たいぞうの部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 龍さんの個展終了 いやー、また奇跡が起きた・・・

<<   作成日時 : 2018/12/03 22:13  

驚いた ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 31

 怒涛の3日間だった。
何もやっていないようで、気を使う3日間だった。

待合室の龍さんが暇していないか、待合室に度々足を運び、患者さん達に色紙を書いてもらうように勧める(田舎の人は背中を押さないと、動かない人が多い)。
この人はと思う患者には診察中に書いてもらうように勧める。

この日を待ちわびていた患者さんも数多くいる。
たまたま受診して、ラッキーと書いてもらう人も多い。
仲間達もたくさん来てくれる。

当院には龍さんの字があふれている。
「この字は誰が書いているのですか?」、よく聞かれる。
「先生が書いているのですか?」、ともよく言われる(ボクの字はへたっぴーです(笑う))。
写真を撮りまくっている人もよくいる(言葉がいいのだ)。
龍さんの字はただうまいだけではなく、何かを発している。
それに感じる人が多いのだ。

龍さんはいってしまっている。
人生を達観している。
人生経験半端ない(元小学校の教師で、戦後最大の教育事件『ゲルニカ事件』の原告だ。書家としての活動と中村哲さんの『ペシャワール会(アフガニスタンに井戸、水路を作っている)』の後方支援もしている)。
この様な人ボクの周りには多いのだが・・・。
顔を見ればわかると思うが、仏みたいな人だ。
愛が泉のようにあふれている人だ。
こんな人なかなかお目にかかれない。

褒めすぎたかな(笑)。


 29日(木)のお昼からはライブパフォーマンス。
仲間達が集まる。
ここで奇跡が起きる。
龍さん「何か書いて欲しい字はありませんか?」
最近、神の声を聞く仲間から言われた「眉山が聖なる山なのですよ」、これがずっと気になっていた。
これを書いてもらう。
【聖なる山 眉山】

画像



龍さんが書いている途中、何かが字に入ってきた。
おー、これは何だ。
龍さん、『眉』の字の上の真ん中の縦線を入れ忘れている。
「龍さん入れ忘れている」でそこに龍さん、線を入れる。
おー、龍の目が入った(驚)。
まさしく『画竜点睛(がりょうてんせい)』(古事:物事を立派に完成させるための最後の仕上げ)。

タウリンが言う「この言葉には、耳・口・目が入っている。そして、王も」

タウリンと二人で興奮しまくっているのだが、他の人達はポカーン(笑)。
二人にとってこれが今回の3日間の全てだった。
鳥肌ガンガンの出来事だった。

後日、神の声を聞く仲間に聞いてみる。
「病院の龍、普賢岳の龍、眉山の龍がその書に一気に入ったみたいです。凄い!」

そこで最終日(12月1日)の午後のライブパフォーマンスに書いてもらう言葉を聞いてみる。
「守護人(しゅごじん)と出ます。先生はこの地の守護人です」
守護神、守護霊は聞いた事があるが、守護人か・・・。
この地とは、どこを指すのだろう・・・。


【聖なる山 眉山】の後、タウリンが【自分自神 を生きる】と書いてもらう。
最近タウリンがよく使う言葉だ。
自分自身ではなく自分自神なのだ。

画像



その他、仲間達が何枚か書いてもらい、終了。

画像


 この日の夜は定番イタリアン『ぺシコ』
年に一回、龍さんは井上君の料理を堪能する。
龍さん「凄い進化だね」。
ボクはよく行っているので、凄いとは思うのだが、大きな変化は感じない。
東京からの客が増えているそうだ。
皆さんがよく知る有名人達が来ていますよ。
進化している人にしか進化はわからない。
これは非常に感じる。
龍さんの字も去年ぐらいから急に変わった気がする。
香音天のカオンさんと同じく、最終ステージの始まりに来たのかな・・・。


 最終日の午後のライブパフォーマンスは濃い仲間達だけの少人数。
それじゃ、とタウリンに直感で言霊降ろしをしてもらう。
タウリンと龍さんのライブ書道のコラボ。
これは面白かった。

味遊の林田君には【大飛行】
彼の棒ラーメンはアジアからヨーロッパへ、今度はアメリカと進出している。
世界中に広がりそうだ。
そのきっかけを作ったのはボクがあげた一枚の名刺からなのだが・・・。

画像


金魚さん【消す 開る 放つ】
彼を知っている人なら、なるほど、と思うだろう。

画像



ボクの妹には【美晃健】

タウリンは【神願成就】

画像


画像


他にも少し。
画像



ボクは【守護人】と書いてもらうのだが、毎年龍さんのライブ書道を見ているのだが、この日の龍さんの字は神がかっていた。

画像


画像




 龍さん3日間で100枚以上の色紙を書く。
ピークは数年前の200枚以上。
ちょっと、飽きが来ているのかな。
違った趣向を考えるかな・・・。


 しかし、ボクとタウリンにとっては【聖なる山 眉山】が今回は全てだったな。

 
 龍さん、今週末は長崎市の山口整形に居ますよ。
うちと同じような事をやっています。
近くの方是非、足を運んでください。


 さっそく、龍さんから書いてもらった書の数々を待合室に展示しました。
 

画像


画像


画像



 以下は、仲間達へ書いてもらったものの一部

 まずは、サックスの先生のリクエスト
 龍さんの〇は深い・・・

画像


 鹿児島の潤君のリクエスト
 「ダラサマラサ」は彼に降りてきた宇宙隠語で、とても広く大きな意味での「輪廻転生」を意味するそうだ

画像



画像


 大阪のセレブな女社長に
 素晴らしい!
 
画像





テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(31件)

内 容 ニックネーム/日時
正しく画龍点睛。今回初めて妻を井上先生に紹介し一筆したためてもらいました。すると以前井上先生に書いて頂いた私の書画と同じく、笑顔がメインの書き出し、夫婦似たもの同士なのかな?先生に書いてもらった色紙を大切に持ち帰りましたが、その日から穏やかな妻を再発見。井上先生のパワーが妻に伝わったのか、元気になりました。帰りにランチと雲仙の濁り湯に浸り本当に穏やかな休日を過ごせました^_^
クレイジートンビ
2018/12/04 12:43
松下先生、龍一郎先生ありがとうございます。
御心遣いと美書、大変感謝いたします。

皆さんが頂いた書も素晴らしく素敵な書ですね!
文字、文書の持つ意味を、その文字の形で、龍一郎先生が書道で代弁されている、、そんな感覚を受けました。

文字それぞれが「名は体を表す」を放ってますよね。

「書は意を表す」
そんな感じです。

もうね〜スゴイとか素晴らしいとかを突き抜けちゃってて…
ほぇ〜
はぁぁぁ〜
っていう感嘆というか、満たされた溜め息…
分かりますかね?σ(^_^;)

言葉にならない言葉を描いてらっしゃって、本当に言葉になりません。

本当に感謝でしかありません。
有難うございます。

2018/12/04 14:28
3日間の書道展お疲れ様です。
「守護人」素敵ですね。
特に守の字が素晴らしく思いました。

ブログを拝見していると参加できなかったのが残念です。
また次回よろしくお願いします!
今週の波動セミナーも楽しみにしております!
ハゼ
2018/12/04 14:34
『クレージートンビ』さん、コメント有難うございます。
これほど、人生を楽しんでいる人はいないだろう。
スキューバダイビング、ゴルフ、釣り、海外旅行、麻雀、野菜作りなどなど、電話しても、いつも違う場所にいる。
これができるのも、素晴らしい奥さんがいるからですよ。
夫婦は似てくる、と言います。
それは素晴らしい事と思います。
これからも、いろいろとお願いします。
TAIZOU
2018/12/04 15:01
『ハゼ』君、コメント有難う。
ボクの周りの20代の若者の仲間で最も成長している男だ。
まず、素直。
「素直さが 器の大きさ」、これは強く思う。
素直だから、ボクの言うように動く。
そう、動かなければ始まらない。
波動セミナーにも今回初参加。
どこまで上がって行くか楽しみだ。
TAIZOU
2018/12/04 15:20
『潤君』、いつもながらの素晴らしいコメント有難う。
潤君、前世で文官だったんだろうな。
恐らく、学生時代は勉強はしてない、と思われる(?)。
ボクに会う前は、ほとんど本も読んでいない(?)。
それが、この文章、どんどん上達している。
前世の記憶なのかな・・・、ねえ潤君。
TAIZOU
2018/12/04 15:36
今年も参加いたしました。
龍一郎先生の目は、深いです。
宝物がいっぱい詰まって、うるうると光ってます。
龍一郎先生から見つめられ書かれる瞬間
毎回、感動しうるっときます。
書の通り、輝きながら毎日を生きていきます。
松下先生、今年もありがとうございます。
来年も行きますので(ニコ)


言葉の通り、輝きながら日々生きていきます。

夢華
2018/12/04 16:55
松下先生からのお褒めの言葉、有難く頂戴いたします。
なんだか…照れますね。。

勉強は、、困らない程度に。。
本は…サッカーダイジェストとか〜…

活字が本当に嫌いで、本を読んでも文章の言い回しや表現に、なんでこんなに分かりにくい表現するんだ!と怒ってましたね。。

そこではない事をいろいろやってました。
硬筆だったり、絵だったり、音楽もやってました。
風貌に似合わず。。。

最近は、漢詩って面白そうってなってます。
それこそ意味不明なんですがね(笑)
先生から「文官」と聞いた時には、
すだれの垂れた帽子を被り、朱色に金糸の刺繍が入った服を着た人が、映像というかイメージで入ってきました。
これも時が来れば解ることと思います。
またその時は報告しますね!

2018/12/04 18:22
続投です(笑)

クレイジートンビさんの
「先生に書いてもらった色紙を大切に持ち帰りましたが、」
の文章に、奥様への愛情を感じました。
大切な人に大切な贈り物を、大切に持ち帰る。
外は寒いけど、心は温かく、抑えようとも抑えきれない微笑みを浮かべて家路を急ぐ、そんな風景を想像することが出来ました。
こちらまで微笑みを頂きました。

ハゼさんの
「特に守の字が〜」の言葉に、
守りたい人がいるんだな〜と、ほっこりした温かい気持ちを頂きました。

夢華さんの
「龍一郎先生の目は、深いです」に、
お父さんを見たのかな?と思いました。
好奇心の塊だった子供の頃、
なんでも知ってるお父さんの大きな姿を、先生の目に見て、輝きの根源を思い出し、
うるっ…と。

そんな事を想像しながら、皆さんのコメントを拝見してました。
クリスマスからお正月にかけての、心温まるコメントですね。
皆さんの素晴らしいコメントを拝見できる事を感謝いたします。
ありがとうございます。

そんな輝きのキッカケを下さった、松下先生と龍一郎先生に感謝致します。
ありがとうございます。

でもですね…わたくし…
冗談も沢山言うんですよ!(笑)

2018/12/04 19:09
文字に宿りし龍の魂

聖なる山は、龍荒ぶる時(噴火)に己の身を崩壊させて普賢岳を守った山。

時として人の生をも奪い去った山。



龍・龍使い・龍神・龍人・龍心

この違いが自分なりに分かったら、貴方も龍を感じれるようになりますよ!!

タウリン
2018/12/05 02:16
おはようございます!

ライブ書道、見たかったですね。。
松下先生とタウリンさんの表情、想像に難くないです(笑)

タウリンさんの設問、シンプルに深いですね。。
流石、タウリンさんだなぁ…と思いました。

掻き立てられるモノがあります。
自分なりの解釈はあるんですが…
夜中3時ごろハッと目を覚まし、タウリンさんのコメントを見てしまったもんだから…
考えちゃって…もう眠れない(笑)

今日は、この再思考を楽しみます!(๑˃̵ᴗ˂̵)

2018/12/05 07:40
院内作品展の三日間 お世話になりました。感謝です!
次々に出される「お題」をその場できっちり書くのは なかなかに疲れます。
色紙はお代をいただきますが お客さんの願いや思いを受け止めることが難しいです。書体や画面構成は一瞬で決めます。お客さんと私の思いが共鳴したときが大いなる喜びです。
パフォーマンスは気合いであります。
あれこれ考えません。「お題」を心で受け止め一気に書きます。
あれこれの技術は計算しません。
今までに身に着いたものが爆発するのです。
そのためには 毎日の鍛錬が必要です。早朝に毎日取り組んでいます。

今年はスムーズに「心」を表現出来たように思います。
来年はもっともっと進化してみなさんにお会いしたいと思います。
ありがとうございました!
風龍
2018/12/05 12:17
直感で受け取るものも多々ありますが、やはり一番凄いのは龍一郎先生そのものであり、先生の生き様です。

若かりし頃は闘い抜き、壮年期に入ってからは、書を通して様々な後方支援をされています。

先生ーっ!何時も特別な書を有難う御座います。先生の魂は、しっかり受け継いで行きます。

有難う御座いました。


タウリン
2018/12/05 13:19
私も、是非書いて頂きたい、言葉があります。
その日が来るのを楽しみに楽しみにしています。
秋千代
2018/12/05 14:20
毎年、泰三君から龍一郎先生のカレンダーが届く。
昨年は色紙まで頂き、印刷ではわからない自筆の凄さに感銘を受けた。
実際に目の前で書いてもらいたいという願いが今回叶いました。
事前に泰三君から「最初は書いてもらうことを決めといたほうがいいよ」と言われていたのですが、29日当日の朝になっても迷っておりました。そうこうする内、泰三君から電話がかかり「今ならお客さんの波が途切れたので、すぐ書いてもらえるよ。お昼前になると混むから!」
そら急げと病院の駐車場に行くと、タウリンさんとバッタリ!先ほどの電話のことを話すと、
「いや〜、松下先生はお客さんの波が途切れることが心配なだけですよ」とバッサリ!そんなもんかなーとは思いましたが、このプログを見て、さすが泰三君の最高の理解者、ツインソウルのタウリンさんは何でもお見通し
だなと敬服いたしました。

病院の待合室に入ると2名ほど先客がいらっしゃいましたが、ほどなく自分の番になり龍一郎先生と初対面です。「さて、何をお書きしましょうか?」と聞かれますが、対座した瞬間から、その半端ないやさしさのオーラにに包まれ、あ でも い でも何でもいいから書いてもらえればいいやという気持ちになっています。
その心中を察したのか横にいたタウリンさんが、「私がサポートしても宜しいですか」と、ハッと我に返った私「お願いします。」とお任せします。

yoshi
2018/12/05 15:27
続投です。
そこでタウリンさんが、この人は松下先生の同級生で、名古屋から来ていて、来年大きな転機を計りたいと思っているがそれに向けて何か言葉を送って下さいとお願いすると、「具体的には?」という先生の質問には私が説明をさせていただきました。
「わかりました」と先生、筆をもって色紙に向かいます。さあ何が書かれるのか筆の行先をドキドキ、ワクワクしながら見守ります。そして出来上がった文字は
『 飛翔 』

「この言葉のように来年、大きく飛び立って下さい。」と先生に言われ、ジーンと熱くなりました。

同時に飛び回るためには身軽な方が良いに決まってます。今、自分が行っている思い込みやネガティブな考えの受け入れと切り離しが出来、飛ぶ準備ができたなら、後は何も考えずに飛び立つのみ!
来年に向け力強い言葉を書いていただき行ってよかったと、感謝しています。ありがとうございました。
時間の都合上、ライブパフォーマンスを見ることができなかったのが心残りです。来年は是非!
yoshi
2018/12/05 15:31
しつこい様ですが続投です(笑)
私の次はタウリンさん、さてどんな文字が書かれるのか
凝視します。龍一郎先生、色紙の真ん中あたりに筆を置くと一気に○のみ!
えっ!○ってどうゆうこと??
タウリンさん曰く
「あー、やっぱり文字じゃない気がしてたんだよなー」
「ありがとうございます。」
説明も受けないまま席を立つタウリンさん。もはやこの二人には言葉は必要では無いのか?
そこで、私がタウリンさんに質問
「○って、どうゆう意味なんですか?」
タウリンさん
「この○の中の白い部分に意味があるんです。」

「その白い部分から何か出てくるんですか?」
タウリンさん
「出てくるんではなく、そこに私が入っていくんです。」
ここで、凡人の私は、この方の領域には到底及ばないことを悟り質問をやめました。
タウリンさん、よかったらその先を説明して頂けませんか?
気になって仕方ありません。
yosi
2018/12/05 15:46
僕も気になって仕方ありません。

達磨大師…

失礼にあたれば、すみません。。

2018/12/05 16:59
秋千代さん、、その日が来るのではなく、秋千代さんが自分で行動を起こして来るだけですよ。

自ら行動しなければ何も変わらない日々の繰り返しですからね。

楽しみに本気で待っています!


出勤前に潤君から電話がありました(笑)

〇の事が余程気になったみたいですね!

では、よしさんの為にも解説をしますね?色紙の中に書かれた〇を見るのではなく、○によって描き出された空間、余白をみるのです。つまり墨で描かれた〇に目をやるのが凡人(笑)その○によって生まれた白いスペースにメッセージを感じ取る事が出来るのが変人(笑)なのです(笑)

龍一郎先生は風をイメージして書かれたそうですが、私には回転するエネルギーか中心に向かい核心(コア)に迫って行く景色が見えました。

はい、真理の追究ですね!!

今一度風を吹かせて、まだまだ囚われている数多の現実を吹き飛ばして前へと突き進む!!

とまあ瞬時にそう感じたのです。

同じ空間に居ても感じ方は、人それぞれです。

いかに柔軟な思考で日常を読み説き楽しんで生きるか!

それをやって行けば、誰だっだって違う景色や世界を心眼で見れるようになりますよ。

よしさんこんな解説になりましたが如何でしょう。
タウリン
2018/12/05 23:06
この〇との出会いは、次へのシンクロへと繋がって行きます。関心のある方は、これからFacebookへ投稿しますので、後ほど田浦勝也で検索してみて下さい。
タウリン
2018/12/05 23:09
今年も龍一郎先生に素晴らしい書を書いていただきました。
「覚醒」と「翔」。今の自分にぴったりの書を書いていただけたと思っています。
この言葉の力を借りて頑張っていきます。

ライブパフォーマンスに参加できなかったのが非常に心残りのため来年リベンジします!
美豚
2018/12/05 23:54
タウリンさん、解説ありがとうございます。
(いかに柔軟な思考で日常を読み説き楽しんで生きるか!)

はい、このことが一番大切だということは良く解ります。

私が未だ凡人なのは、顕在意識に囚われ過ぎて、本来人に備わっている潜在意識で物事を見て感じることが出来ていないからですよね。最近、いろんな事が少しずつわかりはじめています。
タウリンさん、これからも的外れな質問をたくさんするかもしれませんが、宜しくお願いします。
facebook 見ました。いつもながらミラクルな写真と映像に驚かされます。
yoshi
2018/12/06 08:06
よしさん、凡人の先も変人でしかありません(笑)日常を柔軟な思考で楽しんで下さいね。

ビー玉投稿見ていただき有難う御座いました。
タウリン
2018/12/06 12:51
今、すぐには行くことが出来ませんが、2年後を目標にしたいと思います。(笑)先生のブログを見ていると、ここに書かれていることは、本当かな?ここの人たちは、本当に存在するのかな?自分が思ってる、話したいことを、話てる人たちがいるんだな。
私も、その中で、思ってることを話してみたい。
今は、そう思います。長崎行きたいな〜。



秋千代
2018/12/07 14:08
秋千代さん、気長にお待ちしております。

そして私も是非という方は、遊びに来て下さいね!
タウリン
2018/12/07 20:07
「覚醒」色紙ありがとうございました。字が素晴らしいのは言うまでもなく、やはり凄くパワーを感じました。まだまだ「覚醒」していない若輩者ですので、松下先生、来世では是非私を拾い上げて下さい〜っ(^o^)

佐世保に来てもうすぐ5年になります。早いですね〜。ブログの画像を拝見するかぎり前と全然変わりなくお若くてパワフル!私は少々くたびれてきてます(笑)。毎日1人でも多くの人の「眼」と「心」に灯がともるように頑張ってます。
eyeを込めて
2018/12/08 14:44
『eyeを込めて』さん、久しぶりの投稿です。
『eye・・・』さんとの前世の関係は深い、なのに今世ではなかなか振り向いてくれない(笑)(こんな人、何人かいるんだな・・・)。
彼は孤高なのだ。
我が道を生きる彼は人生を楽しんでいる。
一個前の前世では、彼は人のためにトンネルを掘り、掘りながら死んでいる(こんな話ありましたよね)。
レベルが高いのだ。
今世も彼は人のために生きている。
共に動くのは来世なのかな・・・。
TAIZOU
2018/12/09 11:01
何気にテレビをつけたら、長崎での旅番組が放送されていました。「あれが、普賢岳ですよ。」と遠くにですが景色が映っていました。その後に、見た番組にも長崎が…。
これは、何かのお知らせかな???

秋千代
2018/12/10 22:15
秋千代さん、お元気でいらっしゃいますでしょうか?
一昨日の日曜日は棟方先生のセミナーが松下先生の2階で催され多くの方々が参加されました。久しぶりにお会いする方とは当然ですが初めて参加する方ともとても親しく、楽しくお話ができ大変賑わいました。
それぞれが皆んな心のずっと奧で何か繋がって求めているものがあるのでしょうね。
お会い出来るのを心より楽しみにしております。
facebookをされているのであれば
徳永 東紀で検索できますので友達申請して下さい。
ついでになってしましましたが
松下先生お疲れ様でした。
様々な多くの方々とこ縁を頂ける場を提供して下さり今回は悪ふざけ無く心より感謝申し上げます。
更にパワーアップしてより多くの方々が寄り添い、この地から地球が平和で愛で満たされますようお祈りします。
本当にありがとうございました


金魚
2018/12/11 22:46
金魚さんありがとうございます。神との対話、質問と答えを自分の気持ちに沿わせて、繰り返し聴いています。潤さんが言っていた、「同じ場所をぐるぐる」は、私にとっては、神様への質問だったように感じます。すぐすぐには、神様に言われたようにならず、じゃあ、次は、次は…の、ぐるぐる繰り返し。
「疑わずに信じてみる」ことなんだと思います。考えてみたら、言われたようになってるな…。
来年は、神様の御神託を信じて、自分作りの年にしようと思います。
Facebookはしていません。教えてくださりありがとうございました。
ここで、皆さんと会話できることに感謝。いつか、お会いして「あのときは、こんなことを考えていたんです。」と直接話せることを楽しみにしております。
秋千代
2018/12/12 13:48
松下先生、失礼ながらこの場を借りさせて頂きます。
秋千代さんへ
youtubeの神との対話 完結編25
において何故、苦闘し藻掻くのかその理由と目的が述べれています。これは自分自身にとってもずっと探していた答えであり救済でした。
秋千代さんにもぜひ聴いて欲しくこの場を借りて投稿させて頂きました。ありがとうございます。

金魚
2018/12/13 13:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
龍さんの個展終了 いやー、また奇跡が起きた・・・ たいぞうの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる