たいぞうの部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS いざ鹿児島へ(高千穂神道 金城さんの所へ) with Dr.山口B

<<   作成日時 : 2017/03/18 14:32   >>

驚いた ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 7

B院長室の不動明王と普賢菩薩の現在の状態は

 『不動明王は、まだ今は我が出番ではないと、さらにくつろいでおる。
寝そべって片手で頭を支えテレビを見るような姿勢でのびのびと、今は何も起こらぬ、何も自分が出るだけのことはないと安堵しております。
まあ周りがするだろう。
その周りというのは龍であり、普賢菩薩のことも指します。

普賢菩薩が来てから、だいぶ不動明王は楽になったようじゃ。
夫婦のようで父親と母親のような関係。
ほとんど母親の普賢菩薩に任せておき、いざという時に嫌われ役・怒り役で出て来る。
そんな役割が決まったようです、夫婦のごとく。

普賢菩薩は立ち上がっておるな。
天女のような羽衣を身にまとい、光背は丸く輝き、手に花と赤子を抱いておる。
生みの力を生み出す力を今出してゆきます。
新たなスタート応援するというよりも、与えるあなたも動きなさい、あなたも動きなさいと転機を迎える人達に知らせをかける、気づかせる、そのために立ち上がったのです。
立った位置から少しでも高い視点から個々のレベルより法人、あるいは一つの市町村に向けて市町村の単位で、何かしらのスタート、転機、知らせています。

時々普賢菩薩はここを出て留守にします。
その間は個々の龍たちが門番のごとくしっかり、邪が入らぬよう普賢菩薩の仏像自体に封をし、身勝手な未成仏霊などが、また足元レベルのエネルギーが入らぬように警戒、護衛してくれております。』



 相変わらず、不動明王はゆっくりしているのね(笑)。
いざという時、いつ来るんだろう・・・。

普賢菩薩が動きまくってるのね。
ボクの周りの人々に動け、とはっぱをかけてるんだな。
今、ボクの仲間達、確かにすごい勢いで動いている、そして、うまくいっている。
大きなレベルでの転機・スタートを知らせているんだ。
この地が、いい方向にいけばいいな・・・。

留守にして、どこに行っているのだろう・・・。
龍達もちゃんと動いてくれてるのね。

画像


画像



画像


画像

※ タウリンも守ってくれています




C普賢岳の龍の状態は

 『普賢岳の龍が今沸々とマグマが彷彿している状況に近く、どれだけこの先エネルギーを蓄え続けていくのか。
どのタイミングで思い付きのごとく飛び出すのか、この普賢岳の龍に関してはもはや人の願いや意識では、また術では制止できぬ状態となっています。
もうそれを鎮めることはできず、受け入れるしかない時を迎えています。
なだめることもあやすことも出来ぬ状態です。
すでに意思を持っています。
見切りをつけられたのです、普賢岳の龍に、人々がこの世が。
誰の願いも、どのような儀式も届かぬ、普賢岳の龍のみすらどうなるかはわからぬ。
まだ時はあるが、決してゼロにはならぬ。
無くなるという事はない。
事が起こらぬ事がなくなるという事はない。

自然の驚異の見せしめや、あえて不便さを与える。
これまで普賢岳より水路水脈を得ていた井戸などを枯渇させたり、人々に不便さを与え原点に戻させる。

しかしながら神の単位では千年も刹那的です。
まったく時間の単位が違うため、ただ言えるのは早いかもっとずっと後か、暴走はしておらぬゆえ、これよりまだ術が見つかるであろう。

なだめるにあたり、抑えるにあたり、しかし人間でもそうだが、不平不満がある者をただ黙らせるだけでは何の解決にもならずそのもの自体が病んでしまう。
ある程度引き出しそのもの自身も救いつつ、状況改善していく術が必要なのと同じで、この龍に対しても出すべき負は出させたほうが良い状況でもあります。

あまりにも前を前を先走ってすぐに工事に入ったり、中腹に入ったり、水脈を増やしたり、掘削したり、しすぎるとよくない。
出させてあげるのも必要です。

普通は神に対してご加護やご利益をもらおうとするばかりだが、あなたをはじめ、周りの者達は神に同感し共感する、ねぎらったり、そのようなことをすべき役割があります。』



 おっと、ビックリの事を言っている。
また噴火でも起きるのだろうか・・・。

以前このブログで書いた事があるが、8年程前に、ある霊能者と普賢岳に登り、その彼に普賢岳の龍を降ろしてもらい、会話したことがある。
「我はこの地を守る龍じゃ」みたいな感じで、面白かった。
その時は、自分も弱いし、ボクに対しても「そのままでいい」と言った(これは後日、金城さんによると、この時龍も弱っていて、ボクのパワーが怖くてそう言った、との事)。
ちょうどこの頃、眉山トンネル反対運動をしていた頃で、これに対しては、龍さん、痛く怒っていた。

そして、数年前に金城さんに聞いた時は、龍も子孫ができ繫栄し、ボクと共存して何かやりたい、と言っていたのにな・・・。

金城さんによると、自然霊(龍は自然霊?)はころころ変わる、との事。

どちらにしても、よくないな。
最後の『あなたをはじめ、周りの者達は神に同感し共感する、ねぎらったり、そのようなことをすべき役割があります』・・・動いてみます。



 その後、Dr.山口の番。
彼に最も影響を与えている前世は、なんと【書家】・・・へー、龍さんと一緒。
それも、今と一緒で好き勝手やっていた、書家だったらしい。

前世での奥さんとの関係は、驚きだった。
まあ、強い絆で結ばれている、間違いない。

家族の事、早くして死んでしまった二人の親友の事など、いろいろ聞いていた。

Dr.山口、楽しそうだった。
彼は超感じる男だ。
数秘術の数字 23-5 長嶋茂雄、三島由紀夫、高倉健などと同じ数字だ。
K社長もこの数字だ。
二人が合うのは当たり前のことだ。

Dr.山口・・・精神世界を垣間見て、これからどうなっていくのだろう・・・。


 その夜は、いつもの『やのじ』
その焼酎の豊富さ(130種)に、酒豪の彼の目はギラギラ。
美味しい、料理に酒も進む進む。
ボクは最初から40度以上の強いやつを“生”でグイグイ。
彼からは「その飲み方は違う」と言われても、うまいものはうまい。
この日は日曜でお客が少なかった。
ちょっと変なマスターも時々会話に加わり、楽しかった。
強いのを飲みすぎると、さすがに酔った。
いつもよりは早く店を出た。
ホテルでは爆睡。

次の日は朝早くから、桜島を廻る。


 楽しすぎた3日間だった。

























テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
松下先生と電話で会話をした後、龍の事を書き記して送信したら、文章が消えました。


何だか今は書くなと言われた気がしたので、この文章を再度打ち直しています。


少し皆様方の声を聞きたいと思います。

田浦勝也
2017/03/18 17:56
普賢岳の龍の気持ち
すごくわかります。
見切りをつけられて
しまったのは、仕方がない
ことです。
田舎だから都会だからと、
住む場所関係なく
魂はすごく濁ってる方が
多い様な気がします。

そして人々を原点に戻させる!
龍は本当にそこまでもう限度超え
そう願っているんでしょうね。
改めさせ気付かせ更生
させたいのでしょうね。
龍の辛さ可哀想と
素直に思いました。



2017/03/18 21:31
普賢岳の龍神様がそこまで心を痛めてらっしゃるとは申し訳ないです。普賢菩薩様にはこちらのブルグを拝見し昨年11月に山頂まで登り焼き芋とお酒をお供えし(30分程お供えしゴミにならないようお引きしました)、先週の3月11日にも同様に普賢菩薩様と妙見神社にお酒と焼き芋をお供えしてきました。自分達の知らないところで守って下さってる神様へ少しばかりの感謝と自身の祈願でした。龍神様には所どころに祀ってある龍神様や天に向かって大正法を唱え感謝するだけでした。僅かばかりのの力ですがお役い立てるよう務めますので何か具体的にすることあればご教授下されば嬉しいです。
金魚
2017/03/19 09:33
金魚さん、素晴らしい!
以前のあなたでは、考えられない行動だね。
続けてください。
あなた自身が間違いなく、いい方向に向かいますよ。
実は、いろんなメッセージでボクも普賢岳に登れと言われているだが、ずっと登っていません(だって結構きついいですよ、なんてことは言ってはいられない)。
そろそろ登るにはいい季節だな・・・。
TAIZOU
2017/03/19 09:54
先生のブログを久しぶりに拝見して、初めて書き込みをしています。

普賢岳と龍。
神に同感し、共有する。

山に登り、大地を踏みしめることによって、山と繋がり、山が感じていることを体感しなくてはと思っています。数秘32-5の主人は感じまくっているのか、最近山に登りたがります。

龍の様子はADHD(ま、そんなものは存在しませんが、ここではイメージしやすいように使用させていただきます)の子どもたちを連想させます。あの子達と意思疎通するためには、気持ちに寄り添い、好き嫌いを知り、今 意識がどこにあるのか相手をよく見る。コミュニケーションを取るためにまず私たちを認識してもらわないことには始まりません。忍耐強さも必要です。

そこに一番必要なものは愛です。愛しかありません。愛が狂うと、全てが狂います。

普賢菩薩は女性信仰だと聞きました。女性が変われば半島の未来は変わると信じています。やはり半島の女性が変わるときが来ていますね。お役に立てればいいな〜。あ、もちろん女性が変わるためには男性の力も重要です。女性が変われば、山に向かう男性が必然と増えて行くはず…。っと漠然としたコメントでした。
Chika
2017/03/20 20:56
Chikaさん、さすが!その通り。
女性の時代が来ている。
これは感じますね。
女性は直感的です。
40歳以降の男性の価値観は、物・金・地位・名誉しかない人が多い。
Chikaさん、島原半島の意思のある女性をまとめてください。
TAIZOU
2017/03/21 13:30
ちかさん初登場おめでとうございます。

彼女は、島原半島を元気にする為に走り回っています。

私とは、前世から関係があるようで、何時間でも話し込みます。


彼女の原動力も『愛』です。

アイルランド人の素敵なパートナーと二人のお子さんを囲んだ『家族愛』は、見ていて心が癒される程の『愛』を感じます。


依存ではなく、共存。

素敵な夫婦、家族としてのパートナーシップにいつもパワーをもらっています。


不動明王・普賢菩薩・に比べたら粗末なダルマの私ですが(笑)


荒ぶる普賢岳の龍と共生すべく、日々修行の毎日です。


着実に仲間が増えています。


『闇』と『病』を取り除く為に動きまくるぞ!!



田浦勝也
2017/03/21 22:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
いざ鹿児島へ(高千穂神道 金城さんの所へ) with Dr.山口B たいぞうの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる