映画『マトリックス』を観かえしてみた・・・おー、わかる!

 12月17日(金)公開される映画『マトリックス レザレクションズ』

マトリックス レザレクションズ.jpg

『マトリックス』は、1999年に公開された。
マトリックス.jpg

アカデミー賞4部門(視覚効果賞、編集賞、音響賞、音響編集賞)を受賞。
史上最高のSF映画の一つとされている。
「MATRIX」はラテン語の「母」を意味するmaterから派生した語で、転じて「母体」「基盤」「基質」「そこから何かを生み出す背景」などの概念を表す。
本作では、コンピュータの作り出した仮想現実を「MATRIX」と呼んでいる。
続編『マトリックス リローデッド』

マトリックス リローデッド.jpg


『マトリックス レボリューションズ』は、2003年に公開された。

マトリックス レボリューションズ.jpg


で、今回、新しい『マトリックス』を観ようと思い、それではと、前3作を観かえしてみた。
皆さん、以前観たのにと思っていたのに、全然覚えていないって事、多くありませんか・・・。
『マトリックス』、チンプンカンプンだった事しか記憶になかった事にビックリした。

いやー、面白い映画だ。
【仮想世界】、まさしくその通りだ。

皆さん、【アカシックレコード】って、知っていますか?
[元始から全ての事象、想念、感情が記録されているという世界記憶の概念。宇宙誕生以来の全ての存在について、あらゆる情報がたくわれているという記録層]
ボクの解釈としては、全ての人間の前世・現在・未来の行動の記録が全て、ある場所に書いてある。
という事は、その台本通りに、我々は動いているだけ(目の前でドラマが繰り広げられている)。
まさしく、【仮想世界】だ。
仲間の霊能者に寿命がわかる人が数人いる。
まあ、台本通りだからな。
宇宙人まんじ君がよく言う「過去、現在、未来なんてない。全ては球体の中にある」
まあ、その通りという事だ。
だって、全ては決まっているのだから。


少し、脱線。
我がメンター、スピリット波動協会の棟方興起先生が、数か月前にインドの高名なチャネラーであるソーラー博士のアカシックレコードセッションを受けた。
それによると、先生はひとつ前の転生においても、波動の達人だったようで、今回の転生は、波動を通じて世界に癒しをもたらすために、再び地上に戻る約束を果たしての事だそうです。
アカシックレコードより先生へのアドバイスは、宇宙の創造全体から送られる波動のエネルギーは、愛によって濃縮、強化されるので、太陽のように輝く愛の力を身に着ける事によって、これまで以上の波動パワーが出せる。
波動のエネルギーは愛に触れて初めて、癒しの力を遺憾なく発揮するとの事でした。
また、先生の波動の知識は、現在のところ小学3年生のようなもので、霊的な世界にいる波動の巨匠達は、先生のような人が地上で、波動士として人々を助け精進している事をとても喜んでおられ、今後は先生が大学院の博士号を習得する程のレベルまで導いて行きたいと思われているそうです。
既に、長年研鑽を積まれている先生ですが、活躍は20年程続き、ご自身の波動のレベルアップと共に、後進を育てるべく活動もされるそうです。

上の文章は、波動協会の【コズミック通信】に載っていたものです。
地球で5本の指に入ると言われているパワーを持つ先生が小学3年生レベル、って事は先生、どうなっていくんだろう(驚)。
ボクも一緒に上がりたいな・・・。
ボクも今年の初め頃、このセッションを受ける予定だったのですが、コロナの影響でキャンセルになっていた。
やはり、受けてみよう・・・。


 我々人類全ては、宇宙ビックバンの時からの記憶を持っている。
考えると、その通りだな。
全ての始まりはある一つから始まっている。
その何かから始まり、今がある。
それが潜在記憶なんだろう。
全ての記憶を持ち、仮想世界を生きている。
実に面白い!
演じている自分を遠くから冷静に見つめる自分がいた方がいい。
ボクはそれができているのだろうか・・・。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

BEGIN
2021年11月28日 12:25
今回も楽しくブログの方を拝見させて頂きました。
ありがとうございます。
マトリックスの世界観が私も好きで、何度か観たことがあります。
仮想世界と現実の違いはどこから見るかなのだと私は思っています。
広い視点や、多角的に物事を見れる人が成功者には多く感じます。
そういう人を異質と周りは捉えますが、その人たちには周りの人が異質と感じているのだと思います。
また、先生がおっしゃる様に記憶は種の発生の時から遺伝子の中に実は残されているのではないかと思います。
記憶野など脳の機能が解明されていますが、心臓移植した人がまったく覚えの無い記憶を思い出すなどといった事例も過去には多くあったと思います。
遺伝子にもやはり脈々と何かしらの形で記憶が残っていて、保存されているのではないのかなと私は考えています。
こう
2021年11月28日 12:58
同じ生物間にある共通認識が潜在意識として確立されていると思います。
例えば
人間から見ると食物連鎖や環境循環など上手いようによく出来た生物循環システムだと感じる事もありますが他の生物からすればそれは全く関係のない話だと思います。にも関わらず必要な生き物の種類と数の調整が自然と調節されるのは、地球生物が潜在記憶として受け継ぎ全体のバランスを保っているのではないでしょうか?
食べたいだけ食べるではこのバランスは保てません。
そこには動物と植物の様な大きなジェネディクスの違いがある生物でも同様の働きがあります。

生物の行動は、視覚情報やその場の環境情報(温度・光度など)の感じ方や見え方で変わりますが、より生存に関わる行動に関しては上記の条件が異なっても、同じ行動を取ることが多くあると思います。

生物学的には本能と言いますが、それはある意味、この世界にある共通記憶は第六感によって認知され、自分の考えよりも優先的に体に信号を送れるものではないでしょうか?
私はこのような世界ができた理由として1つの意思もしくは事柄が波及していき、この世界が組み上がっていると感じます。
まんじ
2021年11月28日 17:44
来月「マトリックス レザクションズ」が
公開されるということで、僕は
「マトリックス 3部作」をアマゾン•
プライムビデオで観ました!

前作から時がかなり刻まれているので
松下先生と考えることは一緒ですね(笑)

それと松下先生、ブログ内で名前を
出して頂き有難うございます
最近は過去や未来への関心が、どんどん
薄まっていることに気付いている自分を
楽しんでいます(笑)

また「NFTの教科書」をKindleで購入し
メタバースの世界観に興味を持ち、
「NBA TOP SHOT」を購入しながら
「NFT」に触れています

ところで「アカシックレコード」ですが、
僕の感覚ではその存在に限らず、自己の
内から溢れ出てくる意識に従うことだと
感じているので、それが存在していても
いなくても全く気になっていません

ソーラー博士のように、そこへアクセス
出来ることは素晴らしいことですが、
僕はたまに思い出す自身の記憶や
出来事を楽しむだけです(笑)

先日、石垣島へ遊びに行った際に体験した
変わったエピソードについては、
次回お逢いした際にお話ししますね!

それでは来月お逢い出来ることを
楽しみにしています
夢華
2021年11月28日 20:29
マトリックス。面白いですよねー。
最近BSで連続で放送してるのをはまって見てました、新作映画の宣伝だったようですね。
1作目のマトリックスが1999年。衝撃でした…
ノストラダムスの大予言1999年人類は滅びる説もありましたし、なんか懐かしいです。
マトリックスという仮想世界があるあるならば、住んでるマンションの扉を開けた瞬間でしょうか、そこは夢か幻か、プログラムで作られた世界で私は私を演じているのかもしれません。
真実はマンションの扉の中…心とでもいいましょうか、そこはいわゆる楽園。
なんか面白いことになってきました。
必ず人は死ぬわけで、その寿命も決まってるならば、自分の生き方くらい自分で選択したいですね。
マトリックス新作は完結編なのでしょうか、どんな結末か楽しみです。


TAIZOU
2021年11月29日 10:47
皆さん、コメント有難う。
面白いね・・・。
学者達(ある研究室にいた二人 BEGINさんとこうさん)のコメントは深いね。
続きを書いて欲しいな・・・。
2021年11月29日 22:45
マトリックス映画館に見に行きましたね
もう22年も前⁉なんですね

当時マトリックスを見ても、その数年前に見た
日本のアニメ「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」を見ても
正直、想像ができなくて
ちょっと損した気になったことを覚えています

数年前、映画「レディープレイヤーワン」を見て
ブロックチェーンやVRも相まって
最近はようやく想像できるようになりました


当時この世界観が見えていた創造主達は
今度はいま何が見えているか気になるところですが…

「仮想世界」
その世界の中にいたとして、個々がとる行動はその意識が決めるので
実は「現実世界」と変わらないのかもしれない

なんて思います


だから決められた台本は、やはり個々にある気がします

「行動」を決めるその意識とは
自然発生的に、突然現れたものではなく
個々がそれぞれの源流から引き継いで持っているように
皆でそれぞれが異なってます


もし、その引き継いでいる個の源流を知り
台本の意味も知ることができれば
今日もストーリーがあって最後に「つづく」と書かれていたはずです


手がかりが見つかると
推理小説を読んでいるようでワクワク
しています!

秋の島原に感謝!
ゆーじ
2021年11月29日 22:47
上記コメントで名前を入れ忘れる失態!
失礼しましたゆーじのコメントです
BEGIN
2021年11月30日 16:25
続きではないですが、申し訳ございません。
こうさん話を拝見して感じましたのが、第六感や、記憶を引き出せる人が何か共通の所から引き出しているとすると、人間という同一種が引き出す場所は、脈々と続いてきた遺伝子という塩基配列ではないかなと思ってしまいました。
その遺伝子には未来のこと、その種の寿命というか絶滅までの期限が書いてある可能性もあり、また、人間がどういう状況におちいったら、こうすると良いのではなど、未来のことも予測できる様な気がします。
少し分かりにくい文章になりますが、申し訳ございません。