3回目の『香音天』コンサート 10月24日(木)

 もう3回目となりました。
香音天(こうおんてん)』のカオンさんと始めて出会ったのは、2007年7月の速魚川ギャラリーでのコンサートでだった。
塾頭をやっていた島原半島未来塾のテーマだった眉山トンネル反対運動(いろんな事をやったな・・・)。
カオンさんは眉山トンネルによる普賢岳の危機を聞きつけて千葉からやって来た。
広島のnazo-kさんが作ったミューア(その地を浄化する)を島原半島のパワースポット(nazo-kがダウンジングで決める、水のスポットばかりだった)に埋め、そこでカオンさんが笛を吹く。
カオンさんは現代のナウシカでは、と最初の頃は強く思っていた(今でも思っていますよ)。
そのピンと張りつめた真っ直ぐさ、そしてその空気感。

いやー、それからもう12年が経つんですね。
お互い歳を取りましたが、その真っ直ぐさは健在です。
それにどしっとして、ゆったりとした存在感が加わりました。

九州ツアーを以前からこの時期にやっていたのですが、この時期にいつもパティオコンサートをやっていたので、日程が合いませんでした。
パティオコンサートが2月になって、このコンサートが始まりました。

仲間達、スタッフ、常連の患者さん達を招待します。
30人程が当院待合室に集まります。
タウリン、タロット松尾、日本一カメラマン巽さん、高城二三男さん(二三男さん作詞の曲を今回もたくさん歌ってくれました)などなど、仲間達もたくさん来てくれました。

休憩を少し入れた2部構成(2時半から約2時間)。
おや、カオンさん、ちょっと調子が悪い(少し風邪気味か)。
我が娘の誕生のために作ってくれた曲『Baby Birth』(二三男さんが作詞をして、速魚川ライブでサプライズで歌ってくれた、これには超感動したな、カオンさんから名前をもらったうちの三女香音ももう11歳)、島原の水をテーマに二三男さんが作った名曲『AQUA』などの歌と笛の演奏。
休憩に入る。

休憩中の皆の感想、皆感動している。
が、調子が少し悪いぞ。

後半の2曲目かな。
「龍をイメージして笛を吹いてみます」と言うので、ボクは目をつぶり、龍をイメージ。
何だこれは・・・上から凄いパワーが降って来る。
頭がクラクラする。
この時、タウリンにも同じ事が起きている。
タウリン、周りを見渡すが、皆普通。
ボクを見て「おうー、来てる」

コンサートの後、皆に聞いてみる。
誰も感じていない(カオンさんも)。
タウリンだけだ。

後日、神の声を聞く仲間に聞いてみる。
「先生の龍と田浦さんの龍の2体が共鳴した。
魂に響いた。
普賢岳の龍と反応した」

これと同じ事があった。
去年の12月、龍さんの個展でのライブ書道。
『聖なる山 眉山』を龍さんに書いてもらった時、凄いパワーが降ってきた。
この時、同じ事を感じたのはボクとタウリンだけ。
他の人はポケーとしていた。

鹿児島の金城さんによると、タウリンにはこの世に8体しかいない巨大龍(この世から天を突き抜ける)が付いている。
凄いパワーらしい。
ボクは龍王だ(笑)。

病院の龍も当然共鳴している。
普賢岳の龍も凄いパワーを持っている。

この笛の後、カオンさんガラリと変わる(カオンさんも龍だ)。
そして、会場の空気も変わる。
甲斐いつろうさん(カオンさんの夫)のパーカッションのソロ演奏、いつもより何か凄い。
キーボードの沢村さんもノリノリ。

会場が一体化して、浄化されていく。
龍が後押ししている。
演奏する3人の後ろで流れる水(龍の壁をつたわる水)が光り輝いている。
去年も凄かったが、今年はもっと凄かった。

ボクの行っているスポーツクラブのトレーナーの女の子(沖縄出身)「浄化されまくりました。こんな経験初めてです」
幕末前世 板垣退助のH君「良かった・・・」
絶賛の声ばかりだった。
よかった・・・。



 打ち上げは、いつもの『味遊』。
香音天の3人、料理を絶賛。
『味遊』の林田君、この日もラーメンのヨーロッパ進出の打ち合わせが昼にあり、コンサートは来れなかった。
世界中に進出している『味遊』の棒ラーメン。
どこまで行くのだろう(アメリカは3つの州に進出)。
タウリンも絶好調。


 2次会は当然タウリンバー『スーノ・ルーノ』
ここに、今回のコンサートに合わせ長崎旅行をしているカオンさんの笛の教室の生徒さん2人(千葉と浜松から)が加わる。
二人の女性達、タウリンに釘づけ。
一人の女性は本質を突かれまくられ、放心状態(「何で、そこまでわかるの(驚)」)

この二人は次の日、タウリンと共に島原半島パワースポット巡りをする。


 今回も楽しかったな・・・。
しかし、あの龍の笛は凄かった・・・。

19649.jpg

19652.jpg

19651.jpg

19650.jpg



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

タウリン
2019年11月04日 20:02
お~来た来た!龍の声をイメージをした笛の音と共に院内の周波数が変わり、頭の中を龍の如しエネルギーが飛び回り、頭がグラグラしました。

正気を保ち周囲を見渡すと、皆さん普通(笑)松下先生を見ると、先生は気付いている様子で瞑想状態でした。

不思議ですねぇ、、、また独りよがりならぬ二人よがり(笑)

先生と私にしか捉えられない何かがあるのでしょう。

面白いのは香音天の皆さんも気付いていないという事です。勿論それからの演奏は別物で、まさに龍が降りてきたかの様でした。

1年に1度の再会とお互いの成長確認。諸先輩方もまだまだ進化の途中。

苦難を乗り越え、他人の為に自分が何を成すべきかを生き甲斐とする人達は、やはり素晴らしいです。

香音天のお三方をはじめ、関係者の皆様方、今年も有難う御座いました。

また来年も宜しくお願い致します。
Honda
2019年11月21日 12:12
松下先生、今回も素敵な会に声をかけて頂きありがとうました。

心が洗われるような美しい音楽あり、感動あり、激しいドラムのビートありと会場がとてもやさしい雰囲気に包まれた素晴らしい音楽会でした。

個人的には、曲名は忘れましたが、主人公が疾走する曲が想像力をかきたてられる思いになりとても楽しく聞けました。

また、島原で何気なくいつも見ている湧水が、とてつもなく長い年月をかかえてそこに沸き上がっている(場所によっては何と鎌倉時代の雨!!が現在に湧き出ている!!)という話を聞き、感激・感謝・感動、自然の神秘を感じました。

龍の曲も良かったですね。颯爽と天を舞う凛々しい龍の姿が思い浮かぶかのような緊張感と切れ味のある曲でした。

素晴らしい体験をさせて頂いた松下先生、香音天の皆さまありがとうございました。
Honda
2019年11月21日 12:12
松下先生、今回も素敵な会に声をかけて頂きありがとうました。

心が洗われるような美しい音楽あり、感動あり、激しいドラムのビートありと会場がとてもやさしい雰囲気に包まれた素晴らしい音楽会でした。

個人的には、曲名は忘れましたが、主人公が疾走する曲が想像力をかきたてられる思いになりとても楽しく聞けました。

また、島原で何気なくいつも見ている湧水が、とてつもなく長い年月をかかえてそこに沸き上がっている(場所によっては何と鎌倉時代の雨!!が現在に湧き出ている!!)という話を聞き、感激・感謝・感動、自然の神秘を感じました。

龍の曲も良かったですね。颯爽と天を舞う凛々しい龍の姿が思い浮かぶかのような緊張感と切れ味のある曲でした。

素晴らしい体験をさせて頂いた松下先生、香音天の皆さまありがとうございました。
TAIZOU
2019年11月22日 14:14
Honda君、コメント有難う。
十分感じてくれているね。
感じ方は人それぞれ。
よく、あのコサート一回行ったからもういい、と言う人がいる。
違うんだな・・・。
行く本人がレベルが上がっていれば、全く違った音に聞こえる。
演奏者のレベルが上がっていれば、当然違う音楽がそこにある。

今回で、香音天さん、3回目だが、全然違う音に聞こえるのはボクだけだろうか?