たいぞうの部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS この季節がやってきました パティオコンサート(2月10日)

<<   作成日時 : 2019/01/14 13:44   >>

面白い ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 4

 なんと、もう8回目になります。
続ける事に意味があります。
場所も毎回、700人が収容できる、素晴らしい会場、島原市有明総合文化会館。
一流の舞台で、一流のコンサートを、皆の笑顔のために。


画像



仲間達がこのコンサートの意味を語ります。

・タロット松尾(ボクの前世の国王時代に易学者的な事をやっていた。幕末前世 東郷平八郎)

【パティオは違うエネルギー 未知なエネルギー
パティオは影の王
真の王は松下泰三
パティオはけがれを取ってくれるまれびと(時を定めて他界から来訪する霊的もしくは神の本質的存在)
パティオは傾奇者(かぶきもの) 異能の神
異化効果(日常見慣れたものを未知の異様なものに見せる効果)
皆が無意識に変化
呑み込めない
皆が何だ と思う
民族史的にある意味をなす】

こんな博学な人を知らない。
70歳を超えても学び続けている。
先生は難しい事を言う。
しかし、自分で何でこんな事をやっているのだろう、の答えを先生はくれる。
さすが、ボクの国王時代の易学者。
先生はこのコンサートで松下ひふ科のけがれをパティオが皆持って行ってくれると言う。
まさしく、神事。


・鹿児島の霊媒師 金城さん

【仲間達を集める手段】

そう、これを契機にいろんな人が集まってきている。


・タウリン

【わかりました。先生は、パティオと二人だけでもコンサートをするのでしょうね】

その通りかな。


 
 ボクと、パティオの関係は紀元前から。
スピリット波動協会の棟方興起が出してくれた、ボクの前世(ボクの始まりから)。

2011.12.26 ブログ http://89343703.at.webry.info/201112/article_4.html

2011.12.27 ブログ http://89343703.at.webry.info/201112/article_5.html

それによると、「南の島に行け」とメッセージを受け、向かった島で出会った裸の王がパティオ。
その歌を聞き、これを世界中の人に聞かせなければ、と動いている。
それからも何回も前世で共に生きている。
今世も、何でこんな事をしているのだろう(コンサート主催って結構大変)、とチラッと毎回浮かぶが、まあ、使命かな、前世の記憶かな。
パティオもこのコンサートで間違いなく成長している。
これでいいのだ!!!








 










月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。コンサート、今から楽しみにしてます!
ところで、時間についてお伺いしたいのですが、何時からの開演でしょうか?
あと、チケットの購入は当日ですか?
質問ばかりで申し訳ありませんm(__)m
モス
2019/01/14 19:50
「モス」さん、有難うございます。
開場が午後1時半、開演が2時です。
チケットは当日でOKです。
会場に着いて、ボク・タウリンらしき人がいたら「モスです」、と声をかけてくださいね。
この夜は、タウリンバーで打ち上げも行います。
よろしければ、参加を。
TAIZOU
2019/01/15 08:30
10日行きます。
チケットは当日購入いたします。
よろしくお願いいたします♪
夢華
2019/01/15 08:59
画像表示出来ました💦書いてありましたね、ありがとうございますm(__)m
打ち上げがあるのですね🍀新幹線の時間があるので今回は参加出来ませんが、次回機会がありましたらよろしくお願い致します✨お誘い頂きましてありがとうございました(*^^*)
会場で先生らしき方を見掛けましたら挨拶させて頂きますね。
楽しみにしてます〜
モス
2019/01/15 17:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
この季節がやってきました パティオコンサート(2月10日) たいぞうの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる