我が魂の場所【済州島(チェジュ島)】への旅④

 さあ、最終日、今日はタクシーは9:00から。

 まずは、チェジュ島の3つの世界遺産の一つ萬丈窟(マンジャングル)へ。

ガイドブックから
「長さ約13.4km、最大幅23m、最高30mの規模を誇る溶岩洞窟。
数十年前の火山活動によって流れ出た溶岩跡が空洞となってできた洞窟内部は保存状態がよく、学術的にも価値の高い自然遺産。
壁面と床面には溶岩の流線がはっきりと残り、噴火時のダイナミックさを物語っている。
洞窟は第2入口付近から約1kmが公開されている」


日本で見られる鍾乳洞とは違う。

ひんやりとした空気の中、進んでいく。
何だろう。
ここは宇宙だ。
胎蔵曼荼羅だ。
母胎の中を歩いている、そんな気になってしまった。
うまくライトアップされていて、写真を撮ると、宇宙だ!
天井の低い部分に見られる溶岩鍾乳(天井の岩が溶岩熱で溶け、落ちた跡が固まった)、凄いパワーを感じる。

今回の旅行でわかった次女の写真の才能、「キター」と言って撮った写真が宇宙!

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像



画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像



画像



画像




神の声を聞く仲間によると
「この下にチェジュの根源があります」


 
 パワーを充電し、今日のお昼は馬料理。
2日目に行った城邑民俗村にある店へ。
馬刺し、焼き肉、馬握りなどなど、馬料理のオンパレード。
美味しかった。


画像


画像

 

 次に向かったのが、前回超感動した済州石文化公園(チェジュトルムナコンウォン)

ガイドブックによると
「他では見られない多種多様の溶岩石。
火山島ならではの石をテーマにしたミュージアムパーク」


前回、ここは何故か行かねばならないと感じて正解だった場所(女性軍達は嫌がったが(笑))。

奥さんはここが一番良かった、と言っている。

メインの博物館に並ぶ石達。
何でこんな形をしているのだろう?
宇宙人、神様がいっぱいいたな・・・。

外の回遊コース。
奥に何かあるな、って場所が何か所かある。
長時間二人で歩くが疲れない(子供達は一足早く出口で待つ)。


神の声を聞く仲間が言う。
「ココは、三姓穴と共に宇宙とつながっています。
今回行った6か所(三姓穴、龍頭岩、城山日出峰、薬泉寺、萬丈窟、済州石文化公園)は、全て先生のルーツです」

画像


画像


画像


画像


画像


画像



画像



画像



画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


 この後、また東門市場に寄り、空港へ。
午後7:05の飛行機で関空へ。

個人タクシーの李さんには、とてもお世話になりました。
非常にいい人でした。
チェジュに来る日本人観光客の案内がメインの仕事と言っていました。

ホテルに着いたのは、夜遅く。
次の日の昼に長崎空港へ。


 ハードな旅だったのに、疲れがなかった(奥さんも)。
普通、家族旅は疲れる。
特に、今回は、ボクが全て計画したので、疲れが出ていいはずなのに。
娘達は次回はソウルに行きたいと言っていました(笑)。

魂の場所への旅っていいですよ。

7月は魂の場所が秋田と青森の若者達(20代の)と東北に行ってきますよ。












ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い

この記事へのコメント

TAIZOU
2019年06月17日 17:51
神の声を聞く仲間が言う「先生が地球に降りたのはこの時から。それまでは宇宙にいた。月が多い」
ボクが人として、地球に降りたのは、棟方先生が出してくれたのだが、紀元前2000年程前。

この記事へのトラックバック