンパク質1g当たりの価格が、肉や魚などよりも安い。
④消化がよく、吸収も速い。胃腸や内臓への負担も少ない。
⑤健康効果が期待できる。

プロテイン神話とも言われる誤った話がある
①プロテインパウダーを飲むだけ筋肉がムキムキになる
 【正しい考え】飲むだけではムキムキにならない(運動を加えて筋肉は太くなる)
②プロテインパウダーは薬である
 【正しい考え】食品です。牛乳や大豆のタンパク質を粉末にしたものです
③子供は飲んではいけない。背が伸びなくなる
 【正しい考え】むしろ子供には積極的に飲ませたい(体の成長に必要)
④プロテインを飲みすぎると体に悪い
 【正しい考え】一般的な量なら健康を害する事はない(タンパク質の一日当たりの摂取基準は、体重1kg当たり1g程度)
⑤高齢者が飲むのは体に毒
 【正しい考え】成人より多く必要(運動量も減り、体内組織の代謝も不活発になるから)
⑥プロテインを飲むとバカになる
 【正しい考え】タンパク質が不足すると脳の出力が落ちます
⑦プロテインはアスリートのための飲み物
 【正しい考え】万人向けです


 これに今はまっている本(きっかけは盟友Dr.山口からのお勧め)
『うつ消しごはん』『すべての不調は自分で治せる』(藤川徳美)
この2冊、売れまくっています。

うつけし.jpg

不調.jpg

日本人の健康食と言われている和食は質的栄養失調との事「糖質過多+タンパク質不足+脂肪酸不足+ビタミン不足+ミネラル不足」
タンパク質と鉄をたっぷり摂ると心と体はみるみる軽くなる。
それにメガビタミン(大量にビタミン)。
藤川先生(広島の精神科の先生)によると、肉を少なくとも200g毎日食べろ・卵は完全栄養食、毎日2~5個食べよう、と言っている。
トライしているがなかなか難しい。
プロテインも勧めている。
ボクが飲んでいる【ビーレジェンド】を先生はお勧めしている。
これはいろんな味があり(ボクはチョコ味、バナナ味が好き)、飲みやすいし、価格も安い。

元々、肉体的にも精神的にも絶好調だったんだが、タンパク質をたくさん摂りだして益々絶好調。
毎日30分の筋トレ、週1回のスポーツクラブでの1時間のパーソナルトレーニングをしていたのに、体が少しずつしか変化しなかったのだが、タンパクをたくさん摂りだして、目に見えて変化してきたぞ。

本に、プロテイン+サプリで栄養素を補給すれば成績が上がる。実際に1年で偏差値が10上がった人がいる、と書いてある。
これを見せたら、子供達も飲み始めた。
うちの親(91歳の父、85歳の母)も飲みだして、調子がいいらしい。

是非、プロテイン試してみませんか。


 ビタミンの事も藤川先生たくさん書いてある。
ボクは20数年前から毎日ビタミンC,B2,B6を飲んでいる。
これはいいですよ。
ビタミンの話は後日。


 それともう一つ、今年に入ってやっている週一断食。
1日1食は無理だったが、これはできる。
売れまくっている本『月曜断食』(関口賢)

月曜断食.jpg

うちは隔週で月曜が休みなので、火曜断食にしている。
その日一日、水しか摂らない。
本は凄く厳しいのだが、ボクはかなり緩く行っている。
その一日だけしか制限をしていない(本では他の日も制限が必要)。
やると、次の日の朝の体重は2kg程減っている。
やっている日は感覚が鋭くなるのを感じる。
しかし、夜に頭痛が起きるかな(全然我慢ができる程度)。
これはよさそうですよ。


 まあ、常に体を意識して食べる事かな。
あまり考えすぎてもしょうがない。
楽しく笑顔でゆっくり食べる事かな(腹八分)。
60歳にもなると食欲が落ちる(と言っても、盟友Dr.山口はボクの食べる量には毎回驚くが)。
若い頃は、今の倍は食べていたよな。
食べ過ぎると、すぐに体重が増えてしまう(毎日、体重計に乗るようにしています)。


 免疫を上げようの話になったかな(笑)。








































ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

ハゼ
2020年04月30日 10:21
とても勉強になります。
今だからこそ自分の体を見直すキッカケにしたいですよね。
先生のブログを拝読して早速プロテインを購入しました。
プロテインってたくさん種類があるんですね、、ソイプロテイン?を購入しましたが、別の種類も試してみようかと思います。

月曜断食も何回か実践しましたが夜がなかなかしんどいです。笑
最近出来てなかったのでまたチャレンジしてみます!
美豚先輩も是非一緒に!笑
TAIZOU
2020年04月30日 17:03
「ハゼ」君、有難う。

プロテインはボクはホエイを飲んでいる(紹介した本によると、これは好みで選んでいいとの事)。
ボクの飲んでいるビーレジェンドは美味しいから続くよ。

あとは筋トレだね。