たいぞうの部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS いざ鹿児島へ(高千穂神道 金城さんの所へ) with Dr.山口 A

<<   作成日時 : 2017/03/12 18:02   >>

驚いた ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 17

 午後0時半頃、金城さんの所に着くと、夫婦で出てくる(優しそうな旦那さん)。
始まるまで作戦会議。

さあ、始まる。午後1時から3時間(90分ずつ)。

@Dr.山口との前世(1600年前)での関係

 『ヨン・ドンゴン(松下先生)は武力を持って戦いに果敢に挑む立場であった。
できるだけ死者を出さず、争いを上手にする長であったけれども、どうしても亡くなる者が無ではなく、亡くなった者に対しての遺体の収容から弔いまでをこの山口先生がなさっていたようです。
山口先生はモンゴルの王で、法王(法僧)と呼ばれていた。
今でいう住職や神職のような儀式もしつつまた、死者の魂を、しっかりとあの世へ送る霊的能力もあったのです。それゆえ、死者の魂の声を聴き、ある者は家族の元へ、ある者は自分の栄光を記さんがためにその地に埋葬されることを選んだり、そのようないわばある意味、ヨン・ドンゴンの後方支援をされていた方。
やはりあの頃は、命を無下にすれば死者の魂によってさわりもあるということを重んじていた時代なのでヨン・ドンゴンがそういったことを気にすることなく、道開きができるように後ろ盾をしていた方と思われます。

直接ヨン・ドンゴンがお願いしたわけでもないし、こういうことをしますからお許し下さいという感じで山口先生がかかわったわけでもなく、いつの間にかそういったラインになっていたようなんです。
風のうわさで知っているくらいではっきりと何っという固有名詞は知らなかったと思います。
今、すっと呼び名を呼べないのは、どこか直に接していないので相手に多少の猜疑心もあり懐疑心もあるゆえ、その頃の記憶がまだあるのではないかな。
けして敵ではないけれども何者ぞというのがあるのかもな。
なので、今世は間に人を入れずお互いを知り合うのも一つ、出会った意義そこにあります。

やはり共に何かをしなければならないというのは、あの頃、一と十をそれぞれ担っていた人達だから直結したいと繋がっている。
これを最短距離で直結したいという何かがあるのだろうな。
始まりと終わり、真逆のようであり実は同じ地点。
今のところは仕事上でというよりも、まずは想念を持ってお互いが光のアンテナとなり、終わりをこのようにするためには始まりをこうスタートしなければならないとか、また反対に始まりをこうしたから終わりをこうしてくれとか終始の関係。
想念の世界で、目に見えぬものや実際に触れられる形あるものでないものを互いにキャッチボールし、この世の波動や時空を扱うこと。

映画で例えると、3Dと4Dの違いの機能にあったりする。
要するに、世の中の人は縦・横・奥の世界、3次元の世界、しかし四次元の世界、縦・横・奥を3Dと例えるならば、この世に見えないけれども存在する意識のようなもの、これを4つ目のDと換算してそこを扱う人達じゃ。』


 以前、神の声を聞く仲間から、ボクの一番今世に影響を与えている前世(1600年前の朝鮮半島の大きな部族の長、名をヨン・ドンゴン)の時の国王仲間と言われていたDr.山口。
詳しく聞いてみたく今回金城さんに聞いてみる。

何度、聴いても鳥肌が立つな・・・。
そんな深い関係なんだ。
始まりと終わりか・・・。
波動や時空を扱うんだ。
タウリンに言わせると、「二人とも、もうやっていますよ」。
金城さんも難しすぎて、よくわからない、と言う。
波動協会の棟方先生の世界だな。
金城さんによると、役割分担がある。
棟方先生、Dr.山口、タウリン、ボク・・・皆、光のアンテナを出している。
役割が同じ人は近くには現れない。
だから、始まりの役割の人は、ボクの周りには現れない。
日本中にいるんだろうな・・・。
ボクにとっての終りの役割の人、Dr.山口以外にもたくさんいる、と言う。
面白すぎる!

