幕末前世が西郷隆盛のD社長と巡る鹿児島旅行 金城さんからの御神託 凄かった(驚)④

ボクへ降りてきた御神託を書いてみよう。

金城さんに来るのは久しぶりかな。

これまでもいろんな事を言われてきたが、間違いなく内容が進化しているのを感じる。

まずは、ボクを守ってくれている龍達が現在どのような状態にあるのかを聞いてみた。


【龍達は今】

『行く先々にお歳暮お中元のごとく、あなたの分け御霊、あなた自身の魂ではなく、いわゆる龍の神を分けてきております。

各地に光を配るがごとく龍を配備し、自らはまた留まる所を知らずまっすぐ立ち昇っていく。

無限に生み出されるゆえ、枯渇することはなく、今まではあなたの元である程度力を蓄え携えて、各地へ行っておった龍たちですが、今はその生命エネルギーだけをあなたが息吹かせれば、各々がその地に応じて成長する、大きくなる、そのような形に変わっております。

全ての統括をする龍が、やはりあなた自身が普賢岳と並ぶ、一つの霊験あらたかな依り代として、まっすぐ日本国を見下ろすほど、高く高く上へあなたの龍が昇るのを感じます。

中国圏内、台湾とかも含めてこの辺りまで、動かさんとしているのを感ずる。

やがて華僑や華人そのような方たちとも縁が繋がるであろうな。

大きなビジネスを成功させるきっかけをあなたが与えるはずです』


 凄い内容だな。

以前、うちの病院(のぞみ川)から、どんどん龍が生まれていると言われたのが、その龍達が成長して、日本各地の土地神としてその地を守っている。

災害の起きる地域、間違いなく、その土地神が弱っているし、その神を守る人のパワーも弱い。

旅をしなければいけないのかな・・・。

中国圏内、台湾までもボクのパワーが行っているのか・・・。

訳が解らない感覚だよな(頭がグチャグチャ)。

まあ、龍の王だな(笑)。



 次に、続々と判明している、幕末前世の仲間達。

今後、どうなっていくかを聞いてみた


【幕末前世の仲間達の今後】

『103という数字が出てきます。

103人募るほど人数が、カウントすれば出てくることであろう。

103~107と言われます。

そしてこの4名の誤差は何かというと、この4名は確かに仲間だってと先生が言う、仲間だってと思うのに、向こうはつれない。

今までにないパターン。

ほとんどは両想い的なものか向こうから来るかであったが、向こうが来ない。

この4名を先生が追う。

だからカウントされるかは、今世、時間が足るか足りないか、なかなか難しい者4名。

今はまだこの者達とは出会っておらぬ、1人だけは長く、そういえば前から知っている人。

もう既に知っている人。

だけれども全くそういうのに乗ってこない興味のない女性の方です。

あと3名は晩年に出会いますが絶対に仲間だと先生が感ずるこの人たちこそ、それぞれのセクションの主任にしたいというほどの人達なのに、いやいや自分なんてと、まったく宇宙話のようにかわしてくる。

いかにその者達をあなたの持つ波動でオーラを納得させることができるか、プロジェクトを共にするわけではないしビジネスパートナーというわけでもないので何を共通にしていけばいいか、目的がないからコンセプトがないから難しい関係ですが、仲間と思ってもらえるか、そこなんです。

前世その者達とは敵対していた、立ち位置であった故、魂が覚えている反感や猜疑心などがあるのです。

また今を地に足をつけて歩んでいる人達なので、目に見えぬ世界に意識を置けぬ。

そういう角度で物事を見たこともない人たち。

持っているものは大きいのにゼロから教えていかねばならない。

そんな人達なのです。

自然に出会うだけで勝手に覚醒していく者達はたくさんおります。

あなたが着火剤となって火元剤となってその者たちを肥やしていくから。

しかし、それはもう日常茶飯事のわざとして何もしていない感覚にあなたはなっております。

実際は光をたくさん浴びせているのです。

それほど完全なほど大きくなっているのにも関わらずその残りの4名は難しい。

それがあるからこそ今世は限りなく大きくなっておくべきです。

自動的に自分とかかわる者達が覚醒することは常としてもう気にせず、自然の摂理ぐらいに思っていて自らをさらに高める何かを取り入れねばならない。

俗世的なことに引き寄せられていきがちです。

あるいは芯や軸がしっかりしていてもそういった風を受けます。

そのたびに歩幅が狭まるスピードが遅まる、そんな時こそ魂に原点といわれるその場へ赴き一早くリセットし、また空きスペースを作り自らを肥やしていくことです。

日本のいわゆる神社と人間が建てた宮では得るもの感じるものあまりなく、ゆえにそのエリア自体に足を運ぶ。

パワースポットというところ。

自分なりのそれを見つける旅をなさいませ。

究極に精神を追い込む。

肉体を追い込む。

フルマラソンの選手が30km当たりぐらいから気持ちよくなってくるようにそれに似た肉体と精神を、究極の経験をなされば、大きく覚醒します。

あなたが大きく覚醒するんです。

皆が覚醒しているレベルではありません』


 4人の中の一人はうちの奥さんだ、と直感的に思ったんだが、違った。

木戸孝允だ。

ボクの身近にいつもいる。

どうやれば覚醒してくれるんだろう。

ねえ、Yさん。


まだまだ、現れるんだな。

107人か。

身近にいて、判明していない人も数多くいるのだろう。

107人と言うと、メジャーな人じゃない人も含まれるな。

我こそは、と思う人、会いに来てください。


精神と肉体を追い込むか。

肉体はやはり合気道かな。

これは、金城さんから以前から言われている。

「先生は、上がりすぎて、周りに誰もいなくなる。答えは自分で、合気道から出す」

精神を追い込むか。

イヤだな・・・(笑)。



 潤君はマニアックな事(神様の事)を聞いていた。

しかし、今回も面白く、有意義な旅だったな。

次回は誰と行こうかな。

そうだ、最近仲間になった 幕末前世 板垣退助のH君、行こうか・・・。

H君も、半端ないポテンシャルを持った男だ。

潤君お願いね。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス

この記事へのコメント

ハゼ
2019年10月16日 11:29
今回も金城さんのお言葉はワクワクする内容でしたね!
気になった内容は先生が追いかけるという4人の人達、、
前回お会いした際も先生がおっしゃっていましたが、まだまだ会っていない仲間たちがたくさんいますね!
どのような人たちで、どのように先生と出会い、どのようにその人達と上がっていくのかとても気になります。

私も気付けば先生とお会いして丸3年経ちました。
自分では考え方やモノの見方、視野の広さが成長した自覚があるのですが、
先生にはどう見えているのか、、また教えてください!笑
美豚
2019年10月16日 13:06
今回の鹿児島旅行のブログ全て拝読致しました。
とても楽しく有意義な旅だったことが伝わってきます。
特に先生へのご神託の部分はワクワクしながら読んでおりました。
4名の方、、、すごく気になりますね!
また、先生が合気道を始められること楽しみにしています笑
肉体と精神を追い込んだ先に今以上に覚醒した先生…
どんどんと先生が大きい存在になっていきますね!
ヨシ
2019年10月16日 13:44
最近、ブログの更新が早すぎて読み専になってました。(笑)

内容的にも旅行記が多いので、コメント書くにも「私も行ってみた~い」「羨ましい~」くらいしか書けないでしょ。

皆さんみたいに立派なコメント書けないな~と思ってるのは、自分だけでは無いはず!
でも、そうゆう考えは今日限りで止めにします。

彼は多くの仲間に出会いたいと願って行動してます。
このブログも、その手段の一つなんです。
既読数だけでは、皆さんの存在は、分かりません。

一言メッセージでもいいよね ! '' 泰三君''
兵庫のミスターK
2019年10月16日 14:08
松下先生と初めてお会いしてから
もう少しで丸6年になりますが、
その間、様々でかつ多数の方々が
先生とお会いになり覚醒されて
行かれました。
その中には、卒業?された方々も
おられますし、未だ先生とご一緒に
覚醒へのサポートをなさっている
方々も数多くおられますよね。
僭越ながら、私はまだ覚醒組には
入っておりませんが、考え方や
物の捉え方が大きく変わりました。
そんな、小さな変化から大きな変化
(覚醒)まで多くの人が先生の影響
を享受されている事に今更ながら
感嘆するばかりです。
個人的には、松下先生が仰っている
「怒りの感情はもう忘れた」域に
少しでも近づきたいのが目標です。
これからも、益々上がられて行く姿
を拝見し学ばして頂けましたら幸い
です。
松下先生、何時もありがとうございます。
森崎雄二
2019年10月16日 15:02
週に一回〜二回、朝ランニングをします。10km以上走るようにしています。走り始めた去年から1000kmを超えました。なぜ走るのか…。きっと走りながら想像力を鍛えていると思います。
自分の経験してきた範囲内に満足して、見えない化け物に恐怖して怯える無関心から、脱出するために、走りながら想像力を鍛えているのだと思います。
取り留めのない内容となりました。
Yより
2019年10月16日 18:48
こんばんは~~

先生…マニアックな事ではないですよ(^-^;

八方位線上に沢山神社があるんだけど…
どこ?的な〜

「天津祝詞の範囲」って言われましたね…
マニアックだ…w笑(°▽°)“”“


今度は、時間が許すのであれば、
大隅半島(おおすみ)の方にも行きたいですね。
まんじ
2019年10月16日 23:43
今回の「幕末前世が西郷隆盛のD社長と巡る
鹿児島旅行」は一言で表すならばレインボーです

冒頭のD社長が新しく会社を立ち上げた!から
えっ 何?って感じからの、村田新八のSさんが
前の会社から引き続き、パートナーって何それって
感じです(笑)

やはりいつの時代も繋がる人とは繋がり(必然)、
縁がある人とはその時代を共に生きた証や
高揚感を分かち合い、天(宇宙)に向かって
無意識に高みを目指すのでしょう!

Dさんと初めてお会い(会話はしていませんが)
したのは、確か棟方先生のセミナーです
その後、Dさんをチラッと見かける度に
3年半前とは別人のような印象を受けます
表情が明るくなって、普段の生活は
分かりませんが、島原に来た時にはニュートラル
な立ち位置に身を置いているのを感じました

またその際は同席されていたというよりは、
Dさんを連れて来たYさんは、机に座っている
のですが、両手を広げて机の上に浮遊しながら、
セミナーに参加した皆さんやYさんのご家族を
暖かい目で包んでくれていました

あっ 話が長くなってしまいましたネ(汗)

ブログの内容の半分もコメント
出来ていませんが、これからもワクワクする
内容を紹介して頂けると幸いですup

松下先生、いつも有難うございます!!!
angel
2019年10月17日 19:03
先生は 前世から 凄い人とのご縁が
沢山あられるんですね〜〜✨
金城さんのメッセージ スケールが大きくて
驚きました‼️知らない世界がまだまだあるんだなぁって思いました
まんじ
2019年10月17日 23:00
昨日は全くもって松下先生への御神託の内容へ
触れなかったという無意識な失態を演じてしまった
ので、今回こそはコメントしたいと思います

いや〜 松下先生が影響を及ぼす範囲は
日本を越えて今後は中国や台湾ってことですね
何ともスケールが大きな話です(汗)

それと幕末前世の仲間達との今後の出会いについては
出逢う人数から察すると、島原から県外に旅をされ
新たな出会いとその先にあるメッチャ高いハードルを
超え(超人的に)、更に大きく覚醒されるんですね
こりゃ〜 龍達も大忙しです(笑)

これからもブログの更新を楽しみにしています!
TAIZOU
2019年10月18日 12:53
皆さん、コメント有難う。
コメントの内容、一人一人、その人が出ていて面白い。

我がいとこの『ゆうじ(Y)』の文章は面白い。
ボクのブログからこの文章が何で出たのか、考えると深い。

宇宙人『まんじさん』の文章は一種独特の感覚で書かれていて面白い。

『ハゼ』君と『美豚』君は、共に東北に行き、覚醒がさらに進んだ。

『神戸のKさん』も最初に会った頃とは別人ですよね。

『angel』さんも進化のスピードが増していますよね。

そろそろ、主役の登場を・・・、ねえD社長。

TAIZOU
2019年10月18日 13:04
おっと、一人忘れていた。
『yoshiちゃん』
幕末前世 桐野利秋であるyoshiちゃんにも今回の旅に参加して欲しかったのだが。
西郷の両腕として動いていたのが、村田新八と桐野利秋。
この生まれ変わりの3人の会話を聞いてみたいな・・・。

yoshiちゃんが書いているように、このブログを書いている目的は、日記代わりでもあるのだが、仲間を探す目的でもある。
実際、このブログを見て、何人も仲間が現れた。
そこのあなた・・・どうですか・・・。
読んだ
2019年10月18日 23:59
泰三君が見てみたい三者会談は、まだ先の話しだけど、その前に、

「西郷を使いこなせるのは斉彬だけ」と言われてることが、真実なのか?

西郷(Dさん)と斉彬(潤君)の2人を見て、泰三君はどう感じたか教えてほしいな!
ヨシ
2019年10月19日 00:05
訂正です。🙇

読んだ さんは、私です。(笑)

失礼しました。
2019年10月21日 08:10
ヨシさん〜直入ですね〜w

僕も、先生がどう思ったのか〜
聞いてみたいですね!

因みに僕がD社長とお会いして思った事、
誰かのためとか、世のためとか、
そういうの全部やらなくて良いですよ!
自分の為、自分が満足出来る選択を!
と思いました。

差し出がましい様ですが。。。笑
TAIZOU
2019年10月21日 13:35
二人(D社長と潤君)を見てどう思ったか?
どう思ったんだろう・・・。
仲が良かった、自然体で接している。
師弟関係は感じなかったな。

これまでも、こういうパターンがいくつもあったが(大久保利通と木戸孝允や伊藤博文と木戸孝允など)、何も感じなかったな。

お互いが、もっと覚醒したら、何か見えてくるのだろうか・・・。
2019年10月21日 17:04
たくさんの光をいただきながら
いつも読み逃げ組で失礼しております(*_*)

鹿児島旅行、素敵ですね。
私の一番好きな木花咲耶姫の像がでていたのでびっくりでした。
ほんものは見たことがなくて・・・画像保存している像です。

金城さんのメッセージ、究極ですね。
身近にいる女性の方・・・
自己実現を十分に達成できれば、真我実現にいけるのでしょうね♡


Honda
2019年10月21日 17:21
ブログから先生の熱量が凄まじく伝わってきます。
私は先生と会ってたくさんパワーをもらいつつ、でもまだまだ自分自身のパワーが不足か、右往左往しています。

幕末の志士が107人ですか!!これからどんな人が出てくるのか楽しみですね!私は個人的には容堂公にお会いして見たいですね。
TAIZOU
2019年10月22日 10:39
KISAさん、コメント有難う。
そうね、来年のイベントの時、鹿児島の金城さんの所に行ってみましょうか?

幕末前世 板垣退助のH君、まだ出会って間もないが、急激に成長しているのを感じる。
山内容堂か。
捜してみよう。
土佐なら、岩崎弥太郎と坂本龍馬はいるんだけど。
TAIZOU
2019年10月22日 10:49
H君のコメントの『ブログから先生の熱量が凄まじく伝わってきます』
凄く嬉しいコメントだな。
魂を込めてこのブログを書いています(笑)。
龍のパワーを感じてくれていますか。
それを感じてくれている人、仲間だな・・・。
タウリン
2019年10月22日 13:24
私は前世論や輪廻思想の違いから、先生の幕末前世遊びにあまり興味がないのですが、今回はピーンと来ました!!

山内容堂・容堂公

顔も誰かさんと似ていますね。

Hさん。既に会っていますよ(笑)

転生とは何度も繰り返すので、過去には前世が何人もいるものです。

そして分け御霊があり、本人ではなくても同じ魂のグループに分散します(偉人の場合これがほとんどです)

全国に誰々の生まれ変わりだと言う人、言われた人が複数いるのはそのせいですね。

さぁ誰が気付くか楽しみにしています。
Honda
2019年10月23日 19:26
 タウリンさん、容堂公の話ですが、、、

 私とタウリンさんとの共通の知り合いでいうと、「あの方」だと思ったのですが、、、。

 容堂公は生前、鯨海酔候と自称したとの方で、当時の殿様の中でも型破りな方だったと思われます。以前放送されたNHK大河の『龍馬伝』でも近藤正臣演じる容堂公はくせがあり、豪快で、頭の切れる人物でした。

 そこから、イメージされるのは「あのお方」しかいないのですが、、、。

 今度お会いした時に答え合わせお願いします!!
タウリン
2019年10月23日 20:16
Honda様、その型破りな大酒飲みが影響して今世ある意味型破りですが、自分を表現するのが得意でないのかもしれませんね!

そうあのお方ですよ!!
D
2019年10月24日 14:02
慌しさにかまけて大変コメントが遅くなりました。
台風接近にもかかわらず、行く先々雨脚が弱まって潤さんに立てて頂いた予定通りに行ったのが本当不思議でしたね。。
ちなみに台風の中吹上浜に行く事なんて想像もしてませんでしたが、、(^-^)/荒海を見てると心がすっきりして、ほんと気持ち良かった。
この1年これまで考えても見なかった事が次々と起こって、大変な事も色々有りますが、何故か楽しくワクワクしてます。そんな中、先生や潤さんと2日間もご一緒出来て、益々楽しくなりました!西郷どんもきっと良き仲間や出会いに恵まれたんでしょうね。。私の周りにいてくださるみなさんに感謝です!
先生、潤さんありがとうございました!
TAIZOU
2019年10月25日 14:12
最後に今回の主役の登場です。
D社長。
純西郷が今後どのような動きをするか、楽しみだ。

D君、今度は是非Sさん(村田新八)と共に鹿児島を周りたいね。
その時はyoshiちゃん(桐野利秋)も来るしかないね。

その前に、原城かな・・・D君。