たいぞうの部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 今回の波動セミナー(11月25日)  いろいろあったな・・・@

<<   作成日時 : 2017/12/11 17:52   >>

面白い ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 28

 今回はこの夫婦の覚醒に尽きたかな。
名古屋から車でyoshiちゃん夫婦がやってきた。
yoshiちゃんとは小学校時代からの幼馴染。
何人か幼馴染はいるが、関係がちゃんと続いているのは彼だけかな。
大学時代までは、名古屋によく行っていたのだが、働きだして会ったのは数回。
何故か、彼が滅多に里帰りしないから(笑)。
それと、定期的に連絡するのはもっぱらボク。
このパターンは多い。
ここ数年でこの原因がわかった。
だってボクは王だから・・・(笑)。

 今回、2か月前ぐらいかな、突然のSOSの電話。
出来すぎる彼ならでの問題、しかし、根がめちゃくちゃ深い問題(親族が絡む)だった。
神の声を聞く仲間につなげ、度重なるセッションと、できる男yoshiちゃんの冷静な動きで、今はだいぶいいのかな・・・。


 24日(金)に着き、ゴットハンド『シャンティー』の宇土さんのマッサージ、そして神の声を聞く仲間のセッション(今回は年老いた親の今後の相談)。
ボクと同世代の人達(ボクは現在58歳)ならよくわかると思う。
田舎に親を残し、都会で住んでいる人、多いと思う。
年老いた親をどうしようか?
これで悩んでいる人、すごく多いと思う。
神の声を聞く仲間、人の寿命もわかる(鹿児島の金城さんもわかる)。
yoshiちゃん、両親の寿命を聞き、これからどうするかを、決めつつある。


 その夜は仲間の天才イタリアン『ぺシコ』の井上君(300年程前の中国の王朝時代、共に生きている、彼は昔から極める人で誠実な人、その時は竹馬の友 高めあう存在だった)の所でディナー。
yoshiちゃん夫婦、絶賛!
「こんな料理は食べたことがない」、そう彼の料理には愛があふれている。
この前、K社長が来たので、『ぺシコ』で食べたのだが(2回目)、絶賛して、自分の行きつけの福岡の天才イタリアンシェフを紹介したいと言うので、2月頃行く予定。

その後、夫婦が会いたがっていたタウリンバーへ(ブログに頻繁に登場するタウリンに対して妄想を膨らませていた)。
タウリン、初対面で奥さん(Kさん)に「どこかでお会いしたことがありますね」とニヤリ。
この事が、Kさん、すごく気になっていたので、最近神の声を聞く仲間にその事を聞くと「香港マフィアの時があり、その仲間ですね。それと赤穂浪士47人のうちの2人」
香港マフィアか、面白い。
タウリン、昔(前世)、かなり悪さをやっている(笑)。
パティオコンサートでパティオのパートナーである天才ピアニスト立花洋一とも、タウリン初対面から意気投合。
そう、この二人、前世で盗賊仲間だったらしい(今ではお互い「ブラザー」と言い合っている(笑)、それが顔も似ているのだ)。

タウリン、二人に対して「問題ありません。特にYさんは。あるとすればKさんかな」
神の声を聞く仲間によると、この夫婦、前世いつもペアーで動いている(いつも、奥さん(前世、男が多い)の方が立場が上)。
それに対してはyoshiちゃん、納得(笑)。
この二人、前世ですごい事を度々やってる。
中国の三国時代を変えたのもこの二人、との事(詳しくは聞いていないので)。
また書こうと思っているが、ボクと共にこの世を変えるキーになる人達のうちの二人、との事。
これには、「へー」だった。
当然、彼らにとっても、もっと、「へー」だ。
頭が混乱しまくっているだろう(笑)。

昨日電話したのだが、Kさん、このブログを一日に何回も開くらしい。
そして「何も入っていない」と言うらしい。
すいません。
これを書くのも時間と労力が必要なので(笑)。
過去のブログも何回も読んでいるらしい。
ボクと出会う前のタウリンもそうだったよね。
ボクよりも、ブログの内容に詳しい人がいて、ビックリすることがある。
嬉しい限りです。


 セミナーの事は次回に。


















テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(28件)

内 容 ニックネーム/日時
いろいろありましたね〜!

そして今もいろいろありますね〜〜!!(笑)

先生ファイトです!(^^;;

2017/12/11 18:42
『ブログをもっと頻繁に更新してほしい』という、妻のリクエストに応え2日続きの更新ありがとうございます。
ほんと、泰三君はやさしい!!
思えば小学校の頃から彼は弱い人の味方だった。
いじめられて泣いている子がいると、側に駆け寄り
『そんなに悲しいなら僕も一緒に泣いてあげる』といって大声で泣き始める。そうなると、いじめっ子はそれ以上手が出せない。
そうゆう私はいじめっ子の一人でしたが・・(笑)


妻の前世ー香港マフィア これには頷けるものがあります。
長女が生まれた年(1990年)の頃だったと思いますが
彼女から”男たちの挽歌”のビデオを借りてきてほしいとのこと。内容を聞くと、香港ヤクザの話で主役はチョウ・ユンファ 
それ以来、どっぷり嵌って、写真集まで買ってました。
きっと昔(前世)を思い出していたのでしょう!(笑)
もしよかったら、皆さんも見てみてください。
チョウ・ユンファかっこいいですよ。

さて本題ですが・・・
”世の中を変える”泰三君からそのことを聞かされた時は『何、それ!どうゆう事』何で私らみたいな平凡で何の力もない人間がと戸惑いましたが、考えても何もわからないので今は一歩、一歩前に進むことだけ考えて出来ることからやっていこうと開き直っています。
その為にも、このブログと皆様のコメントが私たちのテキストになります。
今後ともご指導よろしくお願いします。
yoshi
2017/12/11 23:34
『世の中を変えるとは何ぞや!』

はい。答えは、簡単です。

自分が楽しく生きるだけです。

一生懸命打ち込める仕事や愛のある人間関係にのみ邁進する。

一人一人が本当に心から、そう思えたら世界は変わります。

『そこに愛は、あるのか?』

このワードを自分の置かれた立場や物、全てに当てはめてみて下さい。

もし愛がなければ、単なる執着やエゴにしか過ぎません。

結果を残してきた真面目な人ほど残念ながら執着が強かったりします。

もっと手放しましょう!

もっともっと新しい事に目を向けて生きましょう。

目に見えないものを信じる、強くしなやかな心を持ちましょう。

何故かって・・皆さんを支配している不安も怒りも全て目に見えないものです。

過去に起きた事を頭が記憶していても目には見えません。

心の傷も目には映りません。

神々を信じろとは言いません。

必ず未来は明るいと信じて楽しく生きるだけなのです。


嫌な人に関わる位だったら、積極的に関わらないようにしましょう。

相手に分からせようとする事を止めましょう。

世の中を変えるとは、自分の心の在り方を変える事から始まります。

それだけで今までと180度景色が変わります。

本当の自分自身と語り合って下さい。

どんなに苦しい立場におかれていようが大丈夫。

そこに必ず『愛』は在るのですからね。





タウリン
2017/12/12 02:29
王様から見ると盗賊で悪者だったらしい田浦です。

(笑)

時に王様は、民の苦しみが理解できずに、多額の税をかけ人々を苦しめます。

どんな王政も王朝も長きに渡り続く事は稀です。

そんな時私は、体制側に立ち向かい盗賊となり貧しい人々に分け与えた、悪党だったのです。

だったはずです(笑)

強きを挫き弱きを助ける悪党に違いありません(笑)

そう正義の悪党です(笑)

すみません(笑)が止まりません。


いじめられっ子と一緒に泣くなんて、先生らしいエピソードですね!

そんな同級生いませんでした・・。

やはり今世の先生は、少年期からただ者じゃないなぁと再確認しました。


悪者仲間もっといますね・・たくさん出会って、現世は世の為人の為に生きましょう!

こうなったら悪党世にはばかり今世の世直しです!!

なんて考えていたら、やっぱり笑いが止まりません。

だって残りの人生全てをかけて、他人様に尽くす使命を授かって、生を受けて来たも同然じゃないですか!

なんという幸せだろうかと、笑いが止まりません。

こんな自分を知れたのも先生との出会いのお陰です。

少々乱文となりましたが、この場を借りまして前世におきまして、王族様方のお宝を盗んだ事を、心よりお詫び申し上げます<(_ _)>

タウリン
2017/12/12 05:44
先生が忙しいので、連投させて頂きます。

人は、どうしても許せない人が現れたり、長きに渡り争い事に巻き込まれたりする事があります。


当然意地を張り、どんどん深みに入っていきます。

この状態実は、相手が許せないようで実は、自分の事をわかって欲しいだけだったりします。

争い事を長引かせると、もう問題がすり替わっていたりもします。

相手を許しましょう。そうすると心の奥底に潜んでいる、相手を許せない自分に気付きます。

そして『相手を許せない、自分自身を許しましょう』あなた自身を1番傷つけているのは、あなた自身の行動なのです。

自分を許す・・どうか皆さんの心に届きますように。

悪党より愛を込めて(笑)




 



タウリン
2017/12/12 13:26
さすが、タウリン、素晴らしいコメント有難う。

yoshiちゃんが言っていた「島原に行った後、ワクワクが止まらない」。
これだよね。
行く前は、義務的に生きていて、楽しい事があまりなかった。
気づくだけで、これだけ変われるんだ。
電話の声が生き生きしているもんな。
どこまで覚醒していくのだろう。
じっくり、見守ってやろう。
TAIZOU
2017/12/12 13:26
おう・・・タウリン、同じ時間にコメントを入れているね(驚)。
TAIZOU
2017/12/12 13:30
毎日のように、今シーズン一番の寒さ・・と聞いているような気もしますが、長崎は、もっと寒いのでしょうね。やっぱり、ここにあるコメントは、私のために書かれているのだ・・・と、勝手に喜んでいます。心が、ほっこりです。嫌な人に積極的にかかわらない。相手にわからせようとすることをやめる。私にとって答えで
す。いつか行ってみたい島原。いつかお会いして、語ってみたい、たいぞう先生とタウリンさん。そのような方々がいる限り、「神様や目に見えないものを自分は信じるのだ」と胸を張って言える気がします。相手を許せない自分をまず許すこと。私もそこからはじめてみます。寒い日が続きますので、皆様、お体に気を付けてお過ごしくださいませ。
秋千代
2017/12/12 14:45
おー流石は先生と私(笑)

ドンピシャの時間に投稿とは、単なる偶然にしては、面白すぎますね!

まさにシンクロ・・やはり同魂ですね!
タウリン
2017/12/12 15:52
僕もワクワクが止まりません!

やってる事は世間的に良くは無いですが(^^;;

解放!解放!

2017/12/12 18:12
私もワクワクが止まりません。

と言いたいところですが、もうワクワクしません(笑)

ワクワクが日常になれば、一瞬一瞬が全て奇跡の積み重ねだとわかっているからです。

日々、感謝の気持ち持って生きています。

タウリン
2017/12/12 19:42
泰三先生、田浦さんをはじめ 皆様。
島原に行った際は大変お世話になりました。

その時にお話しいただいて少しずつでも
特定の人への怒り、執着、恨みの気持ちが
減ってきたように思います。
来年、すっきりとした気分で皆様にお会いできたら
いいなと思います。

ブログ、コメント楽しみにしてます!

2017/12/12 21:59
初めて投稿させて頂きます。
前世を辿るといろんな人との繋がりが分かってスッキリですねー!!
僕も先生と前世では繋がってたとおもうんですよね。
勝手にですけどね(笑)
まだまだこれからも人と出会って繋がりを知っていきたいです!
ぐっさん
2017/12/12 22:36
楽しんで生きる!
こうなりたいとずっと思っていながらなかなかなれていないのが正直な現状です。
ただ少しずつですが前向きにポジティブに変わってきています。
こういう考えに少しでも変われるようになったのは貴重な機会と思ってこれから頑張っていきますのでこれからも興味深いお話を皆さまお聞かせください!
美しい豚
2017/12/12 22:41
こんばんは。
松下先生のブログにて疑問に感じる部分がありましたので書かせていただきます。

年老いた親をどうしようか、というところですが、私もたまに思うところがあります。
思いながら、これには愛が無くなっているのか??と同時に考える時もあります。

果たしてこれはどうなのでしょうか。
yoshiさんは寿命を知って、これからどうするか考えるということですが私は寿命を知りたくないような気もしました。
yoshiさんを否定しているわけではないです、申し訳ないです。

ぜひ、皆様方のお考えを教えてください!!
ハゼ
2017/12/12 22:41
新しい人がどんどんコメントを入れてくれている。
非常に嬉しい事だ!
皆さん、書くと自分の考えがまとまり、それと参加しているってすごく感じますよ。
思ったことを直感で書けばいいんです。
かっこつけなくていいんです。
どうでしょう・・・。

ハゼさんのコメントに対して。
もうそろそろかな、って感じたら、聞くのもいいことなのでは。
皆、その通りに死んでいく。
寿命って決まっているんだな、と強く思う。
ボクの周りで、数人の人が聞いているが、皆「聞いてよかった」と言っている。
いろんな準備ができるんですよ。
鹿児島の金城さんはこう言う「そこから先が見えません」

TAIZOU
2017/12/13 14:24
祖母が、生前「人は、寿命が来るまでは、死ねない。命を粗末にすることも出来ない」とよく言っていました。痴ほうになり施設に入所し、最後は病院で迎えました。私たち兄弟もまだ学生でしたので、決して裕福とは言えなかった我が家の両親は、自営と他での勤めをしながら私たちを育ててくれました。ばあちゃんっ子だった私は、「なんで?そんなことするの?」と泣きながら両親に訴えました。自分が、学費のかかる子育て世代になり、あのときどんな気持ちで両親が決断したのか、今は、わかる気がします。嫁姑のいさかいが絶えませんでしたが、息を引き取るときに「難儀させたな。○○さん(母)、おおきにな」と言う祖母の言葉に母は、泣いていました。流動食の祖母の口に、大好きな黒砂糖を細かくして、病院の先生に見つからないように、こっそりと口に入れていた父。
「うまか」と笑っていた祖母。
医療従事者の方からしたら、とんでもない話ですが(笑)。わかっていたら、してあげられることって、他人にはどうでもいいような、けど、家族だからこそ、知ってることなんですよね。
痴ほうだったはずの祖母に会いに行ったとき、玄関までついてきてくれて「元気でな」とずっと手を振っていました。祖母は、寿命が来たことを悟っていたのでしょうね。大人になった今、もし、祖母が生きていたら、あんなことも、こんなこともいっぱいしてあげられたのに・・・と思います。けど、もう他界して20年。
明治、大正、昭和、平成・・・と祖母が生きていた時代から、来年は、新しい年号の年がはじまります。
やっぱり、何のために生まれて、どういきるのか?そして、自分の大事な人に何がしてあげられるのか、私も、知りたいかな・・・怖く、つらくない範囲で・・・。
秋千代
2017/12/13 15:23
人にある二つの平等。

生まれて来たという現実といつかは死ぬという事実。

寿命を知ろうが知るまいが、やれる事を生きているうちにやる。

ただそれだけ。

最大の親孝行とは、貴方が笑顔で生きる事。

最終の家族孝行とは、貴方が笑って有難うと死んで行ける事。

至ってシンプルな事を、難しくされませんように。
タウリン
2017/12/13 15:45
松下先生のブログには、前世を知った人達が沢山集まっています。

前世があるということは、その数だけ死を経験したと言うことになります。

そして現在、「今」と言う時間を与えられて、
「今」を生きています。

「今」に過去も未来もありません。
「今」には「今」という瞬間しかありません。

この先、寿命を知る「今」が来るかもしれないし、来ないかもしれない。

僕は、知ろうが知るまいが、どうでもいいかな。

今日の自分より明日の自分が大きくなれる様に、今を一生懸命楽しく!です。

2017/12/13 16:55
パチパチ。

潤君素晴らしいですね!


親孝行とは、難しいものではありません。

一緒の時間を過ごしたり、美味しいものを食べたりでじゅうぶんな気がします。 

後悔のない日々の積み重ねが、自分らしく生きると言う事ではないでしょうか・・。


余談ですが、どうしても家族と相容れない方もいるかと思います。

そう言う人の親孝行とは、何だと思いますか?

難しいようで簡単で難しいですが、関わらないのが親孝行な場合もあります。

相容れない親子関係もあるのが現実な気がします。


後悔先に立たず、悔いのないように自分らしく生きましょう。
タウリン
2017/12/13 20:44
連投します。

親の寿命を知ると言う事。

これは、余命〇日と言われたら、あなたは何をしてあげたいですか?あなただったら何をして欲しいですか?を考えるきっかけを与えられたと考えるといいですね。

例えば仮説でいいですから、自分で親の寿命を後〇ヶ月と設定してみて下さい。

あなたは、どんな行動をしますか?

それが、今貴方がとるべき姿です。
それを今やるのです!

皆さんのご意見ありましたら、是非書き込みをお願い致します。
タウリン
2017/12/13 20:54
僕は、自分が思い付いた事を、思い付いたままに行動に移しますね。

それが良いか悪いか、嫌か嬉しいかは、受取る側が決める事だと思うから。

普段通りの自分を見せることに努めるかもですね。

親からは、「お前はよくわからん」と言われますが…(^^;;


2017/12/13 21:32
2年位前までは、特に重い病気も患ってなく、このまま100歳まで長生きしてくれるだろうと呑気に構えていましたが、ここ1年母親に痴呆の症状が出だし今では炊事が一切できない状態になってます。

母方の祖母も同じように痴呆が急激に進行し、最後は私が孫であることさえ忘れ発症して2年足らずで亡くなり
ました。
『もしかして、ばあちゃんと一緒?』と不安に思っていたところに
泰三君から『もし聞く勇気があるなら寿命を聞けるよ』とおしえてもらい今回に至ったわけです。

寿命を聞いてから、明らかに親に対する意識の持ち方が変わり、タウリンさんが云うように今してあげられる事を真剣考えるようになりました。

幸い父親も健在ですので、親父と妻と相談しながらできることをやっていくつもりです。
島原と名古屋で離れていて頻繁には会えませんが、
他にも出来ることはたくさんありますよね・・・
yoshi
2017/12/13 23:18
お久しぶりです。
お邪魔します。

親の寿命が知れたら。
笑顔で手を握りたい。
です。

私もその立場になった時は、
子供の笑顔が見たい。
そしてボディタッチかな。


2017/12/13 23:20
本名で投稿する時は、内容が深く重い時な田浦です。

親孝行とは、究極のエゴだと心の片隅で思っています。

親の為だと言いながら、自分は親のためにこれだけしてやったという上から目線であり、兄弟や親族から後ろ指をさされないが為の行動だったりします。

つまり自己満足な世界です。


親の側で暮らせるとは限りません。

離れていてもいいでしょう・・今の自分が存在するのは親のお陰だと感謝出来れば、自ずと何か行動出来るような気がします。

電話1本、、、それでま素晴らしい親孝行だと思います。

田浦勝也
2017/12/14 00:28
電話1本、、、本当に、そうですね。
私も両親と離れて暮らしています。自分で決めて、覚悟?してお嫁に行ったはずなのに(笑)、小さな子供(孫)を抱っこして、買い物をしている親子を見てうらやましかったりしたものです。会いたい時に会えない。けど、会いたくないときは、会わなくて済む。私にとって、親は不思議な距離感です。
田浦さんのおっしゃる「自己満足」の意味、私にとってすべてのことにあてはまります。そして、それを、どう受け取るかだと思います。祖母が痴ほうになったころ、今から30年前の話ですが、その時代からしたら、福祉も行政も暮らしやすくはなっています。田舎で老老介護をされている方に、もう少し、目が行き届き、生活、特に経済面の手当て、介護の仕組みに踏み込んで欲しいです。
最近、あることで「外から見てるのと、中に入るのでは、まったく違う。ニコニコ笑って、少し図々しいのも大事なときがある」と言われました。「自分に害が及ばない程度に関わって、どうしても我を通したいと思ったときに意見すればいい」と。必要な時に、必要な人たち、言葉が引き寄せられるんだと思います。このブログのように・・・。今日も、また今年一番の寒さらしい・・・寒いです!
秋千代
2017/12/14 08:45
親孝行。

現在の私の親孝行は、今ある自分の生活環境も含め

自分が出来る範囲で行動する。

どんなに一緒に居ても
どんなに世話をしても
どんなに尽くしても
結果。自己満足。であり
親側からしてみれば不満足
かも知れない。


あ〜〜。もっとこうしてあげたかった
もっと。もっと。こう出来たはず。
の想いが最終的に残り。
後悔の念を抱く。
なので、
今出来る範囲の事をする。が一番私
的には後悔よりも自己満足に収める
カタチ。
100パーセント尽くしても結局
まだこうしてあげれた。
とある意味欲が出るもので。


悔いが最小限になる様、自分なりに日々
親。家族。とピュアな想いで接する。
が私なりのスタイルです。

2017/12/14 20:23
父が、他界して7年…
7年前に、まだ話せるときに、
心から、育ててくれてありがとうと、伝えたかったです。
7年前いやそれ以前から、何回も
言えたのに、その時の自分は心に余裕なかった。
母親は、80才、元気ねー、元気よーの
やりとりです。
自分自身も、母で、2人の子供は、
自立し離れて暮らしてますが、
何より子供は、健康で過ごせと思うので、
私も、80才の母親に、元気と伝えます、
やる事やった感の自分の子育ては、
自己満足の世界。
子供は、見事にあっさりしたもんでした。
親子関係、そういうもんだと、それでいいと
今は、思います。
されど親子、今の思い伝えたい。
暖かい温かい、場所に変わりないですから^_^




夢華
2017/12/17 10:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
今回の波動セミナー(11月25日)  いろいろあったな・・・@ たいぞうの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる