トーマさんの新しいブログ『日本ピースツアー1 ニコニコマーク』はわかりやすい!

 相変わらず精力的に動いている精神世界の鉄人トーマ・イタルさん。
新しいブログは、非常にごもっともな内容だ。

途中の文章「マスクを付けている人達は、すでに殺されている。なぜならば、自分の頭で考えるという行為を、すでに放棄しているから。これは、思考を抜き取られて、ゾンビにされているのと同じである」
つまり、「マスク真理教」になった時点で、すでに死んでいるのです。
「自由」というものがなくなり、「生きる屍」になっているということです。
ワクチンは、その「生きる屍」に、止めを刺すだけのもので、すでに話は終わっているのです。


もう、1年以上経つんだな。
【茶番コロナ】と言い続けてきたけど、もう飽きた(笑)。
相変わらず、ボクはマスクはしない(外来でも一回もはめていない)。
するのは、往診先だけ(だって、入れない(笑))。
長崎のココウォーク、アミュプラザに月2,3回は行くのだが、最近マスクをしていない人を見なくなったな。
だって、免疫低下するの、いやだもん。
我々は、酸素を吸って、二酸化炭素を吐いて生きている。
これができなくなる。
1回付けるだけで、間違いなく免疫低下する。
これに慣れちゃいけない、免疫低下状態がずっと続いているのに気づかなくなる。

相変わらず、外来には免疫低下による皮膚疾患が大挙して現れる。
帯状疱疹、単純ヘルペス、蕁麻疹、皮膚感染症(化膿)が多すぎ。
おかげで、去年も患者・収益ともにアップ(笑)。
まあ、頭痛の人、めまいの人、体調不良の人が多すぎ。
マスクの害(口呼吸の害)を一日に何回説明するんだろうか・・・。
家の中でもマスクをしている人がいるんですよ(完全に思考停止状態)。
車の運転中にマスクしているという人には「アホじゃないですか」とはっきり言う。
そこでやっと気づく人、多い(驚)。

子供達のマスク、これが一番気になるな・・・。


 マスクは意味がないと思っていてもしている人、自分に嘘をついているのです。
人間、嘘をつき続けると、どこかに変調をきたすものですよ。
その矛盾が、どこかに滲み出てくるはずです。


 このブログにトーマさんがボクの事を書いてくれています(嬉しい)。
トーマさんの前世が聖徳大使、ジョン万次郎という事がわかったのはここ島原(神の声を聞く仲間による)。
それを聞いたトーマさん「やっぱり」
トーマさん、ここ島原に来た後、変わった(より覚醒した)。
まあ、島原は登龍門です。
そろそろ、島原に来てくれると思うのですが・・・。





トーマさん:日本ピースツアー/ニコニコマーク  https://tomaatlas.hateblo.jp/entry/2021/04/15/165545


先日、用事で、都内の渋谷に行きました。
久しぶりに、スクランブル交差点を見たら、「マスク真理教」の信者たちが、ウジャウジャいて、その異様な光景に、改めて驚きました。

toma1.jpg


1年以上前から始まった、コロナ騒動ですが、私の身の回りに、コロナで死んだ人が現れたり、道端で倒れて死んでいる人を目撃したら、不安になったり、心配しようと思ってたるのですが、未だに、一人もいません。
どうして、自分の肉眼で見たものよりも、テレビや新聞や雑誌などのメディアの報道を、信じる人が多いのか?
これに、いつも驚きます。

1年以上、日本で猛威を振るっているウイルスは、「嘘」という名前のウイルスです。
別名を、「新型コロナウイルス」というのです。
感染した人たちは、人目を気にして、一日中、マスクを付けながら、ビクビクしながら生活するという症状なります。

toma2.png


最初は、
「マスクぐらい、まあいいだろう…」
こう思って、マスクしたと思います。
それが、今では、ワクチン接種まで迫っています。

「いじめ」を経験したことがある人は、わかると思いますが、いじめる側は、最初から、酷いいじめはやらないのです。
「ちょっと、お願いがあるんだけど、いいかな? 今、忙しくて、弁当を買いにいけないんだ。もうしわけないけど、俺たちの代わりに、弁当買ってきてくれるかな?」
こういう、優しい口調で、お願いしてきます。
それが、3回目くらいから、
「とっとと、買ってこい!」
こういう命令口調になり、その人は、いじめられる側、つまり、使い走りである、「パシリ」にされます。

現在は少なくなりましたが、昭和の時代には、強引なセールスマン、つまり、「押し売り」がいました。
そういう人は、扉を開けさせたら、足をドアーの中に差し入れ、それから、強引なセールストークで買わせます。
だから、そういうセールスマンを退ける手段は、最初からドアーを開けないことです。

もっといいのは、インターホンで、監視カメラが付いていれば、知らない人だったら、最初から、返事をしないことです。
変な人とは、ファーストコンタクトの時点で、そもそも、接触しないのが一番だということです。

最近は、ノーマスクの人たちの絶対数が、少なくなって、肩身の狭い思いをしている人も、多いと思います。
私など、ほとんど、マスクなど付けないのですが、たまに、電車やお店などでは、嫌な顔をされることもあります。
しかし、この場合、まず気にならないです。
たとえば、高校生が、幼稚園生に、悪口や文句を言われたり、陰口をたたかれて、いちいち、気にするでしょうか?
もしも気にするとしたら、その高校生は、幼稚な頭しかもっていないということです。

そして、幼稚園生の数など、関係ありません。
1人でも、100人でも、1万人でも、1億人でも、幼稚園生は、どこまで増えても、幼稚園生なのです。
数が増えたからといって、その意見が、正しくなることはないのです。

私は、子供の頃から、変わった子供だったので、そもそも、奇異な目で見られることには、慣れています。
大学生の頃など、筋トレを、ガンガンやり、ベンチプレスで、180キロ挙上できるようになった頃、胸囲127センチで、上腕囲48センチでした。
ちなみに、当時の横綱だった、千代の富士は、47センチで、47センチ以上の腕は、日本に、10人くらいしかいませんでした。
だから、夏の日に、Tシャツで、道を歩いていたら、誰もが振り返るような腕だったのです。

最近、よく質問されるのは、
「いつになったら、マスクはなくなるんですかね?」
これです。
私の答えは、
「そもそも、自分の中では、始まっていませんよ。始まることを、許可した覚えがないのです」
続けて、
「マスクを付けたい人は、一生付けていればいいのです。外したい人は、今から外して、一生外していればいいのです」
これだけです。
難しく考えなくていいのです。
付けたい人は、付けていればいいし、外したい人は、外せばいいだけの話です。


一つ言っておきます。
たくさんの人たちが、大きな勘違いをしているようです。
それは、
「ワクチンによって、大量殺人が行われ、たくさんの人々が、殺されるかもしれない」
こう思っているようです。
現実は違います。
真実は、こうです。
「マスクを付けている人たちは、すでに殺されている。なぜならば、自分の頭で考えるという行為を、すでに放棄しているから。これは、思考を抜き取られて、ゾンビにされているのと同じである」

つまり、「マスク真理教」になった時点で、すでに死んでいるのです。
「自分」というものがなくなり、「生きる屍」になっているということです。
ワクチンは、その「生きる屍たち」に、止めを刺すだけのもので、すでに話は終わっているのです。

toma3.jpg



この機会に、もう一つ言っておきます。
たくさんの人たちが、薄々気が付いていると思いますが、現在、地球規模で、人類の進化が始まっています。
それは、ある意味、究極の格差社会になっているということです。

コロナ騒動をキッカケに、いろいろな情報を、自分で調べて、どんどん調べて賢くなる人、一方で、自分では何も調べずに、メディアの垂れ流す情報を、鵜呑みにして、思考停止する人。
この両者に、ハッキリ分かれてしまったのです。
進化する人と停滞する人、この二つのグループが、交わることは、もうないのかもしれません。

いつの時代でも、進化というのは、
「変化できるか?」
ということです。

神様からの知能テストにより、選別が始まっているのです。
もっと正確にいうと、すでに、選別は終わっているのです。
どんどん賢くなっていく人、そして、賢くなれない人。
見事に分かれました。

ここで、自分の家族や友人など、それまで、仲の良かった人たちの多くが、賢くなれない側になってしまって、寂しさや悲しみを感じている人も、たくさんいると思います。
でも、大丈夫です。
選ばれた者は、この世界に選ばれた人です。
選ばれなかった者は、別の世界に選ばれているのです。

そして、いつの日か来世では、また再び会うことになり、その時はお互いに、今よりも、ちょっと賢くなっていて、さらにいい関係で出会い、もっと楽しく遊ぶことができると、私は信じています。
一時的な別れなのです。


いろいろな分け方がありますが、その中の一つに、世界の民族を、三つに分けるという考え方があります。



一つ目は、「狩猟採集民族」、二つ目は、「農耕牧畜民族」、三つ目は、「牧畜民族(遊牧民族)」です。

この中で、最初の二つの民族は、古代から日本にもいました。

「縄文人」=「狩猟採集民族」

「弥生人」=「農耕牧畜民族」

こうなります。



「縄文人(狩猟採集民族)」は、生態系のバランスを保つという、自然との「調和」を大切にしたようです。

そして、「弥生人(農耕牧畜民族)」は、皆で力を合わせて働くという、「協調」を大切にしたようです。

「日本」という国は、この二つの民族で成り立っています。

だから、「二本立て」で、「二本=日本」というのです。



三番目の「牧畜民族(遊牧民族)」というが、日本にはいなかったようです。

なぜならば、この民族は基本的に、「砂漠と草原の民族」だからです。

「牧畜民族(砂漠と草原の民族)」は、世界観が全く違います。

彼らは、

「自分たちだけが人間で、ちょっと賢い動物、例えば、犬などは家来にする。そして、それ以外の賢くない動物は羊であり、毛皮を使おうが殺して食べようがかまわない。むしろ、そうやって、自分たちが支配してあげることが親切でもあるし、世界のためでもある」

こういう価値観をもっているようです。

だから、彼らにとって、一番大切なことは、「支配」なのです。



日本人には、どうしても、この感覚がわからないようです。

彼らは彼らで、先祖代々、これで生きてきたので、それが当たり前なのです。

特に、中近東を源流にした、「アヌンナキ」という宇宙人グループの流れ、聖書に登場する神々、「エロヒム」や「ヤハウェ」などは、この系統です。



他にも、人類の中でも、昔から現在まで、世界を支配してきた権力者たちは、この民族の子孫が多いということです。

現在の「ディープステート」や「カバール」、それから、「イルミナティ」、「ロスチャイルド」や「ロックフェラー」など、悪魔崇拝主義のグループも、この「牧畜民族」の子孫たちだということです。



世界の民族には、この三つがあり、日本には、二つだけしか存在しなかったために、もう一つの異質の存在である、「牧畜民族」の思考パータンが読めないのが、日本人だということは、頭の隅っこに置いておいてください。



彼らは、世界はもちろん、日本を支配しようとするときでも、「政治」や「メディア」や「教育」などのトップたちを、文字通り、「犬」にして、国民である「羊」を思のままに動かすというテクニックに長けているのです。

それは、数万年くらいかけて、構築したものなので、とても良くできています。



わかりやすい例をあげまますね。

「新型コロナウイルス騒動」が始まってから、政府が、いろいろな方針を発表しましたね。

「ステイホーム」

「GoToトラベル」

「GoToイート」

この中の「STAY」や「GO」という単語に、注目してください。

まさに、「犬」に命令する時の言葉ですね。



つまり、欧米人の権力者たちが、日本の政治家に、そう言えと命令して、「犬」である、日本の政治家たちが、「羊」である、日本国民に、メディアを通して、また命令する。

こういう構図になっているのです。

toma4.jpg




自分の頭で考える癖がある日本人は、これらの図式を見抜くことができますが、普段から、自分の頭で考える習慣のない日本人は、簡単に騙され、支配されてしまします。

そして、恐ろしいのは、本当に騙されて洗脳された人々は、自分が洗脳されているという自覚もないのです。



支配する方も悪いとは思いますが、同時に支配される方も悪いのです。

そもそも、支配している側には、罪の意識はないのです。

文句も言わず、従順にしている人々は、「家畜」や「奴隷」だとみなすのです。

それが、彼らの世界観なのです。

toma5.jpg




例え話ですが、支配者であり、「人間」である欧米人にとって、日本人の政治家や大企業のトップは、「犬」のポジションになります。

そして、日本国民やアジア人が、「羊」なのです。

だから、「犬」に、「羊」の世話をさせるという発想です。



そして、「犬」が、ご主人様である、「人間」に逆らったり、生意気な姿勢を見せると、「原爆」などで脅します。

これは、犬を躾ける時に、叩いたりする行為です。

そして、反省して従順になり、服従の行為であり、「お手」をすると、許してあげます。

これが、「ポツダム宣言」であり、無条件降伏になります。

すると、支配する側は、ニコニコしながら、笑顔で、

「オオ! グッドボーイ!」

こう言って、餌を与えるのです。


そうです。

戦後の、GHQ占領時代の日本の子どもたちが、
「ギブミーチョコレート!(兵隊さん、恵まれない僕たちに、チョコレートをください!)」
こう言うと、
アメリカ兵は、チョコレートやガム、キャンディーなどを与えましたね。

あれはまさに、

「服従した犬に、餌を与える」

という行為だったのです。



命令を聞かない犬、逆らう犬には、口輪をしますね。

toma6.jpg



toma7.jpg




それが、現在の「マスク」なのです。

「オマエたちは、静かに黙っていろ!」

こう命令しているのです。

toma8.jpg



まあ、全くの悪意でもありません。

善意も含まれています。

現在は、何度も繰り返し、書いているように、

「人類」 VS 「悪魔」

この最終戦争の真っ最中です。

だから、国民の安全のためにも、「戒厳令」のような状態にしておく必要もあるのです。



つまり、「真実」の情報を知った庶民が、勝手にデモをやったり、復讐の行為にはしると、戦闘のプロである軍隊の軍事作戦に、支障をきたす可能性もあるからです。

なるべく、一般庶民は、家の中で、特に夜間は、大人しくしてもらいたいため、この目的もあると思います。





では、ここからが本番です。



2019年の11月に、長崎県に「第二次世界大戦」の調査に行きました。

この旅では、大好きな土地、島原半島にも滞在しました。

友人の松下先生が、

「島原は、登竜門になっていて、ここに来た人たちは、その後、皆、運気が急上昇するのですよ」

と言っていましたが、たしかに、この土地には、6回ほど行きましたが、そのたびに面白い流れがやってきます。



島原では、友人のタウリンさんに、車でいろいろ案内していただきました。

たくさんまわったのですが、特に面白かったのが、この神社でした。

「玉峯寺」です。

toma9.jpg



この寺の隣に、「八雲神社」という小さな神社がありました。

toma10.jpg




ちなみに、「八雲(やくも)」という名前の真の意味は、「焼く者(やくもの)」みたいです。

つまり、「戦争などで、街を破壊する神様」であり、インドのシバ伸のような、「破壊の神」だと思います。

これは、旅行記の中で、詳しく解説しますね。



この神社の奥宮のような所に、階段を登っていきました。

古い神社がありました。

toma11.jpg



いつも、不思議に思っていたのは、

「どうして、こんな誰も来ないような神社が、取り壊されずに、残っているのか?」

ということです。

最近、この意味がわかりました。

「いつの日か、この神社の意味がわかる人が来るまで、待っていてくれた」

ということです。

つまり、かなり昔から、私たちが訪れるのを、ここで、ずーぅと待っていてくれたということです。



「神社の本堂や神社の拝殿、そこの90度の角度に、本当に意味のある御神体がある」

その時も、その法則をもとに、あたりを見まわしたのですが、近くには何もありませんでした。

しかし、遠くに面白いものを発見しました。



保育園があり、そこに、黄色の水タンクがあったのです。

「ニコニコマーク」のような絵が、描かれていました。

どうやら、この神社の御神体は、これみたいです。

必ずしも、境内にあるとは限らないのです。

toma12.jpg



タウリンさんと二人で、車で近くまで行きました。

この球体のタンクの表と裏に、二つの顔が描かれていました。

toma13.jpg



私には、これは、「両面宿儺」に見えました。

toma14.jpg



一説によると、これは、

「ある時代の権力者は、最初は、とても良い人だったのに、ある時期から、とても残酷で悪魔のような人物に豹変した。人間というのは、常に二面性をもっているから、気を付けましょう」

という教訓を忘れないように、土偶を作ったともいわれています。



私には、このタンクを見ていると、

「平和といのは、綺麗ごとだけでは維持できない。平和な時代でも、人々の見てないところで、その世の中を維持するために、物凄い努力が行われている」

こういうメッセージを受け取りました。





2018年から2020年にかけては、都内に滞在している時は、太平洋戦争、その中でも、「東京大空襲」の調査しました。

これを調べると、「戦争」というものの本質が、よくわかるからです。

その時期に、「東京大空襲・戦災資料センター」にも行ってきました。

toma15.jpg



場所は、都内の江東区です。


toma16.jpg



資料が充実していて、素晴らしかったです。
そこで、細かい地図を見たら、いろいろと意味深な場所も、ほとんど無傷だったことを知りました。


toma17.jpg



その中でも、「巣鴨プリズン」があった土地も、無傷だったことを知り、この日に、そこにも行ってきました。

場所は、池袋の「サンシャイン60」の隣です。



サンシャイン60です。

toma18.jpg




このビルの隣にある「東池袋中央公園」が、戦後、A級やBC級戦犯などが処刑された場所だそうです。

ちなみに、A級戦犯7名、BC級戦犯53名、合計60名が、ここで処刑されたため、「サンシャイン60」の「60」という数字は、この人数だともいわれています。

これは、初めて知りました。



その慰霊碑です。

toma19.jpg




この場所は、戦犯たちの処刑台があった場所だそうです。

ここからすぐの場所に、気になる所がありました。

ひっそりと静まりかえっていました。

直角に曲がっている道があるのが、わかりますか?

toma20.jpg



ここが、絞首刑の場所だったと思います。

toma21.jpg




その先には、ホースがありました。

おそらく、「縛り首の場所だった」という意味だと思います。

toma22.jpg


園内には、噴水もあります。

toma23.jpg


この裏が気になって、行ってみました。

緑色のペンキで塗られた絵が、石に描かれていました。

toma24.jpg


絵に気が付き、背筋が、ゾーッとして悪寒が走りました!

なんと、「ニコニコマーク」の絵が描かれていたのです!

toma25.jpg


アメリカでは、「スマイリーフェイス(Smiley face)」と呼ばれています。

一般には、黄色い円形で、笑顔の描かれたキャラクターグッズ用キャラクターです。
日本では、「ニコちゃんマーク」、「ニコニコマーク」、「スマイルマーク」などとも呼ばれていますね。

toma26.jpg


あとから調べてみると、この公園そのものが、「ニコニコマーク」の地上絵になっていました。

toma27.jpg


toma28.jpg




アメリカのテレビドラマシリーズ、「メンタリスト」で、「レッドジョン」という殺人犯が、このマークを使って、メッセージを送っていましたね。

toma29.jpg


島原半島で見た、「ニコニコマーク」は、ここに繋がっていたのです。

つまり、「ニコニコマーク」というのは、戦争を起こす神様、「破壊の神」のグループの中では、「処刑」の意味だということです。



気が付きましたか?

そうです。

今年の3月31日(水)に、東京の空に浮かんでいましたね。

テレビで見た方も多いと思います。

toma30.png



表向きの理由では、

「新型コロナウイルスの影響で、うつむきがちになる状況も多い中、空を見上げることで気分をリフレッシュし、少しでも明るい気分になってもらえたらという想いを込めて、曲技飛行パイロットが、東京の空にスモークで、ニコニコマーク」を描きました」

こう報道されていました。



しかし、真意は違います。

つまり、

「日本における、闇の側の人々の大量逮捕が、ひと段落して、特に東京においては、ある程度の処刑が終わった」

この意味だったのだと思います。

わかる人だけにわかるに、秘密のメッセージを、テレビで流していたのだと思います。





今回の旅行記のテーマは、「戦争と平和」です。
とてもユニークな戦争論になると、思います。
期間は、4月3日~11日までの間で、調査したのは、京都府と奈良県と神奈川県でした。
これらの土地に、凄い秘密が隠されていました。
日本における、「平和(ピース)」という言葉の本質も見てきました。

私は、戦争について、本気で調べ始めて、30年以上になりますが、ある時から、視点を変えてみました。
いつの時代にでも、新しい時代に進化する時には、全く違う視点が求められるからです。
同じ視点だと、永遠に同じ所を、グルグルまわるだけになるからです。

つまり、それまでの常識を疑うことから、やってみたのです。
具体的には、
「戦争を起こしているのは、悪い連中だ!」
「戦争でぼろ儲けしている連中がいて、彼らが悪の根源だ!」
「正しい戦争などない!」
「大量殺人は、絶対的に悪いことだ!」
「どんな理由があっても、人殺しはよくない!」
これらの発想をやめて、別の角度から、考えてみたのです。

すると、それまで見えなかった部分も、少しづつですが見えてきたのです。
「悪意でやっているわけではなく、善意でやっている戦争もある」
「しかし、それは立場上、絶対に言えないことである」
「それが言えないために、政府と国民の間に、長い間、不信感ができてしまっている」
「長い歴史の期間で考えたら、その時期にやらなくてはいけない、正しい戦争もあった」

立場上、国家や政府が言えない理由の中には、
「どんなに説明しても、国民には理解してもらえない」
こういう絶望があることも、わかってきました。
これは前述した、「牧畜民族(遊牧民族)」の世界観であり、発想でした。
彼らも、そういう意味では、常に苦悩していたのです。

それは、
「人間と犬と羊の間には、とてつもなく知能に差があり、羊が、どんなに考えても、人間の考えていることはわからない」
こういうシンプルな理由だったのです。

これは、現在でも続いています。
「マスク真理教」の信者たちに、どんなに説明して、理解してもらおうといても、ほとんど無駄に終わる体験をしている人たちには、このことがわかると思います。
ある意味、仕方がないのかもしれません。
支配される側の「不信感」、そして、支配する側の「絶望感」、この二つが、地球の苦しみの元なのかもしれません。


次回に続きます。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント