龍さんの個展・・・今回は色々とあったな・・・①

 12月4日(水)の午後、龍さんが松下ひふ科に現れる。
いつもより早く現れる。
気合が入っているのかな。

しかし、その龍さんに連絡が入る。
ペシャワール会の中村哲医師が銃撃されたと。
その時は、銃撃されたが大丈夫、と言う連絡だった。
その後、亡くなったと言う連絡が入る。

龍さんはペシャワール会の中心人物。
10年以上前から、ボランティアで動いている。
教師を辞めたのも、アフガニスタンに行くため。
猪原金物店で壮行会をやったな。
アフガニスタンに行く前に、龍さんに依頼していた書があった。
『昇龍』、龍さん命がけで書いた、と言う。
そう、龍さん、死ぬ覚悟で行っている。
ずっと、我が診察室のボクの目の前に飾ってある。
龍と言う字が本当の龍に見える。
凄いパワーだ。
ボクをずっと見守ってくれている。

昇龍1.jpg

昇龍.jpg


飛んで帰りたかったのだろうが、うちの個展(12月5,6,7日)がある。
7日の午前中までの個展となる(少し短縮)。

幕末前世 吉田松陰の龍さん。
島原半島未来塾でも講師として講演してもらったことがあるのだが、話はうまいし、人を引き付ける魅力がある。
それに、熱い(情熱人間)。
正義の塊のような人だ。
恐らく、ペシャワール会のボランティアをぐいぐい引っ張っていた、と思われる。

院内の取り付け作業もある程度終り、夜は『ぺシコ』へ。
龍さん、今回で8回目の個展。
井上君の料理を年に一回、8回食べている。
8年前は、まだお父さんと居酒屋をやっていて、そこでイタリアン部門って感じだった。
彼の進化を凄く感じている。
今回も右脳が喜ぶ料理だった(非常に美味しかった)。

しかし、今回は食事中も、ペシャワール会の仲間達、マスコミからとひっきりなしに連絡が入る。
その合間にボクとの会話。
龍さんも行ってしまっている人。
死生感もきちんと持っているが、今回は・・・。
深い悲しみが・・・。

どんな個展になるのだろう・・・・・。


 これとは別にこの週、NHKで月曜から『東京直下型地震』と言う番組が1週間毎日あった。
今後30年以内に70%の確率で起きる、と言われている。
それをリアルなドラマ仕立てで見せ、その後にその説明、と言う番組だった。
災害は人災、と言われている。
要するに不安が災害を呼ぶのだ。
この番組は不安をあおって危険なのでは、と考えたが、それよりも、覚悟をしとけ、と国が言っているのだろうな(皆、自分には起きないと思っている)。
この番組を見て、うちの娘「私、絶対、東京の大学には行かない」と言う。
そりゃ、そうだろう、と思わせる番組だった。
この番組を何故か真面目に見ていたボク。
いやー、暗くなった。
それと、聖人医師 中村哲の死が重なる。
何か、おかしな1週間だった。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

eyeを込めて
2019年12月16日 10:45
お久しぶりです
今年も龍先生の書、ありがとうございました。見ただけでパワーが伝わってくる素晴らしい文字に感動しています。
松下先生も年々パワーアップされてるようで流石です!最近少々お疲れ気味の私でしたが、「こうしちゃおれない」という気持ちになりました。いつも前向きになれるパワーを本当にありがとうございます。感謝しています。
TAIZOU
2019年12月16日 13:38
「eyeを込めて」さん、コメント有難う。
彼とは前世で2回一緒、一回は国王仲間(共に平和主義)、一回は医者の時の弟分。彼は一つ前の前世で、トンネルを人のために掘りながら死んでいる。
それ程、彼のレベルは高い。
孤高の男だ。
共に動くのは来生みたいだね・・・(笑)。
今世ももっと次元上昇を。