我が魂の場所【済州島(チェジュ島)】への旅①

 スピリット波動協会の棟方興起先生から出してもらった、我が魂の場所【済州島(チェジュ島)】へ、ゴールデンウイークに行ってきた(3泊4日)。
我が奥さんの魂の場所もチェジュ島。
行くしかないと、家族4人で行ってきた。

ボクは2回目。
前回は、シャンティーの宇土さんが全ての手配をしてくれた。
仲間6人の旅だったが、まあ、素晴らしく感動的で心に残る旅だった。
その時のブログは下記。

2018.9.16 ① https://89343703.at.webry.info/201809/article_3.html
2018.9.20 ② https://89343703.at.webry.info/201809/article_4.html
2018.9.25 ③ https://89343703.at.webry.info/201809/article_6.html
2018.9.27 ④ https://89343703.at.webry.info/201809/article_7.html

 
 前回は福岡空港から釜山経由でチェジュに入ったが、凄く面倒くさかったので、大阪からの直行便でチェジュに入る。
4月29日(月)の午後、長崎から関空へ。
時間もあったので、ホテル近くのイオンモールで映画。
『キングダム』を見る。
福岡のK社長のお勧めで全巻持っている。
原作に忠実に作っていて、非常に面白かった。
王騎将軍役の大沢たかおが良かったな・・・。
これは続くな。


 30(火)は朝9時の飛行機だった。
6時には関空へ入る。
10:45に到着。
近いよな。

空港で食事をして、午後1時に個人タクシーの李さん(日本語ベラベラ)との待ち合わせ場所へ。
4日間、李さんに案内をお願いしていた(1日8時間)(日本から予約)。


 まずは、我が魂の場所【三姓穴(サムソンヒョル】へ。
三姓穴の説明を。

『建国神話。
もともと済州島は無人島だった。
ところが、島の北側にあった穴から三神人が出てきた。
男ばかりで、彼らは皮の服を着て、狩猟に明け暮れた。
ある日、島の東岸に大きな木箱が流れ着いた。
開けてみると、青い衣を着た3人の乙女が入っていた。
子馬や五穀の種もあった。
三神人がビックリしていると、乙女の従者が言った。
「碧浪国から来ました。
我が国の王様には3人の王女がおられますが、西の海の向こうに3人の神が生まれて建国したことをお知りになり、お祝いに王女を遣わされたのです。
ご結婚されて国を栄えさせてください」
それだけ述べて、従者は雲に乗り東国に帰った。
三神人は年齢順に乙女を嫁にして、子馬を放牧し、五穀の種を播いた。
おかげで国は繁栄して、住む人も増えた。
全ての島民の先祖は三神人である』


来るのは2回目だが、なんか懐かしい。
前回と同じように資料館で日本語のビデオを見る。
上の説明がアニメで見る事が出来る。
碧浪国は日本らしい。

来年の1月21日にこの三姓穴に上からエネルギーが降ってくる。
ボクは、必ず、その頃にまた行かねばならない(この頃は、とんでもなく寒いらしい)。


帰国した後、神の声を聞く仲間に聞いてみる(写真を見せながら)。

「以前と比べ、波長が変わっています。
波動が安定しています。
波動が周囲に拡がっています。
奥さんと行った事で、二人の魂が喜んでいます。
三神人の一人は先生です。
その時の妻が奥さんです。
三神人のあとの二人、現れます。
凄くレベルが高い人達です」

これには、ビックリしなかった。
何故か。
そんな気がずっとしていたのだ。
奥さんの事も。
三神人のあと二人が現れるか、楽しみだ。

画像


画像


画像



画像


画像



 次に向かったのが【龍頭岩(ヨンドゥアム】

ガイドブックにはこう書いてある。
『岸から水平線をにらむ巨龍
砕ける白波の向こうに見えるのは巨大な龍の頭。
ハルラ山の噴火で生まれた溶岩塊を、海中の龍宮から天に昇る龍の姿に見立てている。
海中部分も含めた龍の体長は約30m。
海上部分だけでも10mになる』

ここも、前回に行った。
気持ちがいい場所だ。

帰国後の、神の声を聞く仲間の言葉

「出発点です」・・・?

画像



画像



 その後、ホテルにチェックイン。
今回も前回と同じホテル『メゾングラッド済州』
ちょっと休憩。


 17:00から開演の【ナンタ】へ。

パンフレットから
『1997年10月10日、初演。
アジアの公演としては初めて、ブロードウェイでの長期公演。
2017年7月現在、40409回公演。
57ヶ国、310都市で公演。

コックたちが、フライパン・まな板・鍋・包丁を楽しい楽器に大変身させる』

前回も見たのだが、子供達は大絶賛。
よかった。


 次に向かうは今日の夕食、【黒豚屋(フットンガ)】へ。

チェジュで最も人気がある黒豚を食わせる店。
ん、去年行った店の方が美味しかったぞ。
来年は、ちゃんとチェックしなければ。


 ハードな旅行の初日が終わる。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い

この記事へのコメント

TAIZOU
2019年06月02日 11:35
「今回の旅行どうでした?」とのメール、前回旅行に一緒に行った長崎のMさん(前世、【かぐや姫】。ボクがその時彼女を月から迎えに行った使者。一緒にチェジュ島にもいたことがある)。
そこで、色々と返信すると「私も先生が三神人の一人だと思っていました」との返事。
へー。
彼女も凄く感じる人だ。
Mさんともまたチェジュ島に行かなければならない。
彼女は三神人の奥さんの一人では・・・。
これは神の声を聞く仲間に聞かなければ。

この記事へのトラックバック