数日前、神の声を聞く仲間に「彼を何と呼べばいいんだろう?」と聞いてみた(上にあるように「山口先生」としか呼べないんだな・・・、こんな意味があったんだ)。
すると、深める関係で【マルロ】、天と地をつなげる関係で【タルカ】と上から出た。
どっちがいいかな・・・。
今度、これで呼んでみよう。
馬と龍が出る、とも言う。
タウリンに問うと、その馬は「麒麟ですね」と言う。
ボクが龍で、彼が麒麟か・・・。



ADr.山口とのその他の前世での関係

 『宗教革命。
イスラム教・ヒンズー教、このあたりの宗教革命で対立した時があります。
ようは宗教合戦のような信者を増やす方向で互いに自分の宗派へ取り込む事をした過去があります。
戦争というよりは相手の宗教の良きところは受け入れ認め、さらに自分の側が認められるように説法なりまたその悟りなりを整えていった言わば相手がいたからこそ自らのスキルを上げられた、という異なる立場ですが切磋琢磨の関係。
相乗効果の関係であった。』


 ボクと彼の前世での関係は、大きなのはこの二つらしい。
彼に対する考え方、変わったな・・・。
どちらにしても、すごく意味がある関係だ!
何を二人でやるんだろう・・・・・。


 長くなったので、続きはBで。










テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(17件)

内 容 ニックネーム/日時

面白い…じつに面白いですね。

松下先生と山口先生どちらも知っているので、実に興味深い話しです。


最近思うのですが、生まれ変わり、転生を前提に出会いを考えて行けば行くほど、現世の不思議な人間関係の謎が解けて行きます。


ある意味俗に言う腐れ縁にも意味があったりします(笑)

これがカルマ『業』だったりしますが…。

読者の方々には、少し難しいかもしれませんが、次の書き込みを待って、深いコメントをしたいと思います。



田浦勝也
2017/03/13 23:03
なるほど。。

カルマ…ですか。。
なかなか一言では語れない部分だと思います。
カルマと言えば、世間では、過去世で相手に対して犯した罪を償う…などの意味で思われているのが大半だと思うのですが、
それも含め、相手を通して学ぶとか、
地球上の陰陽の関係、1つとしてのバランスの様にも思います。

おっ!そうだ!
松下先生、山口先生、そこに田浦さん!
陰陽+中道=無限!
そんな風に感じました。

2017/03/14 16:00
相手を通して学ぶ・・・いいね。
ボクが始まり、Dr.山口が終わり、じゃあタウリンは?潤君は?
TAIZOU
2017/03/15 08:30
旅路に例えるなら、松下先生が旅の始まりで、潤君が迷子(笑)私が途中で拾われた野良犬(笑)で、山口先生が終着点。棟方先生が太陽で、金城さんが地図。なんて事を考えると面白いですね。
田浦勝也
2017/03/15 17:38
僕、迷子ですかー(笑)
そうですね。
しょっちゅうグルグルしてます。
でも「解らない」って事だけは、しっかり解ってます。
これは田浦さんの教えです。
これだけで、だいぶ楽になります!
感謝の思いでいっぱいです!
ありがとうございます!!

2017/03/16 01:06
迷子の潤君と野良犬の私が出会って、旅のお伴をするわけよ。

楽しそうじゃない?

(笑)
田浦勝也
2017/03/16 11:17
私も、その旅に一緒に行きたいです。金城さんが地図というのは、なんかわかるような気がします。(笑)ご神託を頂くときも決して強制はしないですもんね。「見えること」を教えて頂き、それをもとに、どう動くかは、自分ですよね。
秋千代
2017/03/16 15:18
旅のお伴!楽しそうですね!!
オズの魔法使いとか、不思議の国のアリスとかを連想しました。
でも、もうやってますよね(笑)

秋千代さんも既に参加してると思いますよ?
コメントの書込みが何よりの証拠ですよ(笑)

田浦さん、カルマ『業』…
そろそろ聞きたいですσ^_^;

2017/03/16 17:16
カルマ『業』は、あって無いようなものです。

現世のカルマとは、現在の自分自身が作り出した執着や、なし得ない事への言い訳がほとんどです。

前世からの因果応報を考える前に、今の自分自身の思考の根幹を(愛)へと変換するだけで、
見える景色が変わって来ます。

大切なのは、心の在り方ですね。

潤君…またお会いした時に、ゆっくり語り合いたいですね。
田浦勝也
2017/03/16 20:15
近々長崎に行けると思います。

是非、ゆっくりお話しさせてください!

旅の話をしたいですね〜

2017/03/17 05:34
笑...

山口先生と金城さんところに行ったんですね!
山口先生とは何回か飲みに行ったのですが
ものすごくパワフルで、特に酒の席ではノリが
良すぎて面白すぎです。

その山口先生と松下先生の前世での関係は興味がありました。
法曹であったとのことで、松下先生の立場とは違います
が陰で国民のために別の役割で支えてあったとは、面白いです。
しかも、前世は全然立場違いましたが、今は同じ立場で
お二人は人を救う医者であり、面白いですね。

前に、「前世リーディング」という本を読んだのですが
その中にも前世で散々してきた経験と真逆のことを
次回生まれ変わるときに人生の課題として与えられるのだそうです。
例えば、戦争に行っていた戦士であれば、次回は人を救う医者というように、何回も立場と役割が入れ替わり
魂が成長していくのだと書いてありました。

山口先生、松下先生は時空を超えて何回目の出会いなのでしょうか?
しかも今役割が同じ医者というのも面白いです。

今週末お二人に福岡で会う予定です。
ゆっくりお話を聞かせてください。
楽しみにしています。


K
2017/03/17 15:12
K社長は、どんな役割なんだろう?

週末はまた美味しい酒が飲めそうです。
酒豪二人には付き合ってられません(笑)からボクはちょびちょびと。
盛り上がるだろうな・・・。
TAIZOU
2017/03/17 17:47
あ〜面白い。

前世から今世そして来世へ…。

終わりなき旅が始まろうとしています。


この次元の変化をいったい何人の人が感じているのかなぁ・・。


全部ひっくるめて、それぞれが皆自分の道を歩き出し、待ち合わせ場所に集まる。


今は、そんなタイミングですね。


3月20日で宇宙的に大きな変化があります。


さぁ皆さん・・出発の時が来ましたよ、、。


気づいていますかぁ……!
田浦勝也
2017/03/17 21:14
3月20日、いろんな所で目にする日だな。
次元が大きく変わるんだろうな。
宇宙的な大きな変化か・・・。
大きな変化だな・・・。
その変化の時をDr.山口、K社長と過ごす。
19日の夜は福岡のバー『ジーブラ』で、バンドネオンの世界一奏者川浪さんのコンサート。
終わった後も飲み続けるので、午前0時を過ぎ20日に突入するだろう。
面白い。
感じる人は変わり(上がり)、感じない人はどうなるんだろう?
落ちていくのだろうか・・・。
まあ、変わらないのかな。
今こそ、精神世界に目覚めなければ・・・。
皆さん、覚醒を!
TAIZOU
2017/03/18 08:30
3月20日の事をFacebookなどを見ていると大勢のスピリチュアルな人が大きな変わり目だと言っています。


先生と何度かこの日についてお話ししましたが、深く読み取ってみたら、我々には、な〜んも影響ないみたいです(笑)


万物は、全て宇宙からの影響を受けているわけですが、覚醒した人間は、宇宙的に向けて何をすべきかの使命を受け入れた人達です。


本来の姿を見失ってしまった人々に、『愛』と『感謝』と『ありがとう』を取り戻させるのが私達の使命です。


それぞれ立場で、それを伝えてくれる仲間を探し増やして行くのが
私達です。


宇宙的に影響を与える側に既にたっているのです。


今日は、メンター(師)クラスの会合ですね(笑)


仲間と楽しみながら語り合うのも、愛の活動です。


気をつけて『愛』の普及活動をしてきて下さい。


田浦勝也
2017/03/18 13:18
K社長をリーディングすると『温故知新』

『フロンティアスピリッツ』

『ナビゲーター』

三つのワードが浮かびました。


古きを知り新しい言葉で人を導く旅先案内人といった感じでしょうね。

松下先生が始まりで山口先生が終わりなら、K社長は、第一歩を踏み出す人なのかもしれませんね。


人類は、原点へ回帰し新しいメゾットで時を刻んで行くべきでK社長は、その開拓者なんだと思います。


田浦勝也
2017/03/18 18:10
K社長、その通り!
じゃあ、パティオはどんな役割?
TAIZOU
2017/03/19 10:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
いざ鹿児島へ(高千穂神道 金城さんの所へ) with Dr.山口 A たいぞうの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる