○スピリット波動協会の棟方興起先生から出してもらった前世に鳥肌・・・②

皆さん、どのように感じたでしょうか?
自慢しているわけではありません。これを出したわけは、まず人は生まれ変わるという事実を知って欲しいから、そして、魂の仲間達を捜したいから・・・。

読めば読むだけ深い文章です。

【情熱という使命を持って生まれて】・・・ボクはよく「情熱の皮膚科医」と言われます。
情熱って大好きな言葉です。よく診察中に患者(若い女性が多い)から笑われます
「先生、何でそんなに一生懸命なんですか」と。

【音の輝きと心を合わせ持った者】・・・パティオ、香音天のカオンさんなど

【人々への大きな愛情を持った人】・・・我が母(観音様が付いている)、我が4人の妹達、我が妻、我が医院のスタッフ達(特に川口婦長)など

【世の中を導く者たち】・・・棟方先生、佐世保の大石先生、MIRAIさん、福岡の盛田先生、松尾功会長など
上の人々と集まり大きなエネルギーを巻き起こすことになるのでしょうか。

【島の王様と出会うこととなる】・・・棟方先生によると、王はパティオ。まさしく、パティオとの出会いは必然であり、大きなきっかけとなるのだろう。

【島から平和に繋がる実行実現橋を架けることを決意することとなる】・・・これは本当の橋ではなく、世の中の宝を伝え、平和への道を作る、ということではないでしょうか。

【その橋には素敵な彫刻が施されたり、絵や文字が描かれ、夢や希望がつづられ、人々に感動を与えていくこととなった】・・・いつの頃から、ボクの周りはアーティストだらけ。
石の彫刻家 野島千里、陶芸家 大石順一(4体の龍を作ってもらった)、書家 井上龍一郎などなど。

【王様が守るこの島には不思議な力の持ち主たちがおり 治癒力を高めたり、疲れをいやしたりエネルギーを補給できる者や神と交信する者などがいた】・・・広島のnazok風天TA-KO佐世保の大石先生(神と会話しています)、MIRAIさん、棟方先生などなど多くの能力者達と出会ってきました(名前を出せない人も多い)。そして、新しい出会いも続いています。

 この文章を、周りの人に見せたのですが、「やってますよね」と言う声が多かった。
確かに、少しはやっている。しかし、もっと大きなうねりを作りたい。そのためには、まずはもっとパワーを持たなければと、真面目にいろんな修行をしています。そして、もっと出会いを作らなければ、来年は気になる人々ともっと真剣に向き合ってみようと思っています。

 来年は変革の年だと、強く感じているのはボクだけではない、と思います。
大きな自然災害の予感もします。
マヤ歴も終わります。
現在の経済システムは破綻の一歩手前ではないでしょうか。
そして何より来年は辰年です。龍が動きそうです。龍は悪いものを吸い取ってしまう、と言われている。
起きる悪いこと(膿)を全部吸い取ってくれ、龍よ!
 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック