たいぞうの部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS この本はすごい!!! 『龍  霊魂の世界から舞い降りた霊力』(水波一郎 著)

<<   作成日時 : 2017/02/19 11:52   >>

驚いた ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 6

 相変わらず、本は読みまくっている。
いろいろ紹介したい本はあるのだが・・・。

最近では、この本に感じまくった。
これまでも数多くの龍の本は読んできたが、これは本物。
まさしく、龍と会話して書いている。
まさしく、この人はチャネラーだ。

このブログを書くのをちょっと躊躇している。
何故か?
このブログに龍の事を書くと、何かが起きる(熊本の地震など)。

龍とは何ぞや・・・。
龍と人は共存している。
しかし、龍達は困っている。
人のレベルが落ちているから。
生まれ変わりを信じていない人が死んだらどうなるか?
上の世界に行って戸惑う、そして悪さをする。
霊格(魂の質が高い人)が高い人が減っている。
龍達は人のために動きたくてたまらない。
しかし、人は龍は怖いもの、まあ存在しないもの、と考えている。

タウリンが言う「先生は、龍ではない。龍使いですよ」
ボクには3体の龍が付いている。
肩にちょこんと一体乗っているらしい。
メインは金龍だ。
病院には龍があふれている。
作った川『のぞみ川』からどんどん龍が生まれ、日本中、世界中にちらばっている。
普賢岳の源泉とこの川はつながっている(自宅の井戸もつながっている)。
これを伝って普賢岳の龍が行ったり来たりしている。
病院の上にとぐろを巻いた龍が見えるらしい。
これらは鹿児島の金城(久米)さん、仲間の霊能者達が言っている事であって、ボクにはわからない。
しかし、龍から守られている、これは感じる。
龍が大好き。
いつ頃からだろう・・・。
野球は熱狂的なドラゴンズファンだ(これも必然か)。

タウリンには世界で7体しかいない巨大龍が付いている(これは金城さんから最初に言われる)。
この世からあの世まで突き抜ける巨大さらしい。
前世からずっと付いているらしい。
悪に使えばとんでもない悪になる。
今世は、どのようにこの巨大龍を使っていくのだろう・・・。

タウリンとK社長にはお勧めして読んでもらっている。
彼らの感想は・・・。
ボクと違い、この二人は深く深く掘り下げる。
ボクは直感で読んでいる。

皆さん、読んだら感想を書いて欲しい。



画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
本へのコメントではないのですが・・・
松下先生、昨日はお電話いただき有難うございました
久しぶりに先生の声が聴けて嬉しかったです

その際に言われていた「インターステラーっていう映画が
あるんだけど、是非観てもらいたいな〜」というお言葉に
反応し、今日レンタルで借りてきて視聴しました(笑)

おそらく映画ファン目線では父が娘と交わした約束を守る
という点が感動的で自分も涙ぐんでしまいましたが、
自分的には異次元・時空・宇宙・ブラックホールが
キーワードで、思い起こせば初めて異次元という存在を
意識したのが、ウルトラマンエースに出てきた
ヤプールや異次元超獣です(マニアックですいません)

その頃から異次元の存在は直ぐ隣にあるという感覚があった
ので、今日映画を観ることで日常的に起こる様々な
不思議(偶然・必然)な出来事も時空を超えてやってきた
自分自身が気付かせてくれてるんじゃないかと思えるくらい
刺激的な内容でした!

またブラックホールに関しては、吸い込まれる・無くなる
というイメージではなく、新たに生まれる・入り口という
感覚が映画を観ることで増してきています

ところで2月25日に棟方先生とお逢いすることになりました
横浜へ転勤(単身赴任)になったのも、新たな出来事が
これから待っているような気がしている今日この頃です
まんじ
2017/02/19 20:18
すぐ、まんじさんだとわかった田浦です(笑)


さっと読み終わり、これから心眼にて読み落とすところです。


感想、しばしお待ち下さい。
タウリン
2017/02/20 08:56
田浦さん、直ぐ分かって頂き有難うございます(笑)
観てたテレビも同じ時代ですからね!
それではまたお逢い出来るのを楽しみにしています
まんじ
2017/02/21 13:21
なかなか読み進める事が難しい本でした。

読み終えて思ったのは、物質優先の人間社会になって霊魂の存在がないがしろにされ、龍達が困っていると言う事。

龍も人間の手助けをして成長をしたがっている事でしょうか…。


実を言うと、この本の間に『龍神召喚の書』という本を読んでいたのですが、両書を読み終えた次の日に、奇跡体験を経験しました。


三月一日に氏神様に参拝後、ふと声が聞こえた気がして、以前松下先生と訪れた水場のある神社へと向かいました。


そこでFacebook用の写真を撮像したところ、緑龍が姿を見せてくれました。

『興味のある方はFacebookで田浦勝也を検索してみて下さい。』


龍からのメッセージは、過去にとらわれる事なく、信じる道を進め!我々は、いつも側に居るとの事…。


あふれ出したのは、感謝の気持ちでした。


写真に撮れても肉眼では見えませんでしたが、感じる事は出来ました。


霊魂や龍の事を学び、自分の使命を見つける人に、必ず龍は力を貸してくれます。


見えない存在を心から信じる人と共に、龍も成長したがっているのです。


ブログ読者の皆様方にも必ず龍の存在を知る時が来る事を祈りつつ、本の感想とさせていただきます。

皆さんの感想や、質問など書いていただければ幸いです。








田浦勝也
2017/03/02 12:33
見えない存在を心から信じる。そのとうりだと思います。「信は力なり」私が大事にしている言葉です。神様の存在、そして龍の存在を見ることは出来ませんが、これは神様による引き合わせだったのだな・・・と感じることが最近よくおこります。金城さんに「成長する過程で上がろうとする、その前の段階(ジャンプで言えば、勢いをつけるためにしゃがんだ状態)が一番きついのです。けど、上りきったら、後は楽です。」と教えて頂きました。上がる・昇るこの言葉は、「龍」との関係がもしかしたらあるのかな?今、この言葉を目にしたということも何か意味があるのでしょうね。考えてみたいと思います。
秋千代
2017/03/02 15:03
タウリンさんのFacebook見させて
もらいました。
綺麗な何色か重なる龍写ってました。
綺麗な色合いですね。
伸び伸び生き生きしてる姿って
嬉しい。
触って触れ合いたい気持ちになりますね。
ありがとうございます。

2017/03/04 22:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
この本はすごい!!! 『龍  霊魂の世界から舞い降りた霊力』(水波一郎 著) たいぞうの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる