たいぞうの部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 『香音天』コンサート in 松下ひふ科待合室  11月2日

<<   作成日時 : 2017/11/13 22:40   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 8

 そのコンサートは午後2時半に始まった。
以前、猪原金物店で数回聴いたことがあった。
スタッフ、常連の患者さん、仲間達が50名ほど集結。

まずは、縄文の笛・・・これでもういってしまった人がいた(ねえ、松浦から来たI社長)。
甲斐カオンさんの笛、そしてその旦那さんの逸朗さんの打楽器、そしてキーボードの都留さん(国東市在住のアーティスト)、この3人が奏でる音。
カオンさんの笛、そして歌(何とも言えない独特な声で歌う、癒される)、逸朗さんの様々な打楽器。

高城二三男氏(元東宝のプロデューサー、新宿のシアターアップルを作った人、現在は島原の某病院の理事、ボクにとってすごく大事な人)が作詞した『Aqua〜島原の聖水〜』(猪原金物店の速魚川をイメージして作った曲)、そして我が娘(香音)のために二三男さんが作詞したのをカオンさんが曲にしてくれた『Birth』も歌ってくれた。
しかし、やはり『Aqua』は名曲だな・・・。
島原の普賢岳をイメージした『Rising〜隆起〜』・・・これにはタロット松尾が痛く感じていた。
他に普賢岳を歌った曲『フゲン』(これも二三男さんが作詞)があるのだが、激しすぎてボーカルがいない、とのことで曲になっていないのでは・・・、是非パティオに歌って欲しいな・・・。

途中、ある絵本の内容を朗読、そしてその絵本を感じてカオンさんが作った歌。
この朗読中、涙した人が多数いたらしい。

まあ、素晴らしいコンサートだった(約90分)。
コンサート後、仲間達からは絶賛の声ばかりだった。
また来年もやろう!


 コンサートの夜、演奏者3人と我が仲間達との食事会、そしてタウリンバー。
タウリンはカオンさんに会った瞬間「あー、龍ですね」。
そう、何故島原にカオンさんがずっと来ているのか、そう龍が呼んでいるのだ。
しかし、カオンさん空気が変わったな。
以前は真っすぐすぎて、痛い所があったが、いい空気になったな(進化しているんだな)。
我が神の声を聞く仲間からいろんな事を言われ、納得の数々。
タロット松尾は相変わらず、絶好調。
最後はカオンさん興奮状態だったな・・・。

次の日に電話すると「島原は濃すぎます」、まだ興奮状態が続いていた。
島原は登竜門、そして松下ひふ科は神が集まる場所(龍達が守っている)。
『香音天』よ、もっと上がれ!!!
世のため、人のために!


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像

※ 当院スタッフと!!





テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
感想も感謝の気持ちもあふれかえっているのですが、今回は先生のこの一言が全てですね!


皆さんに送ります。


もっと上がれ!!!世のため!人のために!



もっと上がれ!!!世のため!人のために!



田浦勝也
2017/11/15 09:57
松下先生今回もステキな音楽ありがとうございました。たまたま妻が仕事休みで、夫婦で参加させていただきました。妻は日頃ストレスのかかる仕事をしていますので、今回の香音天ライブはとても癒された事と思います。また、次回参加させて頂きたいと思います。ありがとうございました。
クレイジートンビ
2017/11/15 20:37
参加させていただきました♪
熊本からの移動だったので
フェリ−時間いっぱい(60分間)聞きました。
後半さらに深まったようで、聞きたかったなあ〜。
『香音天』 

私、個人としては、カオンさんの声、歌・・・
空の彼方から、舞い降りてきたかの声は究極の癒し
つかめば消える幻のような夢のような・・
優しい歌はファンタジ−
笛の音色は、ハ−トに響く。
『香音天』 

以前、熊本では、南阿蘇の田楽村で演奏されたようで・・・
仕事で、老人施設、保育園によく行くのですが、
この、素敵な癒し演奏、絶対うける!
っと思いました。
その時がきたら、松下先生にご相談いたします。
今回も素晴らしい企画を、
ありがとうございました。
病院のスタッフ様方も笑顔で素敵でした。



夢華
2017/11/16 09:48
人それぞれ魂にひびく音。
痺れる程心地良い音色。
魂が覚えてるんでしょうね。


2017/11/16 20:22
そう、清さん
心地良いのです!
そう
夢華
2017/11/16 22:45
公演後、カオンさんが言っていた「会場の空気感がよく、気持ちよく演奏ができた」。
写真でもわかるが、演奏者の後ろに龍の壁(黄色の壁、金龍をイメージ)と水の流れが見える。
龍達、喜んだことだろう(嬉)。

タウリンが言っていた「先生の演奏前と、後の挨拶。後の挨拶の時、5歳は若返っていましたよ」
皆さんが喜んでくれた、そう思うだけで、プラスの香音天さんの演奏でそんなに変わるんだ・・・(驚)。

これからもこのようなコンサート、続きますよ。
バンドネオンの世界一奏者「川波幸恵さん」、このコンサートにも来ていた(ボクの隣に座っていた女性)ボクのサックス教室の先生「陣内先生」などなど、やりますよ・・・。

そうそう、まずは、2月18日のパティオコンサートだな。

TAIZOU
2017/11/17 14:05
パワーあふれる松下先生、奥様、そしてお集まりくださった皆様ありがとうございました。
コンサートの準備から後片付け、そして楽しい打ち上げもご用意下さり、本当にお世話になりました。

先生の日記を拝読しましたら、思い出してまた盛り上がってきてます♪

会場の氣、光、とても心地よく、龍神様に見守られている感じがたしかに・・・・手ごたえありました。

これまで島原をテーマに、高城先生の歌詞から曲を生み出すことが出来たのも、龍神様のお導きなのでしょう。

島原初訪問から今年で10年目。
ありがたいことです。

日本列島を貫く、中央構造線の東から西まで、大地を走って感じる龍神のご神体「日本」。

その最西にそびえる普賢岳を歌った「FUGEN」。
いつか実現しましょう!
パティオさ〜ん!
kaon
2017/11/22 00:01
カオンさん、コメント有難うございます。
あれ以降も、聴きにくれた人から「笛は始めて聴いた」「いやされた」「天使の歌声だったね」など、様々な声が聞こえてきました。
やって良かった・・・。

「FUGEN」是非実現したいですね。
パティオには言っておきます。
TAIZOU
2017/11/22 15:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
『香音天』コンサート in 松下ひふ科待合室  11月2日 たいぞうの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる