痛くなったらすぐセデスじゃない、山口整形(笑) 夜はいつものように食事会

 我が盟友山口和博との付き合いは長い。
ボクは開業(20年前)前の最後の3年間、長崎労災病院にいた(一人医長)。
労災病院は整形外科が主の病院だった(たくさんの整形外科医がいた)。
Dr.山口はそのエースだった。
彼の周りにはいつもたくさん人がいて、彼は輝いていた。
同じ官舎に住んでいたのだが、彼の部屋では毎日のように宴会。

そんなヒーローとどうして仲良くなったのか?
労災病院テニス部のエースとして動いていたボク。
ボクが辞めた後の事を考え、彼に声をかけた。
テニス部に入ってくれ、ボクが主催していたテニスサークル『ポパイテニスクラブ』(ここ2年程、合宿はしていないが、Dr.山口が中心となり、長崎ポパイは活動を続けている)に入ってくれた。

 彼との出会いは必然だった、と思わせる出来事は、鹿児島の金城さんの御神託を二人で聞きに行った時かな。
彼との前世での出会い、そして我々の関係(ボクが始めて、彼が終わる)が判明する。


2017.3.12.
 高千穂神道 金城慶子

『ヨン・ドンゴン(松下先生)は武力を持って戦いに勇敢に挑む立場であった。
できるだけ死者を出さず、争いを上手にする長であったけれども、どうしても亡くなるものが無ではなく、亡くなった者に対しての遺体の収容から弔いまでをこの山口先生がなさっていたようです。
山口先生はモンゴルの王で、法王(法曹)と呼ばれていた。
今でいう住職や神職のような儀式をしつつまた、死者の魂を、しっかりとあの世へ送る霊的能力もあったのです。
それゆえ、死者の魂の声を聴き、ある者は家族の元へ、ある者は自分の栄光を記さんがためにその地に埋葬されることを選んだり、そのようないわばある意味、ヨン・ドンゴンの後方支援をされていた方。
やはりあの頃は、命を無下にすれば死者の魂によってさわりもあるということを重んじていた時代なのでヨン・ドンゴンがそういったことを気にすることなく、道開きができるように後ろ盾をしていた方と思われます。
直接ヨン・ドンゴンがお願いしたわけでもないし、こういう事をしますからお許し下さいという感じで山口先生がかかわったわけでもなく、いつの間にかそういったラインになっていたようです。

風のうわさで知っているくらいではっきりと何っという固有名詞は知らなかったと思います。
今、すっと呼び名を呼べないのは、どこか直に接していないので相手に多少の猜疑心もあり懐疑心もあるゆえ、その頃の記憶がまだあるのではないかな。
けして敵ではないけれども何者ぞというのがあるのかもな。
なので、今世は間に人を入れずお互いを知り合うのも一つ、出会った意義そこにあります。

やはり共に何かをしなければならないというのは、あの頃、一と十をそれぞれ担っていた人達だから直結したいと繋がっている。
これを最短距離で直結したいという何かがあるのだろうな。
始まりと終わり、真逆のようであり実は同じ地点。
今のところは仕事上でというよりも、まずは想念を持ってお互いが光のアンテナとなり、終りをこのようにするためには始まりをこうスタートしなければならないとか、また反対に始まりをこうしたから終りをこうしてくれとか終始の関係。
想念の世界で、目に見えぬものや実際に触れられる形あるものでないものを互いにキャッチボールし、この世の波動や時空を扱う事。
映画で例えると、3Dと4Dの違いの機能にあったりする。
要するに、世の中の縦・横・奥の世界、3次元の世界、しかし、4次元の世界、縦・横・奥を3Dと例えるならば、この世に見えないけれど存在する意識のようなもの、これを4つめのDと換算してそこを扱う人達じゃ』


今世に最も影響を与えている前世(1600年前の朝鮮半島の大きな部族の長 ヨン・ドンゴン)の時の仲間なのだ。
ボクの今の仲間達の大多数がこの時の仲間達だ。
その他、彼とは宗教革命の時に対立した立場にいて、切磋琢磨したらしい。
彼とは宇宙人仲間(第4惑星)でもあり、ボクはセルロ、彼はマルロと言う名だった。
彼の前世は面白く、ターザンもあった(これは笑える)、そして幕末前世はペリーだ(幕末はペリーが始める)。



 彼の数秘は23-5、この数字を持つのは、高倉健・長嶋茂雄・三島由紀夫・石坂浩二、そしてこれも我が盟友 福岡のK社長。
皆、感性の人だ。
Dr.山口はこう言う「手術の前に、こうなってこうなると、思った通りになるんですよ」、うーん、これをゴットハンドと言うんだろう。
日本中から彼の元に患者がやってくる。


 最近、彼がはまっているのが、痛い所に水を入れて、痛みを取る方法。
最先端を行っている(この勉強のために、東京などによく行っている)。

で、今回は重すぎたダンベルを持ち(笑)、左腕が痛くなったので行ってきた。
エコーを見ながら水を入れる。
おー、痛みがなくなる(驚)。
というか、いろんな場所の痛みをこれで治してもらっているので・・・。

腰痛で手術をして治らない患者が来て、水を入れて治ってしまうらしい(驚)。


 その夜も、美味しいものを食べに思案橋方面へ。
この日は『hamazy』
美味しいイタリアンを食べさせてくれる。
カウンター7席とテーブル席一つ(4人がけ)しかない人気店で、予約が取れないらしい。
今回で2回目(前回も彼と)。
美味しい料理と、楽しい会話で時間を忘れ、そして飲みすぎてしまう(彼は底なし)。

彼とは少し前までは、年3,4回は二人で福岡に遊びに行ってた(お目当ては、中洲のバー『バー・ジーブラ』)な・・・。
最近は二人の予定が合わなくて、あまり行っていない(年1,2回)。
今月の22日(日)の夜、『バー・ジーブラ』でバンドネオン世界一奏者 川波幸恵さんのコンサートがある。
一緒に行きますよ。
おそらくK社長も来る。
感性の男達との会話は面白い。
楽しみだ。

2次会はスイーツを酒と一緒に食べさせる店(時々行く店)へ。
二人仲良く、スイーツタイム。
楽しい夜は過ぎていく・・・。

20015.jpg











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント