『人生を変える私がよく使う言葉』④【人は生まれ変わる。『輪廻転生』を信じると人生が変わる】(1)

 このブログのファンなら、ボクが以前から何回もこの手の話を書いているのは、よくご存じのはずです。
ボクは島原に帰って来るまで(40歳まで)は、無神論者、死んだら終わりと思っていた(小さい頃は、死が怖くて眠れない事がよくあった。それからは、【死】と言う言葉からなるべく遠ざかって生きてきた)。

よくいろんな人に質問する(自分がやる講演会でも)「皆さん、人は生まれ変わりますか?」
はい、と答えるのは10人中2人ぐらいかな。
ボクの仲間達は、皆、はいと答えるが。
時代が昔になればなるほど、はい、と答える人が多かったのでは、と考えるが、どうでしょう。
昔の人は、風(自然)を感じて生きていました。
自然に対して、畏敬の念を持っていました。
見えない何かを、感じていたはずです。
資本主義社会では、生まれ変わるっていうのは、不都合なのです。
為政者にとっても、不都合です(いろんな意味で。考えれば、わかりますよね)。
死ぬ時は、あの世に何も持っていけません(そう、物は要らないのです。必要最小限でいいのです)。
経験により、自分の霊格を上げていく、その霊格で、次の来世が始まるのです(いかに、今世を生きるかです)。

生まれ変わると、思った方が、楽になると思いませんか?
生まれ変わるんだと、自分に断言しましょう。


 ボクは、いくつの前世、そして来世を知っているのだろうか。
過去のブログを見ると、わかります。
まず、ボクの前世を初めて聞いたのが、猪原金物店で。
もう17,8年前(?)かな。
その頃、ボクの前に次から次に霊能者達が現れボクにこう言う「あなたは立たなければならない。あなたは凄い人」
これまで生きてきて、自分は大したことがない、とずっと思っていた。
変な男だな、とは思っていたが(笑)。
まあ、頭がチンプンカンプンになっていた。
そこに現れたのが、全てが見えてしまうお坊さん龍雲先生(凄い修業をしていた。空海が眠る所によく行っていた「空海は生きています」とよく言っていた)。
龍雲先生が言う「あなたの今世に最も影響を与えているのは1600年前の朝鮮半島の大きな部族の長」
それ以降、いろんな事が判明する。
鹿児島の霊媒師 金城慶子さんは、その姿もハッキリと見えていた。
「小さくて、ちょび髭をはやしている。とんちのきいた人です。流血を好まず、部族を大きくしました。名をヨン・ドンゴンと言います」
金城さんとの出会いも、最初は竹を扱う(アートにする)大分の女性の霊能者から紹介された。
彼女は20歳頃に突然見えだす(いわゆるシックスセンス。いろんな霊が見えてしまう)。
当然、引きこもってしまう。
その後、これではいけない、と修業を開始。
ある程度、コントロールできるようになる。
猪原金物店で出会う(この頃の出会いはほとんどここ。今では疎遠になってしまい、10年以上行っていないが)。
結婚をして、見えなくなったんじゃなかったかな。
出産をして見えなくなる人もいる。
見えるって、危険です。
どのレベルで見えているかです。
キツネ・蛇、いろんなものから憑依されています。
新興宗教の教祖がこれが多いですね。
我がメンター スピリット波動協会の棟方興起先生がよく言う「先生、見えちゃいけないんだよ。見えるって、レベルが低いんだよ。感じる事なんだよ」
確かに、見えるようになって、落ちていった人何人か知っている。
見えるっていう人、周りにいませんか?
そんな人のほとんどは神や天使は見えません、悪いものしか見えず、人を脅すのです。
きちんと修業をしないと、ダメになります。
いわゆる見える人、ドンドン悪いものを引き寄せるのです。
いわゆる霊能者の見分け方、その人に笑顔(心からの)があるか、その人の人生がうまくいっているか、周りにいい人がいるか、お金お金と言っていないかなどかな。
いや、騙されている人多いですよ。

変な方向に行きだしてるな(笑)、ちょっと修正。

で、龍雲先生との出会いで最も良かった事。
奥さんが変わった。
龍雲先生が言うには、奥さんは600年前、朝鮮半島で双子の巫女、260年前久高島のノロのトップ。
「久高島に行きなさい」
ノロって、神と会話する人。
【ヤマタイカ】(星野之宣)という1987年に発行された漫画がある。
久高島のノロのトップが動く話だ(今の世にこの漫画の状態が似ていて、予言の漫画とも言われている)。
興味がある人は、是非。

ヤマタイカ.jpg

「久高島に行くフェリー乗り場に、ノロがいます。そこで、おにぎりをもらい行きなさい」
そこで、久高島へ(奥さんは沖縄出身です。母方は琉球王の家系です。父方も琉球王家の家臣の家系です)。
久高島は初めてでした(奥さんも)。
確かに、フェリー乗り場にノロがいました(おにぎりをもらいました)。
久高島に到着、自転車を借り、その先端の岬に。
「懐かしい」と奥さん、号泣(驚)。
女性しか入ってはいけない場所が多い。
そこに奥さんが入っていくと、奇跡が。
そこにあった線香が燃え出す。
鶏が突然泣き出すなど。
肩がズッシリ重くなるが、島を離れると、それはなくなる。
それ以降、奥さん変わったな。
それ以降、何回行ったかな

ボクと奥さんの出会いも奇跡的。
福岡でいとこの紹介で会う(二人ともイヤイヤだった)。
この時、ボクは34歳で、結婚はしないな、と思っていた。
会った瞬間に結婚しようと思い、2回目に会った時にプロポーズ、3回目に会った時にOKをもらう(まあ、ドラマみたい(笑))。
島原に帰ってきて、いろんな事が判明。
ボクと奥さんは今回で4回目の結婚(過去3回はいつも国王と王妃。その時の前国王が今の父親)。
前世では、いつも近くにいたらしい。
ちなみに、金城さんが言う「奥様、この世界をリセットできる人です」(何か起きた時に立ち上がる役目があるそうですが、それが起きない事を願います。今世はボクを支えるのが役割らしいです)。

長女・次女共にボクの奥さんだった事があり、家族だった事もある。
三女は特殊、この子の前世はクレオパトラ、そしてが中国の英雄 岳飛(日本の義経みたいな存在)、人としての生まれ変わりは少ない、奥さんとの関係は深い、あとは宇宙人ばかりとの事。
「この子は、バケモノですね。全てうまくいきますよ」と金城さん(どんな人生を歩むのだろう・・・)。

前も書いたが、仲間達が役割を変えて(今回は家族、今回は仲間、今回は敵など)、生まれ変わる。


 長くなったので、続きはまた後で。








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス

この記事へのコメント