龍一郎書作品展 第8回 『人間万歳 それでも生きてゆくんだ』

書展チラシ-小.jpg

書展チラシ裏-小.jpg

 またまたイベントの宣伝です。
年、何回イベントをやっているのだろう?
定期的にやっているのが、『スピリット波動協会』の棟方興起先生の波動セミナー(偶数月に年6回)、『絵描き屋KISAさん』のイベント(6月)(この時は『タロット松尾』のセッション、今年からタウリンのセッションも並行して行われる)、『パティオ』コンサート(2月)、『香音天』コンサート(10月)、そして龍さんの書の個展(12月の最初の木・金・土)。
それ以外にも、ポツンポツンと(昨年は、『精神世界の鉄人トーマ・イタルさん』の講演。トーマさん、それから島原が超お気に入り、先週も来ましたよ。1年半の間に5回(トーマさんによるとこれはあり得ない事らしい)。トーマさんとの時間はボクにとって超有意義な時間)。


 もう8回目になるんですね。
我が医院に来たことがある人ならわかると思う。
龍さんの書があふれている。
魂を込めた書からパワーが出まくっている。

書のパフォーマンスも開かれる。
昨年、ボクがお願いした『聖なる山 眉山』
龍さんがこの書を書いてる時に龍が降りてきた(これを、感じたのはタウリンとボクだけだが(笑))。
今年は何と書いてもらおう・・・(楽しみ)。

待合室の一画で皆さんの希望する言葉を色紙に書いてくれます(1枚2000円)。
皆さん、好きな言葉ありますか?
なければ、龍さんの前に座って「私を感じて書いてください」、と言ってください。
凄い言葉と字が現れますよ。
その字をよく目にする場所に置いておくことです。
ボクの診察室には龍さんが魂を込めて書いた『昇龍』と『病気を診ずして 病人を診よ』(我が出身大学 慈恵医大の精神)が置いてある。
パワーをもらってますよ。
超パワースポットの我が怪しい診察室(笑)。
『絵描き屋KISAさん』が出したボクに入っているガネーシャ(名を『レンドルスト・トレンベルロ』)、棟方先生がずっと書き続けている全輪世開示図の1枚(先生から「あげるよ」ともらったのだが、これは凄い)、『広島のnazo-k』から作ってもらったピラミッド型の起き物(全部で4つあり、ボクにとって重要な場所に配置している。赤・緑・青の光を順番に発し続けている。この4つが結界を張り、パワーを発している)などなど、ほとんど仲間が作ってくれたものばかりだ。
当然、龍グッズたくさんありますよ(笑)。

19713.jpg

19714.jpg

19716.jpg

19717.jpg


幕末前世 吉田松陰である龍さん。
この人の影響は半端ない。
いわゆる「いってしまった」人だ(ボクの周りには多いのだが)。
戦後最大の教育事件『ゲルニカ事件』の原告である龍さん(以来30年、教育のあり方をめぐり現在でも判例となり語り継がれる)。
あの『ペシャワール会』(これも凄い人 医師である中村哲さんが中心となりアフガニスタンに井戸を掘っている。そして医療援助もしている)の後方支援もしている。
龍さんの住んでいる地域の居酒屋の看板は龍さんの字がたくさんあるらしい。
島原にも何軒かありますよ。
我が医院の看板も龍さんの字ですよ。

毎年、龍さんの前で泣く人、数人いる。
今年もたくさんの人が癒され、浄化されるんだろうな・・・。










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

夢華
2019年11月11日 11:18
龍一郎先生の個展、今年も楽しみにしております。
今年は一体、何と書いていただくのでしょうか・・・
いつしか、ここが、1年のスタ-トとなっております。
よろしくお願いいたします。
TAIZOU
2019年11月12日 08:28
夢華さん、一年のスタートか。
龍さん、喜ぶね。